会社、商品、私。
それぞれがメディアを持って、生きていく時代になりました。

ホームページではなく、人が行き交う自社メディア。
商品パンフレットではなく、顧客が集まるプロダクトメディア。
名刺ではなく、直接人と繋がるマイメディア。

メディアを持つことは、私(商品・会社)を知ってもらうこと。興味を持ってくれる人と、直接繋がること。商談機会を生み出し、販売を行うことなのです。

オウンドメディアとは何か?
オウンドメディア(Owned Media)は、広義では、ホームページ、ブログ、ツイッターアカウントなど。狭義では、企業が運営するウェブマガジンやブログ。日本では、一般的には狭義で使われており、企業が運営するウェブマガジンを指すことが多い。

オウンドメディアの特徴
オウンドメディアは、育てるのに時間がかかるが、自社のメディアとして永続して利用できるのが特徴。オウンドメディアに、コンテンツを蓄積すると自然検索での流入が増えていく。広告は止めてしまうと、売上が落ちるが、オウンドメディアは、ストック効果があるので、広告と違って更新を止めても、アクセスが維持される。過去の記事であっても、検索やSNS経由で読まれる。

②オウンドメディアに専門性の高い記事を蓄積する事で、読者が繰り返し訪問して記事を読むようになる。記事による「役に立つ情報の提供」によって、会社が「専門家」として認識され、信用されるようになる。

③顧客ロイヤルティ(忠誠心や愛着)を高められる。顧客に役に立つ情報を出し続けると、「こんなに役立つ情報を惜しげもなく提供してくれるなんて、いい会社に違いない」という印象を与え、顧客のロイヤルティが高まっていく。ロイヤルティはビジネスにさまざまなメリットをもたらす。たとえば、他社との比較検討がされにくい、価格競争に巻き込まれにくい、継続発注をもらいやすいなど。

BFIが提供するのは、単なるホームページやLPではありません。求心力となるコンセプトを考え抜き、webでの拡散を狙ったネーミングを考え抜き、人が集まるコンテンツを考え抜く。私たちが生み出すのは、ブランディングとマーケティングのコアとなる、求心力を持ったオウンドメディアなのです。


BFIオリジナル・オウンドメディア
~PALETTE FORM(パレットフォーム)~

WEBとSNSの誕生によって、広告を介さず直接顧客と繋がることが出来る時代になりました。企業も個人も、WEB上のマイメディア(=オウンドメディア)を持つことによって、自ら情報を発信し、人を集め、ファンと繋がり、商品を販売することが可能になったのです。

PALETTE FORM(パレット フォーム)とは?

PALETTE FORMはBFIが企画開発したオウンドメディアです。3つの機能を兼ね備えています。

商品概要
・ ブランドコア(コンセプト+ネーミング)の開発
・ メディアの立ち上げに不可欠なコアコンテンツの作成
・ トップページ及び各コンテンツのデザイン
・ ワードプレスをベースとしたシステムの提供
継続的なコンテンツの作成は、商品には含まれておりません。

開発費用
企画・開発・制作・システム提供 220万円~


お問い合わせはこちら


お名前*

会社名*

役職

住所

電話番号

電子メールアドレス*

電子メールアドレス-再確認*

▼その他(任意)
ご要望、ご希望などあれば、ご自由にご記入ください。