【コラムvol.67】
自称やさしい人。

「ハッテンボールを、投げる。」vol.67  執筆/伊藤英紀


わが社(ハッテンボール)は、僕も含めて9人で動かす小さな会社です。

僕は50代ですが、他はみんな20代30代。50代の僕の将来も不透明なわけですが、人生これからの20代30代の社員たちはもっと大変だなあと、ときどき思ったりします。

少子高齢化にともない日本の財政はさらに悪化し、社会保障費も国の借金もどんどん膨らんでいく。僕より20年30年長く生きる可能性のある若いみんなは、大変な時代を生きるなあと。

でもふと思う。「待てよ。僕の若いときからこれまでって、そんなによかったっけ?」

20代前半は週休1日で残業だらけだったし。僕は非正社員ながら制作チーフとして正社員とほぼ同じ仕事をしていたけど、正社員との収入格差は大きかったし。

バブル時にフリーのコピーライターになったけど、収入面でバブルの恩恵はさほど味わっていないし。バブル時に焦って不動産投資して痛手を味わっているし。

30代半ばで組んだ住宅ローンは固定で4%近くて今と比べると高金利だったし。バブル終焉ののち市場環境が厳しくなっていく中で、仕事が減って苦境を味わい、仕事スタイルの転換を余儀なくされたし。49歳で在籍した会社が倒産して、一から出直しになったし。

自分のせいがかなりあるにせよ、振り返ってみれば「今の若い人と比べてそれほどいい時代を生きてきたわけでもないんじゃないのかなあ」とも思うのでした。

若い人のことを大変だなあと僕がつい思ってしまうのは、つまるところ、深層心理で(それほど奥ではないが)、こう思っているってことじゃないか、と考え直しました。

「僕は20代から30年、そこそこの荒波をかいくぐってきたぞ。なんとか50代後半までやってこれた。いろいろあったが、やれやれよかった。おっ、あそこの波打ち際に見えるのは20代30代たちじゃないか。やつらはこれからあの荒波に揉まれるのかあ。大変だなあ。」

ヤな心理ですね。若い人の大変さを想像することで、その大変な波をすでにかいくぐって陸に立つ自分に一層安堵できる、というわけです。

いわゆる“高みの見物”という心地よさであり、経験自慢なのかもしれません。

相手の大変さをことさら気にかける、といういっけん他人思いの心理には、こうした偽善というか、抑圧された“さもしさ”がぷーんとニオいます。

しかも深層心理にはこれだけではなく、さらにもう一つ、ヤな想念と効能があるんですよ。

僕の人生は50代後半でアガったわけではなく、健康であればあと30年続く可能性だってあるわけで、これからの人生にはこれまで経験したことのない新しい重荷も待っているわけです。

縮小する日本を生き抜かなきゃならないのは、若い人も僕も同じなのだ。

天候の悪い中、自分はまだまだこれから20㎞走らなきゃならない。しんどいのはやだなあ。でもほら、目の前には50㎞走らなきゃならないヤツがいるぞ。「おーい、きみらはこれから50㎞走るのかあ。大変だなあ。頑張れよ」と応援のふりをすることで、20㎞のしんどさから目をそらし心理的な重荷を軽減できるのだ。

あー、ヤダヤダ。ヤダねえ。というわけで若いあなた。あなたのことをことさら想ってくれる年上とかは、わりとウサン臭いですぞ。あ、もしかしてあなたはすでにウサン臭い?

僕に限らず人間というのは厄介で、誰かのしんどさを自分と比べながら、自分を安定させようとする傾向がありませんか。

そんなことはなにも生み出さないわけですから、自分のことを“人の心やしんどさがわかるやさしい人”とことさら自慢に思っている人は、生産性が低い人ということの証にもなりかねないなあと思いました。

生産性が低い日本は、もしかしたら“自称やさしい人”が多いのかもしれません。


⏫TOPへ戻る

 

中小企業に、発展のきっかけを投げかけたい。だから、ハッテンボールです
【ハッテンボール・グループ 代表取締役 伊藤英紀】
企業表現コンサル/コピーライター 1961年生
広告学校と大学をダブルスクール。㈱リクルートで、バイトなのに制作チーフを務めたのち、同社契約コピーライターに。1990年 前身 伊藤英紀事務所を創業。※元ワイキューブ取締役
有限会社ハッテンボール ◎創業1990 ◎設立2006 ◎資本金1000万円 〒169-0073  東京都新宿区百人町2-27-7 ハンドレッドステイレジデンス1108 ℡03・6698・4863
株式会社ハッテンボール・ダイレクト ◎設立2011 ◎資本金1000万円 〒453-0801 名古屋市中村区太閤 3-7-76 ジユウノハコ ℡080・6919・3870
※ホームページ、ただいま工事中。ご希望者には会社パンフレットをお送りします。ご相談、ご連絡は直接メールにてどうぞ。
>>> hideki@810ball.com
【サービス内容】  ➊経営理念の開発。➋ブランド戦略・組織強化策の設計と表現。➌企業表現物や広告物なら、なんでも制作(紙~web~映像~CM等)【近年の受賞歴】〇第33回「日経産業新聞広告賞」(2006)【サービス部門賞】優秀賞 〇第22回「全日本DM大賞」(2008) 〇第27回「日本BtoB広告賞」2部門受賞(2006)【企業カタログ(会社案内・営業案内)の部】銅賞 【入社案内の部】特別賞 〇第28回「日本BtoB広告賞」(2007) 【企業カタログ会社案内営業案内の部】特別賞と銅賞 〇第31回「日本BtoB広告賞」(2010)【カレンダーの部】特別賞 ○第32回「日本BtoB広告賞」(2011)【営業案内の部】特別賞 ○第33回「日本BtoB広告賞」(2012)【企業カタログの部】特別賞  ○第37回「島根広告賞」(2013)2部門同時W受賞 【TVCM部門】銀賞 【消費者投票】消費者特別賞 〇第38回「島根広告賞」(2014)【TVCM部門】金賞 ○第36回「日本BtoB広告賞」(2015)【製品カタログ単品の部】特別賞 〇第38回「日本BtoB広告賞」(2017) 【ポスターの部】 銅賞 〇第6回ジャパン・シックスシート・アワード銀賞 〇静岡新聞広告賞2017大賞

 

社長は、まだ、自社を知らない。
社長は、自社の魅力や可能性を、あんがい知らない。30年、中小企業を見てきて、つくづく思う。社長のお考え、事業の過去・現在・未来。伊藤英紀と若いのがパーティーを組み、ワイワイ質問したおす2時間半。会社丸ごと、棚おろしです。棚からボタモチのように、気づかなかった自社の魅力がドサリと手に。
ブランド・理念経営・事業戦略・組織強化のみなもとを、再発見・再定義するパーティーに、ぜひ。

感想・著者への質問はこちらから