Warning: in_array() expects parameter 2 to be array, string given in /export/sd207/www/jp/r/e/gmoserver/2/6/sd0364826/brand-farmers.jp/blog/wordpress-4.4.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/themes/new-standard-2/part/header-banner-sns.php on line 7

    Warning: in_array() expects parameter 2 to be array, string given in /export/sd207/www/jp/r/e/gmoserver/2/6/sd0364826/brand-farmers.jp/blog/wordpress-4.4.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/themes/new-standard-2/part/header-banner-sns.php on line 11

    Warning: in_array() expects parameter 2 to be array, string given in /export/sd207/www/jp/r/e/gmoserver/2/6/sd0364826/brand-farmers.jp/blog/wordpress-4.4.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/themes/new-standard-2/part/header-banner-sns.php on line 15

【コラムvol.30】
成長率200%の会社。
すごいなあ。で、幸福度は?

「ハッテンボールを、投げる。」vol.30  執筆/伊藤英紀


会社評価のモノサシとして、
成長率がある。
が、幸福率とか幸福度の測定はない。
やればいいのに。
行政が企業白書で。

クライアントが望めば、
やってみようかと思うが、
統計的な標準点がないので、
客観評価は難しい。。

幸福度100%近くを
たたきだす会社は、逆にブラックや
全体主義が香りますよねえ。
働く側にとって興味深い
選社基準になりそうなのだが。

しかし、なぜ、そこまで
血眼になって成長したがるのかなあ。
タマあにだが、
そう思わせる経営者や社員がいる。

企業成長は、死活問題。
成長しなければ生きる意味がない、
とまで価値観が硬直化しているようで、
ちょっと息がつまる。

シニカルかもしれんが、
決然たる成長主義は、
危うい悲観主義だと思う。
会社成長は鈍いけど、
社員は幸福、という状態を
容認できないからだ。

そういう視点が、欠けている会社は、
成長圧力で働く者を圧迫するだろう。

もし、なんらかの環境変化で
売上げが落ちようものなら、
社内の気配は非常事態の
緊迫感と危機感の窮まりに
支配されそうだ。
悲観的な空気が覆うだろう。

「人生、山あり谷ありだね。
またいい風が吹くさ。
吹かなかったりして。ワッハッハ!] という楽観は許されないのだ。

頑な成長主義は、もろい。
壊れたら、一気に
悲観や悲痛へと落ちていく。

こんな話をすると、
お前は成長を望まないのか!
そんなヤツが多いから
日本経済は衰退するんだ!
と怒る人が最近の世の中は
増えているような気がする。

社長は、まだ、自社を知らない。
社長は、自社の魅力や可能性を、あんがい知らない。30年、中小企業を見てきて、つくづく思う。社長のお考え、事業の過去・現在・未来。伊藤英紀と若いのがパーティーを組み、ワイワイ質問したおす2時間半。会社丸ごと、棚おろしです。棚からボタモチのように、気づかなかった自社の魅力がドサリと手に。
ブランド・理念経営・事業戦略・組織強化のみなもとを、再発見・再定義するパーティーに、ぜひ。

感想・著者への質問はこちらから