意志とエネルギー

宇宙は何のために存在しているのか。
神とはどういう存在なのか。
人間は何の為に生きているのか。
そもそもそこに理由があるのか。
それとも理由など無いのか。

全ての行動や存在には理由がある、というのが私の見解だ。
宇宙が存在することにも、神が存在することにも、
人間が存在することにも理由はある。
ではその理由とは一体何なのか。

その昔、我々人類は、地球を中心に宇宙を考えていた。
宇宙の中心は地球であり、
太陽はその周りを回っている衛星に過ぎないのだと。
だが科学が進歩し、宇宙という存在が分かれば分かるほど、
地球がいかに小さな存在であるのかを
認めないわけにはいかなくなった。

地球は太陽系の一惑星に過ぎず、
その太陽系も銀河系の中では点のような存在に過ぎず、
さらにはその銀河系でさえも
宇宙全体から見れば点のような存在なのである。
この宇宙の中心が我々人類であるはずが無い。

地球も、人類も、その他の生物も、
宇宙という大きな括りの中で、
生かされている存在に過ぎないのである。
では私たちは誰に、
どのような意図を持って生かされているのであろうか。

その存在を私たちは神と呼ぶことが多い。
宗教的なことは置いておいて、神とは一体何なのか。
それは、宇宙全体の意志のようなものではないだろうか。
宇宙には意志があり、その意志に沿って生きることが、
神の心の準ずる生き方ということである。
では宇宙全体の意志とはどのようなものなのだろう・・・

 

『[安田佳生メールマガジン] 2016.8.24 意思とエネルギー 』より冒頭引用

メールマガジンのご案内<購読無料>

安田佳生コラムの全文は、メールマガジンを登録するとお読みいただけます。
毎週水曜日配信の安田佳生メールマガジンは、以下よりご登録ください。

メールマガジン購読登録

ブルー・オーシャン戦略は、未知の新大陸を探しだす作業ではありません。
新たなブルー・オーシャンは今いるレッド・オーシャンの中に無数に存在するのです。