【11RT】不可能を可能に変える最強のエネルギー

こんにちは。中小企業のブランドづくりを支援するBFIブログ編集部です。

 

新卒で就職した会社を家族の転勤により辞めた友人。

家族を何よりも優先するため自宅で仕事をスタートさせました。

その後、子どもが小学生になったのを機に起業。

そしたら、あれよ、あれよと忙しくなり、月の3分の2は自宅に帰れず東京にいる時間が増えてしまいました。

 

会社は大きくなったけれど、彼女が望んでいた生活とは違うことは明らかで、それとなく後悔していないか聞いてみたところ・・・。

 

子どもとは早朝に毎日一緒に勉強しているし、朝ご飯も一緒に食べることが多い。仕事のために家庭を犠牲にしているとか、無理をしているとかいうことはあまりないという話でした。

 

毎朝の勉強も食事も、仕事でスカイプを使えば離れていても諦める必要はなく、同じ時を過ごせるのだそうです。

 

筆者としては意外でしたが、「手抜きはしても妥協はしない!」とよく言っていた彼女らしい生活を送っているようです。

 

安田も「妥協できない」とツイートしていましたね。

「欲張り」「ワガママ」「非常識」と聞くとネガティブな印象も受けますが、これらを上手にコントロールしプラスの力に変えられると最強のエネルギーとなるのかもしれませんね。

 

今回のエピソードのように不可能だと思えることを可能に変えるための原動力に・・・。

あなたにとっての「最強のエネルギー」は何ですか?

ナビを使わず、直でいく

・優秀な人材を求める中小企業様が

・圧倒的に高い費用対効果で

・若手人材を“直接”採用できる

「ダイレクトリクルーティング」サービスです。