これからの採用が学べる小説『HR』:連載第15回(SCENE: 023〜024)【第3話】

HR  第3話『息子にラブレターを』執筆:ROU KODAMA

この小説について
広告業界のHR畑(求人事業)で勤務する若き営業マン村本。自分を「やり手」と信じて疑わない彼の葛藤と成長を描く連載小説です。突然言い渡される異動辞令、その行き先「HR特別室」で彼を迎えたのは、個性的過ぎるメンバーたちだった。彼はここで一体何に気付き、何を学ぶのか……。これまでの投稿はコチラをご覧ください。

 


 SCENE:023


 

「……え?」

意外な発言に、思わず室長と顔を見合わせた。人の良さが滲み出ているような社長だ。社員を辞めさせないよう頑張ることはあっても、辞めさせたいなどという言葉が出てくるとは思わなかった。

「ええと……それは、御社の社員さんを、ですか」

室長が確かめるように聞くと、社長は頷いた。

「そうです。あいつにはどうしても、辞めてもらわにゃならん」

怒りなのか悲しみなのか、微かに潤んだ小さな丸い目が、布団の上を見つめている。その表情にはある種の覚悟が見えた。何があったのかはわからないが、社長は本気で言っている。それがよくわかった。

「あの、そのお話、もう少し詳しく話していただくことはーー」

室長が言いかけた時だった。

俺の正面10メートルくらい先、つまり先ほど俺たちが入ってきたこの大部屋の扉が、勢いよく開けられたのだ。

扉を開けたのは、医者でも看護婦でもなかった。かといって患者にはとても見えない、海外のラガーマンのようなガタイをした作業服姿の男だった。

その男は、明らかに敵意を込めた目で室内をぐるりと見回すと、まっすぐ一直線上にいる俺に視線を留めると、大きく目を見開いて、ズカズカと大股でこちらに近づいてきた。

「うわ、ちょ、何……」

思わず腰を浮かせたが、壁際にいる俺に逃げ場などない。男はあっという間に目の前まで来ると、巨大な体で覆いかぶさるようにして顔を近づけてくる。

「おい……なんなんだ、あんたら」

男は予想以上に大きかった。身長は恐らく180センチ以上、体重も100キロを越えているかもしれない。空手をやっている同級生が、組手の相手としては縦に長い奴より横に長い奴の方が怖いと言っていたが、縦にも横にも長いこんな男は一番嫌だろう。

「いや……あの……え?」

あんたら、と言いつつなぜか男は俺に向かって言った。なんなんだと言われても……いや、ていうかそっちこそなんなんだよ。いきなりこんな……

頭の中で思うが、あまりの迫力に言葉が出ない。

「ウチの社長に何の用だ。こんな所まで押しかけてきやがって」

……ウチの社長? そう思ったときに、横から声がした。

「おい、やめろ! この人らは違うんだ」

中澤社長だった。小さな目がいっぱいに見開かれている。

だが、男は社長を横目でチラリと見ただけで、すぐに俺を睨みつけ、言う。

「違うわけあるか。知り合いでもねえ奴が見舞いになんかくるかよ」

丸坊主に無精髭、ニキビの跡、ドスの利いた声。まさに体育会系と言うか、プロレスラーだと言われても信じる。

「見慣れないやつが来てるって言うから飛んできたんだ。商談、だと抜かしたそうじゃねえか。こんな病人つかまえて、何が商談だこの野郎」

その言葉に、そうかと思う。受付にいた女性だ。あの神経質そうなスタッフがきっとこの男に言ったのだ。あの人が室長を変人だと思ったのは間違いない。というか、実際、変人なのだ。病院の受付で「面会ではなく商談だ」と言い張る人がまともなわけがない。

これはまずいことになった、と思う。

「いや……あのですね……」

俺は両手を体の前に出し、「まあまあ」という体勢になる。何とも情けないが、こんな男を前に虚勢を張れるほど、俺は揉め事に慣れていない。何より、俺たちがここに営業に来ているのは間違いない事実なのだ。もっとも、俺だって好きで来たわけじゃない。この頭のおかしい室長に無理やり連れられて……

「ああ、こりゃどうも!」

室長が元気に言い、俺と男の間に、尻をねじ込むようにして入ってきた。

「ご挨拶が遅れました。わたくし、こういう者です」

室長が躊躇なく頭を下げ、まるで男に対して頭突きをするような形になった。男は「わっ」と言って体を引き、室長が高々と差し出した名刺越しに、なぜか俺を見つめる。その顔には、なんなんだよこいつ、と書いてある。

いや、だから、俺に聞かれてもわからねえって。

苦笑いを浮かべ、自分でもどういう意味なのかよくわからない会釈をして見せると、男はわけがわからないという顔で名刺を受け取った。

「アドテック……なんだよ、何の会社だよ」

男が言うと、室長ではなく社長が答えた。

「俺が呼んだんだ。無礼な態度をとるんじゃない」

男はチッと舌打ちをする。

「呼んだって……だから一体何しに来たんだよこいつらは」

「この人らは、求人の業者さんだ」

それを聞いた瞬間、男の顔色が変わった。

「……求人?」

絞り出すような声。その顔に浮かぶのは怒りというより、驚きだ。

「どういうことだよ」

男の言葉に、社長は視線を逸らし、窓の外を見る。

「わかっとるだろ」

沈黙が降りた。だが、それも長くは続かなかった。

「……ざけんなよ」

男が呻くように言った。

「ふざけんじゃねえよ! ……馬鹿野郎、俺は辞めねえぞ……絶対に辞めねえからな!」

男の叫び声が部屋中に響き渡った。

 

児玉達郎の商品

 

制作事例はRou’s Webでもご確認いただけます。

★児玉達郎(Rou’s)について

<制作事例(リンク)>
◆湘南ベルマーレ・社長記事「勝ち負けよりも、 大切なものがある。」/取材・文(VISIONS media)

◆3つの飲食店を成功させた広島の地元企業がはじめた、皆で食事を分け合うイベント「パルティータの日」/文(BFIリバリューション実績)

◆大中環境・新サービス「Sketch」/ネーミング・コンセプト設計・文・Web編集

◆飲食店メニュー制作「MUNCHIES」/デザイン・構成

◆南総通運リクルートサイト「NANSO★QUEST」/コンセプト設計・文・Web構築

他多数

★お問合わせは当サイト著者ページ、またはRou’s Web掲載のメールアドレスまでお願いします。

感想・著者への質問はこちらから