【18RT】学びはどこにあるのか

こんにちは。中小企業のブランドづくりを支援するBFIブログ編集部です。

 

親しみやすいキャラクターと個性的な気象解説で人気のお天気キャスター森田正光氏。

てっきり気象が好きな方だとばかり思っていましたが、6月18日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)に
「興味がない仕事を適当にやっていたから自分のミスは予報できなかった先生」
として登場しました。

ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

そんな森田氏が最後に数々の失敗から学んだこととして次のようにコメントしています。

元々仕事に興味がなかった僕でも、責任感を持って働き、ここまで来れた。責任感を持つことで人生は変わる。つまらないとか自分に合っていないというようなことを考えるのは、ある意味責任感を感じていない証拠。今後もその職場でやっていこうと思うのなら、どんな小さな仕事でもその責任を果たすことが極めて重要。その積み重ねによって成長し、より責任のある仕事を得られるようになり、それがお金にもつながっていく

(ニュースウォーカー 2017年6月19日(月))

 

失敗はできるならしたくないもの。
そして目をそむけたくなることも……。
でも失敗に正面から向き合うことで、森田氏は大切なことに気付いたのかもしれませんね。

そしてそんな森田氏の言葉だからこそ、多くの方の胸に響いている気がします。

 

安田は、学びについて以下のつぶやきをしていました。

 

「得る事による学び」も「失う事による学び」も、生きていく上では必要不可欠なのでしょう。

あなたは、今日何をすることで、どんなことを学びましたか?

ナビを使わず、直でいく

・優秀な人材を求める中小企業様が

・圧倒的に高い費用対効果で

・若手人材を“直接”採用できる

「ダイレクトリクルーティング」サービスです。