小さなブルーオーシャンに出会う旅 第18回「経営者はこだわりを守り、従業員は生活を守ることのできる小さなブルーオーシャン」

このコラムについて

小さなブルーオーシャン?
何だかよく分からないよ。ホントにそんなので商売が成り立つの?

と思っている方は多いのではないでしょうか。何を隠そう私もそのひとりでした。私は人一倍疑り深い人間なのです。そこで・・・私は徹底的に調べてみることにしました。小さなブルーオーシャンなんて本当にあるのか。どこに行けば見られるのか。どんな業種なら可能なのか。本当に儲かっているのか。小さなブルーオーシャン探求の中で私が見つけた答えらしきもの。それはきっとみなさんにとっても「何かのヒント」になるはずです。

第18回「経営者はこだわりを守り、従業員は生活を守ることのできる小さなブルーオーシャン」


2020年4月7日に新型コロナウイルス感染拡大を防止するための緊急事態宣言が出され、先日5月25日に全面解除されました。約7週間ぶりのことです。
さまざまなSNS上でも、テレワークを実施していたために、50日ぶりに電車に乗った!という投稿が目立ちました。この記事をお読みの大半の方も、テレワークということでご自宅に籠もっていたのではないでしょうか?
さて、テレワーク中に何を感じていたでしょうか?

ある人たちは、会社に行かないと、みんなにも会えないし、寂しいな。やっぱり一人で仕事をするよりも、みんなと一緒に仕事がしたい!

と思っていたでしょう。

一方で、ある人たちは、あれ?意外と自宅で仕事をした方が効率はいいし、仕事も進むぞ。移動時間もないし、こっちの方がいいのではないか?

と思っていたことでしょう。

どちらがいい、悪いではありませんが、今後はこれまで以上に、多様な(ダイバーシティ〈Diversity〉)働き方が加速していく予感です。

経営者や人事関係の皆さまは従業員の働き方を考え、実行する、いまが変革の時かもしれません。

ずっと前からテレワーク?閑散期は休んでしまうという決断をした会社

今回は兵庫県にある株式会社ヤマヨシさん。ホームページに掲載されている事業内容としては蟹を中心とした魚介類の加工・卸売・販売です。しかし、地元の優良企業なのでしょう。旅館やお食事処、お土産店なども経営されています。旅館はジャズの流れる1日5組だけをもてなす小さな宿というコンセプトなので、小さなブルーオーシャンに近い感じなのですが、今回は旅館のことは触れません(笑)。

今回は「蟹専門店」のお話です。
京都府と滋賀県に1店舗ずつ、計2店舗を経営しています。
お店の名前は「山よし」。
この「山よし」さんは、単なる蟹専門店ではありません。
社長である山本 卓也氏自らが、兵庫県の香住で直接買い付けた
「活カニ」をウリにしています。

生きた蟹、「活カニ」にこだわっており、冷凍の蟹は一切使用しません。
「活カニ」にこだわるということは、
生きた蟹を常に、大量に、在庫しておかなければならないらしく、
山本社長のご自宅では大きな水槽に大量の蟹がいるらしいのです。

蟹を生かしておく設備を完備する、
さらに蟹を生かしておくための研究もかなりされているでしょう。

もちろんお店の水槽は「活カニ」でいっぱい。

ここまででも、こだわりのある小さなブルーオーシャンなのですが、
この山本社長は、さらに「活カニ」こだわるために、
半年間、お店を閉めてしまうのです。

小さなブルーオーシャンを生み出しているものは何なのか?

前述したとおり「山よし」さんでは、冷凍の蟹を出しません。
蟹専門店として、より美味しい蟹を提供するために
入荷量が減る4月〜9月の6ヶ月間を休みにしてしまうのです。

休みの6ヶ月間、従業員は解雇されません。
給料も支払われるらしいです。
ちょうど休みなので、ちょうどいいからと、社員旅行へも行っているようです。

今回、新型コロナウイルスの猛威により多くのお店が休みを余儀なくされていました。
家賃の問題や、従業員雇用の問題、などさまざまなことが起こりましたね。
従業員の解雇や隠れも含めて倒産していったお店もあることでしょう。
とにかくお店を存続させるために、いろいろな工夫をされているお店も多かったですね。
それはそれで、大事なことだと思いますが、
「山よし」さんのように、社長の納得のいく美味しい蟹を提供できないのなら休みにしてしまう。

この決断が、逆にお客さまの信頼を得ることになります。
ここで働きたいという人も増えるのではないでしょうか?

今回の小さなブルーオーシャンは、
お客さまの支持を得るだけでなく、
従業員や人材獲得での優位性も得られている気がします。

 


佐藤洋介(さとう ようすけ)
株式会社グロウスブレイン 代表取締役

大学(日本史専攻)を卒業後、人材コンサルティング会社に16年間勤務。ソフトウェア開発会社、採用業務アウトソーシング会社、フリーランスを経て、起業。
中小企業の人材採用、研修に携わる一方で、大学での講義、求職者向けイベント等での講演実績も多数。人間の本質、行動動機に興味関心が強い。
国家資格キャリアコンサルタント、エニアグラムファシリテーター、日本酒ナビゲーター。

 

ブルー・オーシャン戦略は、未知の新大陸を探しだす作業ではありません。
新たなブルー・オーシャンは今いるレッド・オーシャンの中に無数に存在するのです。

感想・著者への質問はこちらから