【GlobalPicks/vol.089】LONDON(UK)の注目スタートアップ

GlobalPicks 〜海外の情報を読み解いて、ビジネスに付加価値を投薬する方法〜
著者:小出 紘道



先週からは、LONDON(UK)の注目スタートアッを紹介していきます。
EU-Startupsというサイトから見つけてきました。


10 London-based startups to look out for in 2019 and beyond
2019年以降注目のロンドン拠点のスタートアップ10社
https://www.eu-startups.com/ 2019/07/10-london-based- startups-to-look-out-for-in- 2019-and-beyond

先週は、 Wagestream社のサービス紹介とともに、「今のLONDON(UK)」を表す3つの大きなBuzzWordとして、造語としての「Brexit」の由来と、トランプよりイカれた「Boris  Johnson」と、#MeToo運動のイギリス的解釈としての「Toxic」を紹介しました。

今週は、下記の紹介です。

ITCH
(https://www.itchpet.com/)

—原文
ITCH is the new kid on the pet tech block. Developed in collaboration with veterinary experts, ITCH’s first product is a tailored monthly flea subscription service that makes it easy for pet owners to prevent and treat flea infestations.


ITCHは、Pet Tech(ペットテック)界隈のニューカマーで、veterinary(獣医)とコラボして開発されました。
ITCHの最初の製品は、月額課金のサブスクで、飼い主が手軽で簡単にペットのflea(ノミ)の蔓延を防ぐことが来ます。

ペットをflea(ノミ)から守る商品のサブスクですね。
自分のペットの合ったパッケージを毎月郵送で届けてもらえるようです。
月額6.5ポンド(1000円弱)~ということですが、僕ペットいないので「高いのか安いのか?」「そもそもノミの対策ってするものなのか?」も含めて全然わかりません、、、。
ただ、ググってみたらイギリス(特にロンドン)では結構このサービスが浸透しているようです。

話は変わりますが、フリマってあるじゃないですか。フリーマーケット。
これって英語だとFlea marketです。fleaはノミなので「ノミの市」です。
よくFree marketと標記されていますが、Free marketは経済学で言う「自由市場」なので、青空市的なフリマとは違いますね。

さて、Pet Tech(ペットテック)も例に漏れず●●Techバブルの波に乗って広がっているわけですが、主流はアメリカ企業です。
Uberのペット散歩版というのがアメリカにはありまして、「ペットをお散歩させて欲しい人」と「ペットの散歩をしてお小遣いを稼ぎたい人」をマッチングさせるオンデマンドサービスで、Uberと同じくソフトバンクのビジョンファンドが出資しています。We Workが絶賛炎上中のビジョンファンドですね。

WagのHP(https://wagwalking.com)を見てみると、基本「犬」が対象ですが、「散歩」だけでなく「しつけ」「宿泊」なども、マッチングしてサービス提供しているようです。

ソフトバンクのビジョンファンドが、ワンちゃんのスタートアップに投資したのは、Uberと同じビジネスモデルということに加え、ソフトバンクの「CM犬」とブランドイメージ的に掛けたんでしょうかね。
そのうち、日本にも展開されて、例の「CM犬」でPRするでしょう、と予想しておきます笑
で、日本でのサービス名ですけど、「散歩」サービスということで、件の炎上中「We Work」に掛けて「We Walk」にしてきたら、ちょっと面白過ぎですねww

失礼しました、、、。
Flea MarketとFree Marketの話は重要で、We WorkとWe Walkの話はどうでもいいので忘れてください。。。

 


「本コラムと、本業ビジネスとの関係」(著者・小出紘道より)

本業ビジネスでは「マーケティング&戦略コンサル」の仕事と、「高付加価値情報提供サービス」の仕事をしています。本コラムは後者の「高付加価値情報提供サービス」の初級編としての入り口となればいいな、と思ってます。世界の誰かが”既にかなり研究したり、結論を出している”にも関わらず”日本では流通していない数値情報や文字情報”がたくさんあります。それらの情報を、日本のマーケットにフィットするように編集・分析すれば「競合他社」や「競合他者」を出し抜ける可能性が高まります。法人向けのサービスとなっていますので、詳細はFace to Faceでお伝えしますね。

著者情報

小出紘道 (HIROMICHI KOIDE)

◆株式会社シタシオン ストラテジックパートナーズ
代表取締役社長
http://citation-sp.co.jp

◆株式会社シタシオンジャパン
取締役会長
http://www.citation.co.jp

◆株式会社 イー・ファルコン
取締役
http://www.e-falcon.co.jp

<いわゆる経歴>
・2000年 株式会社東京個別指導学院に新卒で入社して、11ヶ月だけ働いてみた(→早めに飽きた)
・2001年 イギリスに行って、University of Londonで経済と国際関係を学んだり、Heriot-Watt Universityで経営学(MBA)をやってみた(→めちゃくちゃ勉強した)。この間に、イギリス人の友人とロンドンで会社を作ってみた(→イマイチだった)
・2003年 シタシオンジャパン社でマーケティングをやり始めてみた(→ろくにエクセルも使えなかった)
・2007年 シタシオンジャパン社の代表取締役社長になって経営をやってみた(→やってみてよかった)
・2018年 シタシオンジャパン社の社長を仲間に託し、引き続き会長としてコミットしつつも、シタシオンストラテジックパートナーズ社を設立してみた(→今ここ)

 

著者ページへ

一緒に事業START

感想・著者への質問はこちらから