人間交換日記 第1回「同じだとは思えない」From安田

人間交換日記

「すべての人は、すごい可能性を秘めている」と信じる大野と、「多くの人は目的などなくただ存在しているだけ」と断ずる安田。人間の本質とは何か。人は何のために生きているのか。300文字限定の交換日記による言論バトル。


第1回 安田からの最初の手紙「同じだとは思えない」
大統領になる人も生まれた時にはただの赤ちゃん。
バブバブしてた頃は普通の人とまったく同じ。などということが、私にはちょっと信じられないわけです。
人は「ある役割」の中に閉じ込められて生まれてくるのではないか、というのが私の仮説です。そして生まれもった役割に決して抗えない。
映画にエキストラという役割が必要であるように、人間にもエキストラという役割を与えられている人がいると私は思います。
それがつまらない役割だとか思うのは人間の勝手であって、役割には上も下もないのです。
つまり大統領が会社員よりも上だなんてぜんぜん思っていない。
私が言いたいのは、大統領になる人は大統領になるべくして生まれてくるということ。

ー安田佳生より

 

交換日記をする二人




安田佳生(やすだ よしお)

1965年生まれ、大阪府出身。
2011年に40億円の負債を抱えて株式会社ワイキューブを民事再生。自己破産。1年間の放浪生活の後、境目研究家を名乗り社会復帰。


大野栄一(おおの えいいち)
株式会社一番大切なこと 代表取締役
http://ichibantaisetsunakoto.com/
https://www.sugoikaigi.jp/coach/eiichiono/

ブルー・オーシャン戦略は、未知の新大陸を探しだす作業ではありません。
新たなブルー・オーシャンは今いるレッド・オーシャンの中に無数に存在するのです。

感想・著者への質問はこちらから