【コラムvol.24】
社歴を共有せずに、
ビジョンを共有したい
という無理筋。

これまで、という過去の見えない
これからの未来ビジョンや変革プランは、
芝居の小道具のようにぺらぺらの張りぼて。
まさに、すべてが芝居じみて見えてしまうだろう。

だから、社歴をまとめよう。
過去と未来の間にあるから、人間。
社歴をまとめて、社員に語りかけることは、
もちろん、単なる過去のふりかえりではない。

未来ビジョンを、
社員が共感できるリアルな構想たらしめ、
構想実現への意志をよりふくよかに伝え、
より深く浸潤させるために。

過去と未来の連続性を示すのである。
会社の奥ゆきを表現するのである。

私が好意をもつ人は、
これまでの人生を、足元をしっかりと踏みしめて
まともに生きてきた人であり、
その生き方を敬愛できる人です。

生きていれば失敗もあるし、ずるいこともするし、
愚かな考えにとらわれる時期もある。
そこも含めて、過去のあらましを、
おもしろく語ってくれる。

人生の曲がり角では、なにに価値観をおいて、
どう判断したのか、を正直に語ってくれる。

そういう人には、「聡明だなあ」と魅かれる。
その人が語る未来ビジョンだから、なお納得できる。
「そうか、過去と未来はそうつながっているのか」
と、実体を理解できるから、共感できる。

過去をまとめると、
そのときやりたいことがあって、
では現在、そこはどうなっているかにたどり着く。

やれたこともある。やれなかったこともある。
やれたけど、やれたからこそ、こぼれてしまったこと、
逆に浮き彫りになってしまった課題もある。

つまり、これからやるべきこと、
が見えてくる。

つまり、過去の総括とは、
未来ビジョンの総括なのだ。

社歴をまとめよう。
未来ビジョンを、くっきりとつくるために。
これからの社歴を、豊かに育てるために。

⏫TOPへ戻る

 

中小企業に、発展のきっかけを投げかけたい。だから、ハッテンボールです
【ハッテンボール・グループ 代表取締役 伊藤英紀】
企業表現コンサル/コピーライター 1961年生
広告学校と大学をダブルスクール。㈱リクルートで、バイトなのに制作チーフを務めたのち、同社契約コピーライターに。1990年 前身 伊藤英紀事務所を創業。※元ワイキューブ取締役 


有限会社ハッテンボール
◎創業1990 ◎設立2006 ◎資本金1000万円 〒169-0073  東京都新宿区百人町2-27-7 ハンドレッドステイレジデンス1108 ℡03・6698・4863
株式会社ハッテンボール・ダイレクト ◎設立2011 ◎資本金1000万円 〒460-0002 名古屋市中区丸の内 1-2-7 プレサンス丸の内雅殿904 ℡080・6919・3870
※ホームページ、ただいま工事中。ご希望者には会社パンフレットをお送りします。ご相談、ご連絡は直接メールにてどうぞ。
>>> hideki@810ball.com
【サービス内容】  ➊経営理念の開発。➋ブランド戦略・組織強化策の設計と表現。➌企業表現物や広告物なら、なんでも制作(紙~web~映像~CM等)【近年の受賞歴】〇第33回「日経産業新聞広告賞」(2006)【サービス部門賞】優秀賞 〇第22回「全日本DM大賞」(2008) 〇第27回「日本BtoB広告賞」2部門受賞(2006)【企業カタログ(会社案内・営業案内)の部】銅賞 【入社案内の部】特別賞 〇第28回「日本BtoB広告賞」(2007) 【企業カタログ会社案内営業案内の部】特別賞と銅賞 〇第31回「日本BtoB広告賞」(2010)【カレンダーの部】特別賞 ○第32回「日本BtoB広告賞」(2011)【営業案内の部】特別賞 ○第33回「日本BtoB広告賞」(2012)【企業カタログの部】特別賞  ○第37回「島根広告賞」(2013)2部門同時W受賞 【TVCM部門】銀賞 【消費者投票】消費者特別賞 〇第38回「島根広告賞」(2014)【TVCM部門】金賞 ○第36回「日本BtoB広告賞」(2015)【製品カタログ単品の部】特別賞 〇第38回「日本BtoB広告賞」(2017) 【ポスターの部】 銅賞 〇第6回ジャパン・シックスシート・アワード銀賞 〇静岡新聞広告賞2017大賞

社長は、まだ、自社を知らない。
社長は、自社の魅力や可能性を、あんがい知らない。30年、中小企業を見てきて、つくづく思う。社長のお考え、事業の過去・現在・未来。伊藤英紀と若いのがパーティーを組み、ワイワイ質問したおす2時間半。会社丸ごと、棚おろしです。棚からボタモチのように、気づかなかった自社の魅力がドサリと手に。
ブランド・理念経営・事業戦略・組織強化のみなもとを、再発見・再定義するパーティーに、ぜひ。

感想・著者への質問はこちらから