・!DOCTYPE html>l 実績・事例| 株式会社ブランドファーマーズ・インク(BFI)

BFI Brand Farmers Inc.

  1. TOP
  2. 実績・事例

リ・バリューションの実績・事例紹介は
BFIマガジン「anotekonote」にて随時更新しております。

  • ネクストホーム

    長年、まさに「不動」のままだった不動産仲介業務の“価値”を進化させたプロジェクト。

  • やくまる

    患者さんにも、そして現代医療においても必要不可欠な新たな薬剤師サービス。その船出を、最高の船出にしていくプロジェクト。

  • 解放区

    空き家問題を、別の角度から考えたら、「新しい働き方の提案」という答えに行きついた。地域活性にもつながる、大胆で、あたたかいプロジェクト。

ネーミングは、じつは
最も力を入れるべき
表現コミュニケーション。

どんなに素晴らしい新商品や新サービスでも、その存在の「伝え方」次第で、その商品やサービスの“印象”や“広まり方”はとても大きく変わってきます。その「伝え方」の柱となるのが、ネーミング。人は商品やサービスに接する時、必ずネーミングから、何かしらの情報を受け取ろうとします。ネーミングを聞くだけで、商品やサービスの内容がある程度想起できれば、そのぶん中身の解説は不要になり、さらに覚えやすく、かつ印象に残るものであれば、何度も覚えてもらうためのコミュニケーションをする必要がなくなってくる。ネーミングがしっかり考えて作られていれば、広告を大量に打たずとも効率的に認知され、かつ、このスマホ時代でもしっかりネーミングで検索されるようになります。さらにネーミングは、商品のパッケージデザインや店舗デザインなど、世界観にも大きく影響を与えるもの。印象をどのように残すか、という点でも、ネーミングは練りに練る必要があります。

ネーミング3原則

新しさ
覚えやすさ
サービス内容の
伝わりやすさ