飛車と角

人生というゲームにおいて、飛車角に相当する最強の駒。
それは紛れもなく、お金と時間である。
どんなに忙しい人も、どんなにお金がない人も、
駒を取り上げられている訳ではない。
ただ単に、その使い方を間違えているだけである。

毎日忙しいのに、ぜんぜん稼ぎが増えない。
そういう人達に共通するのは、
二つの駒の間違った使い方である。
第一に、自分の時間を簡単に売り渡してしまう。
時間を売るとは、お金をもらう代償として、働くということだ。

人は、お金と時間を、交換し合いながら生きている。
お金をもらって働くというのは、
相手のお金と自分の時間を交換するという行為。
お金を払って人を雇うというのは、
相手の時間と自分のお金を交換するという行為。

金持ちだから雇うのではなく、
貧乏人だから雇われるのでもない。
交換が上手だから金持ちになっていくのであり、
交換が下手だから貧乏になっていく、
というだけの話なのだ。

第二に、稼ぐのが下手な人たちは、
お金を使う事を必要以上に惜しむ。
生活のため、趣味のためにお金を使い、残りを貯蓄に回す。
つまり、消費と貯蓄だけにお金を使い、
投資には一切お金を使わないのである。

投資とは、株を買ったり、商売を始めたりする事で、
そのリスクはとても高い。
と、多くの人は考えている。
だから、そんなリスクは回避し、堅実に貯蓄しているのである。
だがそれは、飛車や角という最強の駒を使わずに、
将棋をしているようなものだ。

使ったら失う可能性は、確かにある。
だが使わなければ、持っている意味がない。
重要なのは飛車角を取られないことではない。
勝負に勝つことだ。
将棋も人生も、ひとつも駒を失わずに勝つことは不可能である。

素人は飛車角を失う事を恐れ、勝負に負ける。
プロは勝負に勝つ為に、あっさりと飛車角を捨てる。
重要なのは、何と交換に飛車角を捨てるのか、である。
もちろん、お金以外にも、人生ゲームの駒はある。

土地、宝石、株などの金融資産。
肩書き、実績、名誉などの社会的資産。
それらの駒を交換しながら、人生ゲームは進んでいく。
だが勝負のキーになる駒は、やはり時間とお金である。
なぜなら時間は、すべての人に平等に与えられた駒だから。
そしてお金は、あらゆるものと交換可能な、
ジョーカーのような駒だから。

すべての人は時間という駒を持って生まれて来る。
そして時間と交換に、お金をという駒を手に入れる。
大事なのは、その次の手順だ。
時間はただで手に入るが、減る一方である。
お金は何かと交換でないと手に入らないが、
いくらでも増やすことが出来る。

自分の時間を他人のお金と交換する。
自分のお金を他人の時間と交換する。
どちらが正しいというものではない。
どちらの交換も、人生には必要なのである。

大事なのはバランスなのだ。
ひたすら時間を売るという戦略は間違っている。
限りある時間を、簡単に売り飛ばしてはならない。
そして、手にしたお金を必要以上に惜しんではならない。
二つの駒を、バランス良く使いこなすのだ。


尚、メールマガジンでは、コラムと同じテーマで、
より安田の人柄がにじみ出たエッセイ「ところで話は変わりますが…」や、
ミニコラム「本日の境目」を配信しています。
毎週水曜日配信の安田佳生メールマガジンは、以下よりご登録ください。

メールマガジン読者登録

ブルー・オーシャン戦略は、未知の新大陸を探しだす作業ではありません。
新たなブルー・オーシャンは今いるレッド・オーシャンの中に無数に存在するのです。