人間交換日記 19通目「ぜひ教えてください」安田

人間交換日記

「すべての人は、すごい可能性を秘めている」と信じる大野と、「多くの人は目的などなくただ存在しているだけ」と断ずる安田。人間の本質とは何か。人は何のために生きているのか。300文字限定の交換日記による言論バトル。


19通目/安田からの返信
「ぜひ教えてください」

自分をパワフルなペテンにかける。次回その手法を教えていただけるとのことで楽しみです。ちなみに私も若い頃はペテン師でした。いやペテンにかけてるつもりはなかったんですけど「俺の未来は明るい。間違いない」と自分にも周りにも断言していました。それが若さというものなのでしょう。今はそういうものがなくなって「歳をとったなあ」という哀愁があります。でも地に足がついて、若い頃とは違う種類の自信を持っていることも確かです。どちらが好きかといえば今の自分の方が好きです。でもそれは言い訳なのかもしれません。だからもし、若い頃のあの「根拠のない自信」をもう一度感じられるのなら、ぜひとも体験してみたいです。

前回18通目/大野「どうせ自分で自分をペテンにかけているのだからパワフルにすればいい。」

安田さんへ

苦しいからこそ、そこに秘沈している真理と僕は本気で向き合い続けたい。そして僕の考えでは、どうせ自分で自分をペテンにかけているのだからパワフルにすればいい。必殺技ではありませんが、大野の独断と偏見によるアプローチは幾つかあります。ちなみに、どんなジャンルのどんなコーチなのかに拠るのでしょうが、どうやれば打てるようになるのか?を直接的に扱うのがコーチとは限りません。例えばUSCのゴルフチームを、クラブを持たないコーチ、スイングさえ教えないコーチが全米1位にしたというような事例は枚挙に暇が無い。次のご返事の際に、自信をコンディショニングする為の誰もができる基本的な手法をご紹介したいとは思います。

ー大野より

 

17通目/安田「何か必殺技があるんですか?」

大野さんへ
ひとつ質問です。「何があっても、何がなくても、何ができても、何ができなくても、自己肯定感は持たないといけない」というのが大野さんの主張ですよね。多くの人はこう言いたいと思います。「それは分かるけど、自己肯定感が持てないから悩んでいるんだ」と。ただ単に自己肯定感を持てばいい。ただ単に自分は幸せであると信じればいい。その通りなんですけど、それができないからみんな苦しいわけです。打てないバッターに「ただ打て」と言うのと同じ。どうやったら打てるようになるかを教えるのがコーチの務めですよね。どうやったら「何もない状態」で自己肯定感や幸福感を持てるのですか?そんな必殺技があるなら教えて欲しいです。

ー安田佳生より

 

これまでのやり取り

交換日記をする二人



火曜日
安田佳生(やすだ よしお)

1965年生まれ、大阪府出身。
2011年に40億円の負債を抱えて株式会社ワイキューブを民事再生。自己破産。1年間の放浪生活の後、境目研究家を名乗り社会復帰。

●金曜日
大野栄一(おおの えいいち)
株式会社一番大切なこと 代表取締役
http://ichibantaisetsunakoto.com/
https://www.sugoikaigi.jp/coach/eiichiono/

ブルー・オーシャン戦略は、未知の新大陸を探しだす作業ではありません。
新たなブルー・オーシャンは今いるレッド・オーシャンの中に無数に存在するのです。

感想・著者への質問はこちらから