賢明な未来予測

ひと昔前は、年寄り一人を現役世代十人が支えていた。
今は二人で支えなくてはならない。
そして近い将来、一人で支えなくてはならなくなる。
そうなったら、国家は破綻するだろうと言われている。
では一体、どうしたらいいのだろう。
どんどん子供を産めばいいのか。
あるいは移民を迎え入れればいいのか。

そもそも、なぜこんな状態になってしまったのだろう。
考えるまでもなく原因は明らかである。
それは、一人の年寄りを十人で支えていたからだ。
その十人が年寄りになった。
ただそれだけの話である。
ではその年寄りを、更に十人で支えたらどうなるのか。

一人の年寄りを、常に十人で支える。
その状態を維持し続けていけば、
いずれは人口増加によって地球が滅亡するだろう。
未来永劫、人口を増やし続けることなど出来ない。
その戦略は、どこかで必ず破綻するのである。

では、人口が減り続けた場合はどうか。
そうなったら、やはり人類は滅亡してしまう。
つまり、増え続けても、減り続けても、
どこかで滅亡するのである。
当たり前の話なのだが、
人間も他の生物と同様に、適性個体数というものがある。

多過ぎもせず、少な過ぎもしない、適正な人数。
それを維持し続けることが、最も安定した、
持続可能な戦略なのである。
では何人が適正なのだろうか。
それを割り出すことは簡単ではないし、
割り出したところでコントロール出来るものでもない。
だが結果的に、人類の個体数は調整されていくだろう。

それは、個人の意志を超えて、人類全体の意志として、
あるいは地球全体の意志として、調整されていく。
既に日本では出生率が2.08を下回り、
人口は減り続ける傾向にある。
晩婚化や価値観の変化がその原因であると言われているが、
その原因の原因が何であるのかは誰にも分からない。

どんなに産めと言われても、産みたくない人は産まない。
どんなに産むなと言われても、産みたい人は産む。
だがその意志は、本当に自分の意思なのだろうか。
貧困だから産まないと言うが、
もっと貧困な頃のほうが出生率は高かった。
そして世界を見渡しても、
先進国よりも発展途上国の方が出生率は高い。

人間以外の動物を見ても、その傾向は明らかである。
成体になる確率の低い動物は、たくさんの子供を産む。
成体になる確率の高い動物は、少ない子供しか産まない。
それは、個体数をコントロールするため。
医療の進歩により、人間は死ななくなった。
そして寿命が延びた。
当然のことながら、出生率は下がる。
これは極めて自然な流れなのである。

私たちは明日の天気を予測することは出来るが、
コントロールすることは出来ない。
春の訪れも、冬の到来も、
予測することは出来てもコントロールすることは出来ない。
大事なのはコントロールすることではなく、
何が起こるのかを正しく予測することである。
人口の増加も、それによる経済発展も、いずれは終わる。
それが賢明な未来予測ではないだろうか。


尚、メールマガジンでは、コラムと同じテーマで、
より安田の人柄がにじみ出たエッセイ「ところで話は変わりますが…」や、
ミニコラム「本日の境目」を配信しています。
毎週水曜日配信の安田佳生メールマガジンは、以下よりご登録ください。

メールマガジン読者登録

あなたのバリューをスイッチングします。

その悩み、バリューの再定義が解決の糸口になるかもしれません。

現在の事業、今ある商材、ターゲット、販売方法。
それらを少しズラす事によって、新たな定義をつくり出し、
まったく新しい価値、新しい顧客、新しいマーケットを生み出す手法。
それがバリュースイッチングです。

バリューの再定義を一緒に考え抜きます。