幸運の境目

人生というのは、私たちが想像しているよりも、
遥かに精密に出来ている。
人は出会うべき人や出来事には、必ず出会い、
その出会いによって人生は決定されていく。
どんなにその出会いを避けようとしても、
その出会いを無かったことにしようとしても、
人生は必ずどこかで帳尻を合わせて来るのだ。

私たちに出来ることは、ただひとつだけ。
それは、出会いをより良い結果に結びつけることだ。
とは言うものの、結果が訪れるのは未来の話だ。
そして、未来を知ることは私たちには出来ない。
つまり、目の前の出会いがどのような結果をもたらすのかは、
その時になってみないと分からないということだ。

幸運だと思っていた出来事が、
後々の不幸を生み出すこともあるし、
不運だと嘆いていた出来事が、
後々の幸福に繋がっていくこともある。
では私たちは何を基準にして、
目の前の出会いと対峙していけばいいのだろうか。

人は往々にして、重要な出会いを軽視してしまう。
それは、まだその時には、
本人にとっての重要な出会いには、見えないからである。
その結果、大切な縁や運を失ってしまう。
だが当の本人は、その事実には気がつかないのである。

運や縁などという非科学的な物事を、
多くの常識的な現代人は信じていないからだ。
大事なのはきちんと計算出来る結果であり、
重視すべきは効率の良い結果をもたらす活動なのだ。
運や縁を味方につける活動など、
彼らにしてみれば怪しい宗教と変わらないのである。

だが現実として、それは人生への影響力を持っている。
いや、それが人生を決定づけていると言っても、過言ではない。
それは、多くの成功者が実体験として証明している。
にもかかわらず、私たちはそれを事実としてではなく、
単なる美談として受け止めてしまう。
常識という洗脳は、それほどまでに強烈なのである。

もしも運や縁を味方につけたいのなら、常識を捨てることだ。
非常識な人間だけが、そして計算を度外視できる人間だけが、
人生の設計図を読み解くことが出来るのだ。
やるべき事は、至ってシンプルだ。
それは、自分を頼ってきた人に、全力で応えること。
お金にならなくても、何の見返りもなくても、
全力を尽くして相手をサポートする。

関わるべきは得をもたらす人ではなく、自分が力になれる人。
その出会いこそが、未来を劇的に変えていくのだ。
反対に、決して関わるべきでないのは、
自分に負の感情を抱かせる人たちだ。
その人の状況や行動を見ているだけで、
嫉妬や怒りや不安が沸き起こって来る。
そういう人とは、決して関わってはならない。

視野にも入れてはならない。
ドラマの間に流れて来るCMのように、
スルーしてしまえばいいのである。
多くの人は、大切な出会いを軽視して、運と縁を失ってしまう。
そして、どうでもいいことに心を奪われ、
不安や不運や不幸を、自らつくり出してしまう。
決して損をしない計算高い人たちが、
最後にはきっちりと、人生のツケを支払わされるのである。


尚、メールマガジンでは、コラムと同じテーマで、
より安田の人柄がにじみ出たエッセイ「ところで話は変わりますが…」や、
ミニコラム「本日の境目」を配信しています。
毎週水曜日配信の安田佳生メールマガジンは、以下よりご登録ください。

メールマガジン読者登録

ナビを使わず、直でいく

・優秀な人材を求める中小企業様が

・圧倒的に高い費用対効果で

・若手人材を“直接”採用できる

「ダイレクトリクルーティング」サービスです。