思考という名の根気

150501_blog 

暗記に優れた頭脳、
計算に優れた頭脳、
閃きに優れた頭脳など、
頭脳にはいくつかの種類がある。
一般に頭が良いとされる頭脳は、
暗記に優れた頭脳と、計算に優れた頭脳である。
この二つがあれば受験勉強も、
論理的な仕事の組み立ても、難なくこなす事が出来る。

では経営において優れた頭脳とはどのようなものか。
記憶力、論理的思考力、発想力など、
経営に役立つスキルを数え上げればきりがないのだが、
ひとつだけ選ぶとすれば、それは
「考え続ける事が出来る」頭脳である。

もちろん、元々の頭の良さは重要である。
暗記力も、計算力も、閃き力も、高いに越した事はない。
だがどんなに頭が良くても、使わなければ能力は磨かれない。
そして、自分の頭脳を限界まで使っている人間は稀なのである。
せっかくいい頭脳を持っているにもかかわらず、
そのパフォーマンスの半分も使いこなせていない。
もったいない話だ。

考え続けるという作業は、それほどまでに難しい。
いや、難しいというよりも、根気がいる。
ゴールの見えない思考を何時間も続けられる人間は滅多にいない。
大抵の人間は、1時間も考えれば結論を出そうとする。
だがそのような結論にはほとんど意味がないのである。

余程の天才でもない限り、
1時間の思考で新しい何かを生み出す事など出来ない・・・

 

  – 『[安田佳生メールマガジン] 2015.5.6 思考という名の根気より冒頭引用

メールマガジンのご案内<購読無料>

安田佳生コラムの全文は、メールマガジンを登録するとお読みいただけます。
毎週水曜日配信の安田佳生メールマガジンは、以下よりご登録下さい。

メールマガジン購読登録

あなたのバリューをスイッチングします。

その悩み、バリューの再定義が解決の糸口になるかもしれません。

現在の事業、今ある商材、ターゲット、販売方法。
それらを少しズラす事によって、新たな定義をつくり出し、
まったく新しい価値、新しい顧客、新しいマーケットを生み出す手法。
それがバリュースイッチングです。

バリューの再定義を一緒に考え抜きます。