Warning: in_array() expects parameter 2 to be array, string given in /export/sd207/www/jp/r/e/gmoserver/2/6/sd0364826/brand-farmers.jp/blog/wordpress-4.4.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/themes/new-standard-2/part/header-banner-sns.php on line 7

    Warning: in_array() expects parameter 2 to be array, string given in /export/sd207/www/jp/r/e/gmoserver/2/6/sd0364826/brand-farmers.jp/blog/wordpress-4.4.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/themes/new-standard-2/part/header-banner-sns.php on line 11

    Warning: in_array() expects parameter 2 to be array, string given in /export/sd207/www/jp/r/e/gmoserver/2/6/sd0364826/brand-farmers.jp/blog/wordpress-4.4.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/themes/new-standard-2/part/header-banner-sns.php on line 15

【コラムvol.13】
2018年のあなたの隣には、
産業革命と共産革命の亡霊がいる。

2018年のいまも、ブラック企業は雨後の筍のように繁殖するわ。
大手企業でさえ、苛烈な労働環境下で自殺者を出すわ。
働き手の身分差別、性差別は放置されたままだわ。
世の中の不条理さは、世紀をまたいでも、あいかわらずである。

そしていまも日本では、『経済効率』 対 『人権』という極端化した2極で、
「お前は間違っている!」とののしりあっている人が多いように、僕には見える。
経済成長フェチと、人権フェチ、のようなものかな。
いまだに、宗教的に一つのイデオロギーに拘泥する者どうしの対立って感じ。

経済に偏りすぎれば、奴隷を生み出し過酷な労働で民衆を苦しめる。
平等の理想に偏りすぎれば、経済は縮小し飢餓を生む。
これらでもがきながら死んでいった人々の亡霊は、
2018年の現代人にいまなお、影響を与えているようだ。

なぜ今回のコラムで、このようなことを書いたかというと、
ここ10年の世の中の情勢をじっと見てきた若い人の中には、
「経営や政治は働き手である自分たちを、もっと大事にすべきだ」
という人権意識、自分を守らなきゃ、という意識が大きくなっている人も
少なくないだろう。そう思ったからだ。

世の中の流れを見ていれば、そうなるのは当然だし、
それはとても大事なこと。政権はうそばっかりつくし、
中高年が信じられなくなっても仕方がない。

だけど、もしも個人の人権意識だけが、
社会の流れのせいでふくらんでしまっている人が増えているとしたら。
社会的損失につながるんじゃないだろうか。

法律を守るのは当たり前のこんこんちき。人権は世界の普遍的価値観。
それを前提として言うのだが、“ものごとに取り組む意識”まで、
人権だけが肥大化するのは、若い人にとっても、経営側にとっても大損だ。
そう思ったので、書いた。

なぜなら、
「会社をつくり育てる経営者や経営マインドを持つ社員が増えなければ、
経済は伸びず、働く場も増えず、働き手はどんどん貧乏になる」
というのも本当のことだからだ。

『経営の幸せ』 対 『働き手の幸せ』。『経済効率』 対 『人権』。

この対立軸は、昔もいまも、そして未来もぶつかる宿命にある。
答えはどちらかの極論の中にはない。
受験問題のように、一つの割り切れるすっきりした答えを求めたって、
それは永遠に手にできない。

大ざっぱでもいいから、
まずはそれぞれの極論が生み出した『過酷』を理解することが、
これからの時代の「働き方」や「雇い方」を考える上で基本じゃないか。
そう思ったので書きました。大ざっぱは、ご勘弁を。

 

⏫TOPへ戻る



 

中小企業に、発展のきっかけを投げかけたい。だから、ハッテンボールです
【ハッテンボール・グループ 代表取締役 伊藤英紀】
企業表現コンサル/コピーライター 1961年生 広告学校と大学をダブルスクール。㈱リクルートで、バイトなのに制作チーフを務めたのち、同社契約コピーライターに。1990年 前身 伊藤英紀事務所を創業。※元ワイキューブ取締役

 

 

 

有限会社ハッテンボール ◎創業1990 ◎設立2006 ◎資本金1000万円 〒169-0073  東京都新宿区百人町2-27-7 ハンドレッドステイレジデンス1108 ℡03・6698・4863

株式会社ハッテンボール・ダイレクト ◎設立2011 ◎資本金1000万円 〒460-0002 名古屋市中区丸の内 1-2-7 プレサンス丸の内雅殿904 ℡080・6919・3870※ホームページ、ただいま工事中。ご希望者には会社パンフレットをお送りします。ご相談、ご連絡は直接メールにてどうぞ。>>> hideki@810ball.com

【サービス内容】  ➊経営理念の開発。➋ブランド戦略・組織強化策の設計と表現。➌企業表現物や広告物なら、なんでも制作(紙~web~映像~CM等)【近年の受賞歴】〇第33回「日経産業新聞広告賞」(2006)【サービス部門賞】優秀賞 〇第22回「全日本DM大賞」(2008) 〇第27回「日本BtoB広告賞」2部門受賞(2006)【企業カタログ(会社案内・営業案内)の部】銅賞 【入社案内の部】特別賞 〇第28回「日本BtoB広告賞」(2007) 【企業カタログ会社案内営業案内の部】特別賞と銅賞 〇第31回「日本BtoB広告賞」(2010)【カレンダーの部】特別賞 ○第32回「日本BtoB広告賞」(2011)【営業案内の部】特別賞 ○第33回「日本BtoB広告賞」(2012)【企業カタログの部】特別賞  ○第37回「島根広告賞」(2013)2部門同時W受賞 【TVCM部門】銀賞 【消費者投票】消費者特別賞 〇第38回「島根広告賞」(2014)【TVCM部門】金賞 ○第36回「日本BtoB広告賞」(2015)【製品カタログ単品の部】特別賞 〇第38回「日本BtoB広告賞」(2017) 【ポスターの部】 銅賞 〇第6回ジャパン・シックスシート・アワード銀賞 〇静岡新聞広告賞2017大賞

社長は、まだ、自社を知らない。
社長は、自社の魅力や可能性を、あんがい知らない。30年、中小企業を見てきて、つくづく思う。社長のお考え、事業の過去・現在・未来。伊藤英紀と若いのがパーティーを組み、ワイワイ質問したおす2時間半。会社丸ごと、棚おろしです。棚からボタモチのように、気づかなかった自社の魅力がドサリと手に。
ブランド・理念経営・事業戦略・組織強化のみなもとを、再発見・再定義するパーティーに、ぜひ。

2件のコメントがあります

    1. 会社からは転職できるけど、国からは転職できない。だから、施政者は法治で、国民全体を安心させ、信頼を獲得しなければ国は瓦解する。なのに、人治で経済成長をめざすなんて、国家と会社の境目の区別がついていないアホタレですね。

感想・著者への質問はこちらから