【vol.019】GlobalPicks 〜海外の情報を読み解いて、ビジネスに付加価値を投薬する方法〜

⑤Peek(ピーク)
旅行中のアクティビティ予約に特化したサイト

—原文
Remove the hassle and pressure of planning activities on vacation with Peek. The site curates a selection of fun activities for you that you can book online or via the company’s mobile app.

→ 休暇中のアクティビティの計画を急いで立てなければ、というプレッシャーから解放されましょう。アプリを使って、あなた向けに提案された様々な楽しいアクティビティを予約できます。

特化しているかどうかは別にして、日本でもアクティビティ予約サイトは既にありますね。旅先でのアクティビティの候補が一箇所に集まっていて、ギリギリのタイミングでも手軽にアプリで予約できるのはいいですね。

実際のPEEKのサイトでは、「目的地」と「日時」を入力すると、「観光ツアー」「アウトドア」「文化」「食」「ナイトライフ」「ボート&クルーズ」「空」「水のアクティビティ」など様々な候補が出てきます。旅行業界の人は、この「アクティビティのリスト」を見てみるだけでも、新しいアイデア(もしくはパクリ企画)の参考になると思いますよ!

 

⑥The Trip Tribe(トリップトライブ)
旅先で一緒に行動する仲間をマッチングしてくれるサイト

—原文
If you’re flying solo but would prefer to travel in a group or make new friends while on vacation, The Trip Tribe makes it easy. The company allows members to create a profile and search for trips. They’ll use your profile information to match you with other travelers who share your interests so you can book a trip with like-minded people.

→ Solo(一人)で旅行する予定があって、でも、休暇中に旅先でグループ行動したり友達を作ったりしたい人は、Trip Tribeを使えば簡単です。会員はプロフィール情報を入力したり、興味のある旅を探すことができます。また、Trip Tribeの側もあなたのプロフィール情報から、あなたと似たような趣味嗜好、興味を持っている他の会員をマッチングさせます。結果、like-minded(考え方が似た)な人たちと一緒の旅を予約できます。

Tribeって、「種族」っていう意味ですから、同じ趣味・嗜好の人と旅先で出会える、ということをコンセプトにしているわけです。

実際のTrip Tribeのサイトで、どんなTribe(種族)があるのか見てみると、、、。

・Hiking Addicts : ハイキング中毒
・Foodies&Oenophiles :グルメ&ワイン愛好家
・Yoga Tribe :ヨガ族
・Fitness Junkies:フィットネスジャンキー
・Healing Garden Tribe:ヒーリングガーデン族

Healing Garden(ヒーリングガーデン)って、最近かなり欧米で流行っているみたいです(実は昔から一定数あります)。
日本語だとしっくりきませんが、「庭園療法」ですかね、、、。

綺麗な植物と緑に囲まれて心と体を治療する、ということですね。

動物に囲まれるアニマルセラピーと似たコンセプトですよね。

これが、かなりモダンな文脈で流行ってきているので、そのうち日本にもどんどん登場するはずです。

ちなみに日本でヒーリングガーデンがないか、ググって見ましたが、まともなのが1つだけありました。

http://www.lacasta.jp/shop/pages/about_index.aspx

今おしゃれカフェが其処彼処に乱立するように、そのうち小規模なヒーリングガーデンが、東京都心の一等地にも乱立するようになる、というのが僕の予言です(笑)

Healing Garden by Starbucks (カフェ系ブランドのガーデン)
とか
Aman(アマン) Healing Garden(ホテル系ブランドのガーデン)
とか
Healing Garden in Roppongi Hills(商業施設系のガーデン)
とか。

そういう感じの近未来。

 

「本コラムと、本業ビジネスとの関係」(著者・小出紘道より)

本業ビジネスでは「マーケティング&戦略コンサル」の仕事と、「高付加価値情報提供サービス」の仕事をしています。本コラムは後者の「高付加価値情報提供サービス」の初級編としての入り口となればいいな、と思ってます。世界の誰かが”既にかなり研究したり、結論を出している”にも関わらず”日本では流通していない数値情報や文字情報”がたくさんあります。それらの情報を、日本のマーケットにフィットするように編集・分析すれば「競合他社」や「競合他者」を出し抜ける可能性が高まります。法人向けのサービスとなっていますので、詳細はFace to Faceでお伝えしますね。

 

著者情報

小出紘道 (HIROMICHI KOIDE)

◆株式会社シタシオン ストラテジックパートナーズ
代表取締役社長
http://citation-sp.co.jp

◆株式会社シタシオンジャパン
取締役会長
http://www.citation.co.jp

◆株式会社 イー・ファルコン
取締役
http://www.e-falcon.co.jp

<いわゆる経歴>
・2000年 株式会社東京個別指導学院に新卒で入社して、11ヶ月だけ働いてみた(→早めに飽きた)
・2001年 イギリスに行って、University of Londonで経済と国際関係を学んだり、Heriot-Watt Universityで経営学(MBA)をやってみた(→めちゃくちゃ勉強した)。この間に、イギリス人の友人とロンドンで会社を作ってみた(→イマイチだった)
・2003年 シタシオンジャパン社でマーケティングをやり始めてみた(→ろくにエクセルも使えなかった)
・2007年 シタシオンジャパン社の代表取締役社長になって経営をやってみた(→やってみてよかった)
・2018年 シタシオンジャパン社の社長を仲間に託し、引き続き会長としてコミットしつつも、シタシオンストラテジックパートナーズ社を設立してみた(→今ここ)

 

著者ページへ

 

その悩み、バリューの再定義(バリュースイッチング)が解決の糸口になるかもしれません。

現在の事業、今ある商材、ターゲット、販売方法。
それらを少しズラす事によって、新たな定義をつくり出し、
まったく新しい価値、新しい顧客、新しいマーケットを生み出す手法。
それがバリュースイッチングです。

バリューの再定義を一緒に考え抜きます。

感想・著者への質問はこちらから