【コラムvol.12】
耳人間。

「ハッテンボールを、投げる。」vol.12  執筆/伊藤英紀


耳は、えらい。

文字がない時代。紙がない時代。印刷がない時代。
人間は伝えたいことを口で話し、理解したいことを耳だけで腹に落としていた。
知りたいことを口で質問し、その教えや情報を耳だけで脳にきざんでいた。

耳をそばだてて集中しないと、何も得られない時代が、人間にはあった。

だから、耳は、えらい。

自分がしゃべるばかり。他者の話にまったく耳を傾けない人。
「ねえ。耳、忘れてきたの?」と問いたくなる人がいる。

こんな人と同席すると、まるで酒を無理強いされているよう。
悪酔いして気分が悪くなるときがある。

“えらい耳”への敬意が、耳かきほどもないからだ。

対話は、口じゃない。口と口が対峙するだけじゃ、できない。
それ、ただのツバのひっかけあい。自慰行為の見せっこ。
ぜんぜん色っぽくない変態。

耳と耳が参加して、やっと対話になる。

好きな人ができたら、
「ちいさい頃、どんな子?」「どんな高校時代?」「どんな家庭?」
会話のあいまに、そんな質問がそれとなくまざる。

つい、耳人間、になってしまう。

私は、会社の理念をつくったり、
会社やサービスの見せ方をよりよくするお手伝いをしている。
ここでも、耳がちからをくれる。

質問する。答えが返ってくる。また質問する。また答えが返ってくる。
答えと答えがつながりはじめる。

さらに質問する。さらに答えが返ってくる。
答えという部材がいろいろ集まりはじめる。手もとの部材を組み立てはじめる。

追いかけてしつこく質問する。奥の方から答えが返ってくる。
柱という部材が手に入り、組み立てが、すこしずつカタチを成してくる。

カタチを点検して、すきまを埋めるように細かく質問する。
掘り起こしたような答えが返ってくる。

カタチに骨組みが生まれ、全体像がなんとなく見えてくる。

質問は、単純な不明を解消するための手段ではない。
質問を連ねることで、答えと答えが有機的につながりはじめる。

単発の答えではわからなかった“意味”を持ってふくらみはじめる。

お、この答えが土台だな。で、それが大黒柱。あれが壁材だ。
ばらばらだった答えという部材が秩序だち、
会社全体のデザインと構造が見えてくる。

会社理解が深まり、埋もれていた“長所”やら“強み”やら、
“これからやると面白いこと”やらが、発見できる。

質問する私も、答える社長も、口以上に、耳のちからを使っている。
社長も、私の質問と自分の答えを自分の耳で聞いて、
自社のことを改めて、再認識、再発見しているのだ。

取材とは、単なる聞き取りではない。
質問する側の人間。答える側の人間。両者の耳による、創造活動なのである。

御社。耳人間、いりません?
社長。耳人間に、なりません?

⏫TOPへ戻る

*投げる、改め、ころがす。「経営・ヒト・組織」についてのコラムよりも少し軽やかに、伊藤さんの考えを綴ったエッセイ。「ハッテンボールを、ころがす」。


中小企業に、発展のきっかけを投げかけたい。だから、ハッテンボールです
【ハッテンボール・グループ 代表取締役 伊藤英紀】
企業表現コンサル/コピーライター 1961年生 広告学校と大学をダブルスクール。㈱リクルートで、バイトなのに制作チーフを務めたのち、同社契約コピーライターに。1990年 前身 伊藤英紀事務所を創業。※元ワイキューブ取締役有限会社ハッテンボール ◎創業1990 ◎設立2006 ◎資本金1000万円 〒169-0073  東京都新宿区百人町2-27-7 ハンドレッドステイレジデンス1108 ℡03・6698・4863株式会社ハッテンボール・ダイレクト ◎設立2011 ◎資本金1000万円 〒460-0002 名古屋市中区丸の内 1-2-7 プレサンス丸の内雅殿904 ℡080・6919・3870
※ホームページ、ただいま工事中。ご希望者には会社パンフレットをお送りします。ご相談、ご連絡は直接メールにてどうぞ。>>> hideki@810ball.com【サービス内容】  ➊経営理念の開発。➋ブランド戦略・組織強化策の設計と表現。➌企業表現物や広告物なら、なんでも制作(紙~web~映像~CM等)【近年の受賞歴】〇第33回「日経産業新聞広告賞」(2006)【サービス部門賞】優秀賞 〇第22回「全日本DM大賞」(2008) 〇第27回「日本BtoB広告賞」2部門受賞(2006)【企業カタログ(会社案内・営業案内)の部】銅賞 【入社案内の部】特別賞 〇第28回「日本BtoB広告賞」(2007) 【企業カタログ会社案内営業案内の部】特別賞と銅賞 〇第31回「日本BtoB広告賞」(2010)【カレンダーの部】特別賞 ○第32回「日本BtoB広告賞」(2011)【営業案内の部】特別賞 ○第33回「日本BtoB広告賞」(2012)【企業カタログの部】特別賞  ○第37回「島根広告賞」(2013)2部門同時W受賞 【TVCM部門】銀賞 【消費者投票】消費者特別賞 〇第38回「島根広告賞」(2014)【TVCM部門】金賞 ○第36回「日本BtoB広告賞」(2015)【製品カタログ単品の部】特別賞 〇第38回「日本BtoB広告賞」(2017) 【ポスターの部】 銅賞 〇第6回ジャパン・シックスシート・アワード銀賞 〇静岡新聞広告賞2017大賞

社長は、まだ、自社を知らない。
社長は、自社の魅力や可能性を、あんがい知らない。30年、中小企業を見てきて、つくづく思う。社長のお考え、事業の過去・現在・未来。伊藤英紀と若いのがパーティーを組み、ワイワイ質問したおす2時間半。会社丸ごと、棚おろしです。棚からボタモチのように、気づかなかった自社の魅力がドサリと手に。
ブランド・理念経営・事業戦略・組織強化のみなもとを、再発見・再定義するパーティーに、ぜひ。

1件のコメントがあります

感想・著者への質問はこちらから