GlobalPicks 〜海外の情報を読み解いて、ビジネスに付加価値を投薬する方法〜【vol.010】

アイルランド、Siliconrepublicが注目する「テルアビブ(イスラエル)のベンチャー23社」を紐解いてみる(第3回)
著者:小出 紘道

Silicon Republicというwebメディアから、イスラエルのベンチャー企業を紹介した記事を見ています。イスラエル第二の都市、テルアビブのstart-up特集から今回で3回目です。

 

23 amazing start-ups from Tel Aviv to watch
→テルアビブ発の注目ベンチャー23社

 

前回は、Sweet Inn(スウィートイン)というHotelとApartmentの中間領域をターゲットに上手に展開している企業を取り上げ、日本への展開イメージまで考えました。個人的に安田さん案がめっちゃ面白かったです(笑)

さて、テルアビブの注目ベンチャー企業23社の中から今回取り上げるのはコレです。

 

Octopus Control and Command
(オクトパス コントロール アンド コマンド)社

—原文

Octopus Control and Command has developed a smartphone app that serves as a cloud-based physical security system for facilities such as airports, factories, hospitals and other buildings.

→同社は、smartphone app(スマホアプリ)を開発し、アプリ連動とcloud-based(クラウド上)で依頼者の身体的なセキュリティ管理をできるようになった。空港とか、工場とか、病院とか、建物の中でのセキュリティに使える。

 

ちょっとわかりにくいので、動画観てみましょう。

 

 

身体的なセキュリティ(従来型の警備・警護)と、サイバーセキュリティ(web上のハッキング、ウイルス対策など)を、包括的に事業化している会社で、いわばセキュリティのO2O(Online to Offline)サービス企業ですね。

特に、今回動画に出ているサービスは、契約者の身に危険が生じた場合に、「スマホの緊急ボタン」から瞬時にコントロールセンターに繋がって(GPS及び実際のカメラのモニタリングもあり)即座に「バイクの警護部隊」が現場に急行する、というスマホとバイク部隊を繋げた「O2O」です。この場合、顧客は「法人」を想定しているようです。

スマホを使ったセキュリティ(サイバーセキュリティではなく、身体警護の方のセキュリティ)という観点で、この安全な日本ですが、どのようなサービスが産み出せるでしょうか?ちょっと考えてみました。

その悩み、バリューの再定義(バリュースイッチング)が解決の糸口になるかもしれません。

現在の事業、今ある商材、ターゲット、販売方法。
それらを少しズラす事によって、新たな定義をつくり出し、
まったく新しい価値、新しい顧客、新しいマーケットを生み出す手法。
それがバリュースイッチングです。

バリューの再定義を一緒に考え抜きます。

1件のコメントがあります

  1. 子供の頃にこのサービスが欲しかった!
    いじめっ子が近づいてきたら、隣のクラスからガキ大将が駆けつけてくる、みたいなサービス。

感想・著者への質問はこちらから