赤い出口、青い出口 第22回「感謝を忘れた会社」

このコンテンツについて
自覚して生きている人は少ないですが、人生には必ず終わりがやってきます。人生だけではありません。会社にも経営にも必ず終わりはやって来ます。でもそれは不幸なことではありません。不幸なのは終わりがないと信じていること。その結果、想定外の終わりがやって来て、予期せぬ不幸に襲われてしまうのです。どのような終わりを受け入れるのか。終わりに向き合っている人には青い出口が待っています。終わりに向き合えない人には赤い出口が待っています。人生も会社も経営も、終わりから逆算することが何よりも大切なのです。いろんな実例を踏まえながら、そのお話をさせていただきましょう。

第22回 感謝を忘れた会社

【ウガンダでのスピーチ】

ここ数年、お世話になっているヨシノ自動車の社長とともに、ウガンダの現地法人に訪問しています。ヨシノ自動車は、日本ではトラックディーラー。ウガンダでは首都のカンパラに、日本の中古トラックを販売する関連会社があります。
現地法人で働く日本人は1人。その他は20人ほどのウガンダ人が働いています。
国民性だそうですが、ウガンダ人はとても内気で、優しい性格の社員さんばかりです。訪問時には全社員が参加するパーティーが催されるのですが、そのパーティーの席上、社長(ボス)あてに感謝の言葉を伝える時間があります。

昨年は、女性の社員がスピーチしてくれました。
「トラックを販売するということは、ウガンダが発展するということに繋がります。この仕事につかせてもらっている私は、それを誇りに思っています。そして、会社をつくってくれたボスには本当に感謝しています。私は家族にも、友達にも、みんなに私は幸せなのよと伝えています。本当にありがとうございます。私達はこれからも一生懸命に働きます。」
ストレートな表現に、涙がでてきました。
日本では受けたことのないような、感謝をされたのです。(私に向けた感謝ではありませんでしたが)
社長の顔は見ていません。多分感動されていたことでしょう。

【ムネオは感謝されている】

ボランティアや援助、発展途上国ときくと、私達は裏があるのではないかと警戒します。
例えば、一昔前に、ロシアに「ムネオハウス」なるものがあるとのニュースがありました。援助のお金で政治家個人が称賛されて、建物までつくらせて。「ああ、金と名誉の亡者なのね。いやらしい。」そう感じたものです。

動機の是非はともかくとして、世界ではお金や教育、仕事などを平等に得る機会が、驚くほど少ないのを感じます。そこで生きていてもチャンスが見いだせないのです。

ヨシノ自動車は輸出ビジネスとしてウガンダに行ったところ、現地で働くチャンスをつくり、お客様はもとより従業員に対しても、大きな喜びを生み出したのでした。「ムネオハウス」もおそらくそうでしょう。政治的な思惑もあったのかもしれませんが、現地では、教育や仕事を得た人がいるはずです。その人達の喜びは相当なものだったのだろうと想像できます。

【感謝を忘れた会社員】

現在の日本では、就業や成長の機会があるのは当然のことだ、と感じているフシがあります。給料が高い低いが、良い会社かどうかのモノサシになっています。会社のことを「給料を引き出すことができるATM」のような気持ちになるのは、今の日本企業において、いたしかたないのかもしれません。
一方で、事業家、経営者も、給料を上げないと残ってくれないならと、半ば義務的に給料を上げるようになります。

これが長い年月をかけて、企業が作ってきた関係性の最適解なのでしょうか。

経営者は社員が働いてくれることに感謝して、働く側は就業や成長の機会に感謝する。
この感謝を介した関係性が薄くなった会社の出口は、果たしてどこにあるのでしょうか。

【経営者の喜びとは】

経営者や事業家は、事業やビジネスを推し進めることで、社会にインパクトを与えたり、お客様、従業員の幸せを実現していくことが仕事であり、喜びです。

もし私が組織を持つ経営者なら、ウガンダや「ムネオハウス」のように、喜びがストレートに感じられると嬉しいですし、感謝されるならいくらでも事業をやっていきたいと思います。そんな喜びを感じることができる事業のほうが、魅力的に映ると思います。

「感謝を忘れた会社」には、事業家や経営者にとって、社会的インパクト、感謝や喜びを実感することできません。ということは、これから、事業家や経営者の興味も薄れていくような気がします。
だって心身を削って、時には財産を突っ込んで経営しても、あんまり喜んでくれないなんて悲しいじゃないですか。

 


- 著者自己紹介 -

人材会社、ソフトウェア会社、事業会社(トラック会社)と渡り歩き、営業、WEBマーケティング、商品開発と何でも屋さんとして働きました。独立後も、それぞれの会社の、新しい顧客を創り出す仕事をしています。
「自分が商売できないのに、人の商品が売れるはずがない。」と勝手に思い込んで、モロッコから美容オイルを商品化し販売しています。<https://aniajapan.com/>
売ったり買ったり、貸したり借りたり。所有者や利用者の「出口」と「入口」を繰り返して、商材を有効活用していく。そんな新規マーケットの創造をしていきたいと思っています。

出口にこだわるマーケター
松尾聡史

安田佳生とおこなう「スイッチミーティング」

「広告費を削減したい」「競争に巻き込まれない商品を手に入れたい」という経営者のみなさま。発想をスイッチして、「新しい商品」と「新しい顧客を」つくってみませんか?

感想・著者への質問はこちらから