【86RT】自分の体は自分のモノではない!?

こんにちは。中小企業のブランドづくりを支援するBFIブログ編集部です。

 

今回は、筆者がハッとさせられた安田のツイートからご紹介させてください。

 

改めて考えてみると、自分の体は、自分が作ったものではありません。

親が生んでくれて、生を受け、多くの方の支えがあり、大人になります。
ミルクを飲ませてもらい、食事を食べさせてもらい、運動をさせてもらい・・・今があります。

とはいえ、

「よし、今日から自分の体を大切にしよう!」

と思っても具体的に何をどうしたらいいか分からない方もいらっしゃるかもしれませんね。
そんな方は、睡眠にこだわってみるのはいかがでしょうか。

 

「ちゃんと」休めば今の悩みは9割解決するという話もあるようですよ。

睡眠時間は、体や心をメンテナンスし、免疫力を強化して、翌日再び頑張るためのパワーを充電する大切な時間。何を着るかで、癒しにもストレスにも変化するのです。

(略)

パジャマは自分への最高の投資です。パジャマを着ることで睡眠時間を有効活用し、隠されていたキレイ力を眠るたびに目覚めさせ、起きるたびに理想の自分へと近づきましょう。

(ウーマンエキサイト 2017年7月17日(月))

 

人間、人生の3分の1は寝て過ごします。
赤ちゃんは眠ることで育ちます。
一時期、夜の睡眠だけではなく昼寝を推奨する声などもありましたね。

寝る時間を意識して大切にすると、何か変わってくるかもしれません。

 

もちろん人生では無理をしないといけないときもありますが、体を大事に丁寧に使う、体に感謝の気持ちを持つ、そんなことを意識しながら暮らしていきたいものです。

 

皆さんはどんなふうに自分の体と向き合っていますか?

あなたのバリューをスイッチングします。

その悩み、バリューの再定義が解決の糸口になるかもしれません。

現在の事業、今ある商材、ターゲット、販売方法。
それらを少しズラす事によって、新たな定義をつくり出し、
まったく新しい価値、新しい顧客、新しいマーケットを生み出す手法。
それがバリュースイッチングです。

バリューの再定義を一緒に考え抜きます。