ネットの履歴書
第65回『リモートにしてみたら』

  • ソルナ株式会社が開発した究極の履歴書。それがネットの履歴書』これまでの履歴書や職務経歴書とは何が違うのか。なぜ究極と言えるのか。その秘密に迫ります。

小さなブルーオーシャンを追え
〜ネットの履歴書〜

第65回『リモートにしてみたら』

 

安田

リモートで仕事をやる人が増えてます。

三澤

コロナを機にどんどん増えるでしょうね。

安田

働く価値観自体が変わりそう。これまでは会社に行くことが仕事の中心だったので。

三澤

実際リモートにしてみたら「ぜんぜん仕事回るよ」ってことに気がついたんでしょう。

安田

もはや「本社ビルなくそう」って話まで出てます。もう100パーセント前と同じ状態には戻らないですよね。

三澤

絶対に戻らないでしょう。

安田

保険の営業は「対面で説明する」というルールだったんですけど。その法律まで変わっちゃうみたいです。

三澤

変えざるを得ないでしょうね。

安田

スーツがますます売れなくなります。リモートだったらジャケットだけで十分だし。

三澤

下半身パジャマでリモート授業を受けてる学生がニュースに出てました(笑)

安田

リモートで学生服を着たりネクタイ締たりする必要があるのか。そこを考えた方がいいですよ。

三澤

常識も変わるでしょうね。

安田

リモート時代に気をつけたほうがいい「ネットの常識」ってありますか?

三澤

ネットリテラシーはますます重要になります。

安田

ですよね。

三澤

安田さんもいよいよzoomやり始めましたし。

安田

もうやらざるを得ないです。スマホ人口が増えた時みたいに、zoom人口も一気に増えました。

三澤

慣れない人は大変でしょうけど。

安田

はい。リテラシーが低いともう致命的です。

三澤

管理する側も大変になると思います。

安田

どうやって管理したらいいんですか。これまでだったら「パソコン持ち出すな」とか「アクセスするな」って言えたじゃないですか。

三澤

うちの場合は監視ソフトが入ってますね。パソコンで何をしていたかログが全部クラウドに残る。

安田

そんなことができるんですか?

三澤

1分ごとに記録がぜんぶ残せます。もともと社内での労務管理やセキュリティに使われてたシステムです。

安田

へえ。

三澤

今パソコンで何をやってるか、すべて見れます。

安田

おお!すごい。

三澤

ただ、そのためにはノートパソコンを支給する必要があります。いま手に入らないんですよ。

安田

コロナの影響で?

三澤

はい。テレワーク需要でモバイルWi-Fiも一気に売り切れました。

安田

じゃあプライベートのパソコンを使うしかないですね。

三澤

でもさすがに自宅のパソコンに監視ソフトを入れろってのは無理なので。会社データにアクセスしたログを取るしかない。

安田

それだとデータは守れますけど、行動管理はできないですよ。

三澤

成果報酬をルールにすれば、行動管理ソフトは要らなくなります。

安田

監視する必要はないってことですか?

三澤

サボらせないための監視はいらない。

安田

リモートで100%行動管理するのは無理ですもんね。

三澤

難しいです。ただ9時〜5時で働いて給与保証するなら、管理ソフトは絶対入れておかないと。

安田

やっぱり管理しないとサボりますか?

三澤

在宅ワークの7割が昼間からお酒を飲んでるそうです。

安田

私の周りでも「お酒の量が増えた」ってみんな言ってます。

三澤

ストレスも溜まるし、生活のリズムも狂うし。

安田

酒でも飲まないとやってられないと。

三澤

そうなっちゃいますよね。

安田

管理するにしても8時間ずっとパソコンの前に座らせるって、無理があります。

三澤

頭がおかしくなっちゃいます。

安田

会社では普通にやってたことですけど(笑)

三澤

会社だからできるんですよ。

安田

かなり無理なことをさせてたってことですね。

三澤

より成果主義に近づけて行くしかないです。

安田

そのほうが自然なんでしょうね。上司が監視して、ずっと座らせておいて、サボらせないって、ほぼ拷問ですよ。

三澤

時間の切り売りで働くこと自体、無理があるんです。

安田

その最たるものが満員電車での通勤ですね。あれは相当無理させてます。

三澤

日本中の会社員を9時に出社させたらそうなります。

安田

あの時間だけで、すごいエネルギーを消費します。

三澤

すごい無駄ですよね。

安田

会議も無駄だってみんないいます。事前の根回しと資料の準備だけで、とんでもなく時間がかかるって。

三澤

オンライン会議にすると飛躍的に効率アップします。

安田

そうみたいですね。半分以下の時間で終わるって。

三澤

社内機密のような会議は難しいですけど。

安田

そういう場合はどうしたらいいんですか?

三澤

パソコン支給+監視カメラを義務づけるしかない。

安田

でも家族が聞いてる可能性だってありますよ。

三澤

確かに聞こえてしまいますね。

安田

“企業機密に関わるような会議”はリモートにはならないんじゃないですか。

三澤

本当にすごい機密情報はzoomでは無理でしょう。

安田

でも、そんなに重要な会議ってすごく少なそう。

三澤

1%もないでしょうね。

安田

だったらその時だけ本社に集まればいい。

三澤

はい。無駄な会議が減っていくと思います。ただノートパソコンの支給は必須になるでしょうけど。

安田

プライベートパソコンでは無理なんでしょうか?

三澤

やり取りした情報が個人のパソコンに残ってしまうので。退職したときにプライベートのパソコンは回収できないですから。

安田

確かに。じゃあ業務委託やフリーランスの人にもパソコンを配る?

三澤

そこまではしないと思います。契約で縛るしかない。

安田

それで100%情報漏洩を防げますか。

三澤

本当の機密情報だけ守れば十分なので。すべての情報をシャットダウンするのは無理があります。

安田

でも大企業って情報の扱いにうるさいじゃないですか。

三澤

リモートになるとそこは変わらざるを得ないです。本当に重要度の高い情報だけ厳守してそれ以外は緩くなっていく。

安田

絶対秘密にしなくちゃいけない情報がどれくらいあるのか。実は会議と同じで大したことないかもしれないですね。

三澤

そんな気がします。

・・・次回へ続く・・・

\「ネットの履歴書」ネットCM公開中/ 劇画「絶句」に注目!?

ネットをみれば人物もわかる

感想・著者への質問はこちらから