【コラムvol.73】
脱ぎ捨てる人

「ハッテンボールを、投げる。」vol.73  執筆/伊藤英紀


人は拘束衣を着ている。

「おかあさん、ちいさいころ、オレなにが好きだったかおぼえてる?」
「え、なに?」
「オレのこども時代の話。」
「う~ん…絵本とかマンガとか、みはじめると返事もしない子だったね。」
「おんなじかなあ、いまのオレも。なんか読んだり映画みたり。そんな一人の休日もわりと好きだから。」
「そお。変わらないんだあ。そういえばよくおとうさんにしかられてたよね。」
「…うん……でもそれ、おかあさんじゃないの?」
「なにが?」
「嫌いだったでしょ。中学くらいかな。オレがだまってじっと本読んでるの?」
「…そんなことないよお。」
「あるよ。そういうときはオレにわざと冷たくするんだよね、おかあさんは。オレなんか眼中にないって感じをよそおってさ。メシのとき、成績のいい兄貴や妹と勉強の話をさりげなくしてみせて、オレに当てこするんだよなあ。」
「ひえー、ずいぶん被害妄想だね。34にもなってえ。」
「中高んときオレけっこうな読書家でギターも好きだった。おかあさんはわかっていたはずだけど、そこにただの一度も触れなかったよね。どうしてかな?気に食わなかったんでしょ?」
「食ってかかるねえ。だから何?」
「オレ、いろいろ自信ないヤツだったけど、本やギターにのめりこんじゃうとこが、オレだなって。人とは違うオレだなって自分を感じることができてたんだよ。どうってことないことに聞こえるかもしれないけど、自分ではここがオレなのかもって、オレなんだって、認められる大事なとこだったんだよ。」
「あなたのいいとこだよね。そう思うよ。」
「嘘つかなくていいよ。あんたはクチでは言わないんだよいっつも。いい母親ぶりながら、ちょっとした態度とか家の空気とかで、オレを責めるんだよね。柔らかあく、だけどじりじり陰湿に。本やギターなんか将来を考えて勉強することに比べればいかにクダらないことか、無価値なことかをオレに刷り込もうとしてたじゃん。」
「もうやめなさいよ。言い過ぎ!」
「……オレ、女を殴るんだよね……」
「…なにぃ、どうしたのお?」
「恋人をすごく縛りつけるんだよ。女を思ったようにコントロールできないと、腹の底から女が憎くてたまらなくなる。オレ、そういう男なんだよ。」
「…久しぶりに帰ってきたんだから、もうよそうよ、そんな話。」
「そんな話をするために、オレ、帰ってきたんだよ。おかあさんと話そうって、34にもなって。…これがオレなんだなってオレが感じるオレに、おかあさんは触れもしなかった。おかあさんは、そんなオレに消えて欲しかった。のぞむ息子に入れかわって欲しかったんでしょ。そんなちいさなことを今さらぐちぐちって思うよね?オレも思う。だからオレはそんなオレをぶちのめすために帰ってきたんだよ。」
「あああ、大げさ。もうやめよ。」
「聞いてください。お願いします。おかあさんにコントロールされて自分をじわじわと押し殺していたことのちっちゃな憎しみが、何年もオレの中で降り積もった。女をどこかで憎むようになった。だからオレ、女をコントロールしたいんだ。やり返したいんだよきっと。だから女を拘束しきれないと憎しみがドロドロとわき出して止められなくなる。だから殴ったんだよ。」
「…私、どうしたらいいの?」
「…あの頃の本当の気持ちを話して欲しい。それだけでいい。オレは、オレを縛っているオレ自身から、オレの手でオレを自由にしたいんだよ…人を大事にできる男になりたい。」

人は拘束衣を着ている。34歳は脱ぎ捨てようとしている。なぜ自分が女を縛りつけ殴るのか、その理由を自分の手で明らかにすることで。DVへの物語を共に作った母親と向きあうことで。

人は過去を引きずって生きている。自分が何を引きずっているのか、引きずられているのか、そこに向きあわなければ、自分にも未来にも決して向きあえない。そんな過去もある。

目に見えない拘束衣を、見ようとする人。脱ぎ捨てようとする人。そんな人と語りあいたいと思う夜が、僕にはあります。

 

⏫TOPへ戻る

 

中小企業に、発展のきっかけを投げかけたい。だから、ハッテンボールです
【ハッテンボール・グループ 代表取締役 伊藤英紀】
企業表現コンサル/コピーライター 1961年生
広告学校と大学をダブルスクール。㈱リクルートで、バイトなのに制作チーフを務めたのち、同社契約コピーライターに。1990年 前身 伊藤英紀事務所を創業。※元ワイキューブ取締役
有限会社ハッテンボール ◎創業1990 ◎設立2006 ◎資本金1000万円 〒169-0073  東京都新宿区百人町2-27-7 ハンドレッドステイレジデンス1108 ℡03・6698・4863
株式会社ハッテンボール・ダイレクト ◎設立2011 ◎資本金1000万円 〒453-0801 名古屋市中村区太閤 3-7-76 ジユウノハコ ℡080・6919・3870
※ホームページ、ただいま工事中。ご希望者には会社パンフレットをお送りします。ご相談、ご連絡は直接メールにてどうぞ。
>>> hideki@810ball.com
【サービス内容】  ➊経営理念の開発。➋ブランド戦略・組織強化策の設計と表現。➌企業表現物や広告物なら、なんでも制作(紙~web~映像~CM等)【近年の受賞歴】〇第33回「日経産業新聞広告賞」(2006)【サービス部門賞】優秀賞 〇第22回「全日本DM大賞」(2008) 〇第27回「日本BtoB広告賞」2部門受賞(2006)【企業カタログ(会社案内・営業案内)の部】銅賞 【入社案内の部】特別賞 〇第28回「日本BtoB広告賞」(2007) 【企業カタログ会社案内営業案内の部】特別賞と銅賞 〇第31回「日本BtoB広告賞」(2010)【カレンダーの部】特別賞 ○第32回「日本BtoB広告賞」(2011)【営業案内の部】特別賞 ○第33回「日本BtoB広告賞」(2012)【企業カタログの部】特別賞  ○第37回「島根広告賞」(2013)2部門同時W受賞 【TVCM部門】銀賞 【消費者投票】消費者特別賞 〇第38回「島根広告賞」(2014)【TVCM部門】金賞 ○第36回「日本BtoB広告賞」(2015)【製品カタログ単品の部】特別賞 〇第38回「日本BtoB広告賞」(2017) 【ポスターの部】 銅賞 〇第6回ジャパン・シックスシート・アワード銀賞 〇静岡新聞広告賞2017大賞

 

社長は、まだ、自社を知らない。
社長は、自社の魅力や可能性を、あんがい知らない。30年、中小企業を見てきて、つくづく思う。社長のお考え、事業の過去・現在・未来。伊藤英紀と若いのがパーティーを組み、ワイワイ質問したおす2時間半。会社丸ごと、棚おろしです。棚からボタモチのように、気づかなかった自社の魅力がドサリと手に。
ブランド・理念経営・事業戦略・組織強化のみなもとを、再発見・再定義するパーティーに、ぜひ。

感想・著者への質問はこちらから