【読むPodcast | マネトレ6-後半】大久保圭太の「財務アタマを鍛えるラジオ~マネトレ~」第62回

前回からの続き、2018年2月15日に配信された視聴者からの質問にお答えする回です(音声はこちらから)。
今回は安田にまつわるもしもの話が登場。『大久保さんなら、かつての安田にいつどのタイミングでどんな進言をしていたか。』果たして大久保さんの回答はいかに!?

>>>大久保圭太氏のプロフィール

円道

というわけで、次行きます。30歳、マーケティングコンサルタント経営者です。大久保先生、円道さん、いつもためになるポッドキャスト配信ありがとうございます。

大久保

ありがとうございます。

円道

現在、神奈川で個人で活動する30歳マーケティングおじさんです。

大久保

大久保:全員付けてくんのね(笑)

円道

すごいですね。

大久保

何なの、これ。ブーム?

円道

流行語。

大久保

狙えんじゃないの?

円道

ポッドキャストブームやりますか。

大久保

工作員入れてさ、狡猾にとっていこうよ。

円道

さあ、韻も踏みましたので次行きたいと思います。質問です。今の大久保先生がもし以前のワイキューブの財務コンサルタントに入っていたのなら、かつての安田社長にいつどのタイミングでどんな進言をし、どのような結果になっていたと思われますか?

大久保

知らねえ。なんだ?今日(笑)

円道

ちなみに、マネトレは第1回から拝聴させていただいております。

大久保

ありがとうございます。

円道

いくつものポッドキャストを聴いている中でマネトレが一番笑えて楽しめる番組です。毎週楽しみで仕方がありません。これからも財務のrhymeを響かせる熱いvibesを楽しみにしてます。ということですね。

大久保

だいぶ踏んでくるね(笑)

円道

踏んでますね。もう完全に大久保先生にやられてますね。

大久保

長くない?それで、しかも、それ。

円道

手元の紙、5ページにわたりますので全体の部分は割愛させていただいて、要約します。大久保先生がこれからも大久保先生であるために、

大久保

尾崎かっ(笑)

円道

先生であるために、かつてのワイキューブはどうするべきだったのか、安田さんはどうするべきだったのか、歴史に「もしも」はありませんが、大久保先生だったらどのような進言・提言をしたと思われますか?ということですね。

大久保

まあ、良かったんじゃないの。

円道

前回のあの回を聴いて何か違和感を感じられたのかなという感じもしますけど。

大久保

なんかすっごいな、ブログ風に書いてあるけど。

円道

民事再生、自己破産と大変なご苦労をされてきたことと安田さんは存じます。しかし、私はたとえ角が立っても、空気がビリッとしても、「本当はあのときああしておくべきだったんじゃないんですか」と僕の大好きな大久保先生に言ってほしかったですと。

大久保

ああ、そういうことね。

円道

そういうことですね。

大久保

「僕が僕であるために」(笑)。良かったんじゃないの?いやあ、財務でタラレバ言ったらキリないからね。安田さんおっしゃってたのは、20億先に返しちゃったみたいなのは銀行に騙されたかなとは思うけど、それが例えば返せなかったからって、あと連帯保証入る入らないもあるけど、20億返せなかったら期間は伸びたんじゃない?って思う。ただ、クリティカルに何か変わったっていうわけではないと思うんだよね、時間軸が変わっただけ。民事再生のことできないって言ってた税理士と付き合ってたっていうのは可哀想だなと思うけど、でも、出口としてはあれで良かったんじゃないの?。多分、そのときにいくらあれでも自己破産しない選択肢もないだろうし、本人はしてべつに何の影響もないって言ってるわけだから。逆にあんぐらい派手だったから今ある意味ブランディングできてるっていうかね。

円道

結果的にその分野では、ああいう方しか喋れないことがありますもんね。

大久保

うん。

円道

先日も2人で金集め人集めセミナーをPlace of Tokyoでされてましたよね。

大久保

そうそう。

円道

結構集まってたようですけど。

大久保

30人限定で。安田さんの告知だけでほとんど埋まっちゃったのかな。

円道

へえ。じゃあ、それだけの影響力が。

大久保

結構ね。話面白かったぁ。時代の潮目だか何かで、その中で雇用をどう考えるかみたいな。俺、すげえメモ取って聴いてた。「打ち合わせしてねえのかよ」っていうね(笑)

円道

2人とも真面目ですから。

大久保

雰囲気は決まってるけど、内容はよく知らないから。ただ全力で2人ともやるっていうだけの。

円道

だって、あのポッドキャストでご紹介させていただきましたけど、それ以来ですもんね。セミナーで1回打ち合わせしたぐらいで。

大久保

打合せは日時と場所、タイトルぐらいだね。懇親会付きでやって、面白かったよね。安田さんの独特の切り口と感性が面白いなと思うよね。安田さんがゲストでいらしたときには、べつに言いたいことがそんななかったからっていうか、そういうね。回答にキレがないか、、、そっか、、すいませんね(笑)。打たれ弱いからね、言われると。

円道

ナイーブですからね。

大久保

まあ、でも良かったんじゃないの?って思うけど。で、事業生き残ったわけだから、それは良かったと思うよ。変なふうに倒れてないっていうのは全体としては全然問題ないというか。引き剥がした銀行だけちょっとあれだけど。まあ、銀行も、その引き剥がした所は優秀だよね。回収っていう意味ではちゃんと回収したわけだから。他方面から見るとまあまあまあっていう感じでしょうね。
何?今日の質問の。

円道

そうですね、おじさん・おばさんパラダイスの中でいただきましたが。なんだか大久保先生がもはや財務という領域に留まらない感じで見られている質問ですね。前回・前々回で金融機関の真面目な、本当に率直な質問も。

大久保

つまんなかったんじゃない?それ。もうちょっと振ってやろうと思ってきてんじゃない。

円道

そうですね、最近立て続けに来てますもんね。

大久保

そうね。

円道

そみなさんそれぞれ疑問があるということで。今日のこの回答は良かったかなと。

大久保

もう全部打つんだね、要は。質問が来たら全部打つ気だ。

円道

もちろんですよ。

大久保

衣笠だ、もう(笑)。打席に立ち続ける。頑張りますよ、もう。

円道

そうですね。というわけで、いろんなご質問を遠慮なくいただいて。「さすがにないだろう」というものはこちらで捌くつもりですので。

大久保

そうね。でも、カードの件は捌かなくて良かったの?

円道

だって、思ってる方いるんじゃないですか?

大久保

たしかに。

円道

というわけで終了したいと。

大久保

なんか疲れた(笑)

円道

疲れました?

大久保

財務以外疲れるね、やっぱね。

円道

たしかに今日財務の話1回もさせてもらってないという、この回で。

大久保

怒られるよ(笑)

円道

1つレアな回としてやってきましたが、また、ぜひ財務の質問お待ちしておりますので、ご応募お寄せください。というわけで、本日もありがとうございました。

大久保

ありがとうございました。

その悩み、バリューの再定義(バリュースイッチング)が解決の糸口になるかもしれません。

現在の事業、今ある商材、ターゲット、販売方法。
それらを少しズラす事によって、新たな定義をつくり出し、
まったく新しい価値、新しい顧客、新しいマーケットを生み出す手法。
それがバリュースイッチングです。

バリューの再定義を一緒に考え抜きます。

感想・著者への質問はこちらから