日曜日には、ネーミングを掘る #024 織田裕二

織田裕二、という役者さんがいる。

1987年4月公開の東映映画
『湘南爆走族』でデビュー。
4年後のフジテレビ系ドラマ
『東京ラブストーリー』の
永尾完治(カンチ)役で大ブレイク。
以後、役者のみならず歌手としても活躍し、
TBS放映の『世界陸上』の
メインキャスターとしても知られている。

織田裕二オフィシャルサイトへ

ところが、この織田氏。

真島誠司という名前で、
イーデザイン損保
という会社でも働いている。
担当は、自動車保険。
事故が起こった際の解決の
プロフェッショナルとして、
日々お客さまと向き合っているのだ。
事故対応は人間の感情渦巻く
厄介な仕事である。
役者として積み重ねてきた演技力を
買われてのヘッドハントと推察される。

同社ウェブサイトへ

これだけはない。

織田氏は、
じつは佐川急便の社員でもあるのだ。
名前は明かされていないでが
(おそらく本名で働いているのだろう)、
先進的ロジスティクスプロジェクトチーム「GOAL®」のリーダーとして、
顧客企業の課題解決を行うために
国内外を飛び回っている。
(おそらく移動中にセリフを覚え、
出張中に自動車事故は
起こらない強運の持ち主なのだろう)

同社ウェブサイトへ

役者であり、
損保会社の社員であり、
物流会社の社員でもある
織田裕二氏にむろん罪はない。

罪深きは、いまだに
このような手法で視聴者を
だませると思っている
企業と広告代理店なのだ。

ブルー・オーシャン戦略は、未知の新大陸を探しだす作業ではありません。
新たなブルー・オーシャンは今いるレッド・オーシャンの中に無数に存在するのです。

感想・著者への質問はこちらから