小さなブルーオーシャンを追え
第16回『クレームの火種人材を断つ』

株式会社ソルナが開発した究極の履歴書。それがネットの履歴書』これまでの履歴書や職務経歴書とは何が違うのか。なぜ究極と言えるのか。その秘密に迫ります。

小さなブルーオーシャンを追え
〜ネットの履歴書〜

第16回『クレームの火種人材を断つ』

 

安田

こんなこと言ったら怒られそうですけど。

三澤

何ですか?

安田

過労死の中には「仕事だけで過労になったわけじゃない」って人、いるんじゃないかと思うんですよ。

三澤

いるでしょうね。

安田

パワハラにしても、元々ちょっと弱ってた人とか、絶対いますよね。

三澤

いると思います。

安田

「会社のせいで病気になった」とか「自殺した」とか言われてますけど。

三澤

基本的にマスコミは弱者の味方なんですよ。

安田

別に企業の肩を持つ気はないですけど。ちょっと偏りすぎじゃないかって。

三澤

『ネットの履歴書』で調べると、元々「死にたい、死にたい」とつぶやいてる自殺願望のある人っていますから。

安田

そういうのって、裁判したら勝てるんですか?たとえば会社での過労だけじゃなくて、「夜中ずっとゲームしてた」みたいなのが証明できれば。

三澤

証明できれば、あんなに損害賠償は来なかったはずです。ただ家の中でやってることなので証明するのは難しい。ご家族がそんな情報を出すわけがないし。

安田

なるほど。『ネットの履歴書』では、入社前のそういう傾向みたいなものは、調べられるんですか?

三澤

はい。すでに出てきているものもあります。

安田

たとえば、どんなのが出てくるんですか?

三澤

アルコール中毒とか。

安田

アルコール中毒?

三澤

はい。他にも「夜中までゲームで課金して遊んでた」とか。

安田

「課金してます」みたいなことを、自分で書いてるってことですか。

三澤

友達とのやり取りの中で「今月2万円もいっちゃったよ」とか、そういう感じで出てきます。

安田

へぇ。

三澤

ギャンブル癖とか、女性関係のトラブルとか、そういったものは一通り出てきます。

安田

ギャンブル、女、ゲーム、アルコールですか。

三澤

まあ、いわゆる世間一般で言う「中毒」みたいなもの。お金をすごい散在してたり。

安田

お金にルーズとか、時間にルーズとかって、調べたら分かるんですか?

三澤

情報があればもちろん出てきます。ただ時間に関しては少ないイメージですね。

安田

アルコールとか、ギャンブルのほうが、出てる?

三澤

そうですね。

安田

でも自分では「アル中です」とは書かないでしょ?

三澤

それが自分で書いてたりするんです。

安田

そうなんですか!?

三澤

「アルコール中毒で、まわりからこんなふうに慰められた」とか。

安田

「アル中の人を事前に見抜きたい」という企業からの要望はあるんですか?

三澤

トラック業界とか物流関係だと、かなり重要ですね。

安田

ああ、なるほど。事故につながりますからね。

三澤

はい。ドライバーはアル中には特に厳しいです。

安田

まあ、そうあるべきですよね。一般企業でもアル中には厳しいんですか?

三澤

基本的にはそうです。ただ、採用しちゃうと、それを理由には中々辞めさせられない。

安田

そうですよね。仕事中に何かあったら別なんでしょうけど。

三澤

トラブルを起こして会社に損害を与えたとしても、いまの労基だと辞めさせられないです。

安田

じゃあ、やっぱり依存症の人は、事前に見抜いておいたほうがいいですね。

三澤

そう思います。とくにアルコールとギャンブル。

安田

ギャンブルも?企業に害を与える?

三澤

塾なんかだと、生徒のお母さんがネットで見つけて「この先生ギャンブルばかりやってる」みたいに広がっちゃう。

安田

なるほど。塾のイメージが悪くなると。

三澤

それと、ギャンブルしてる人は経理につけたくない。

安田

それは「負けたら会社の金に手を付けるかも」っていう?

三澤

そうです。私も自分の会社で雇うのは嫌ですからね。

安田

でも、どこからがギャンブル依存なんですか。たとえば月1回パチンコに行くとかだったら?

三澤

ギャンブルの内容にもよりますけど、例えば週末は必ず競馬場っていうのはちょっと気になりますね。

安田

なるほど。最近ニュースになったOB訪問でのセクハラとかはどうですか?ああいうのも傾向は出てくるんですか。

三澤

暴力的なものとか、女性関係の問題とかは、友達の話をまとめていくと傾向は出てきますね。

安田

たとえばどんな情報が出てくるんですか?

三澤

くら寿司の“バカッター”は「彼女とのいかがわしい動画とかイラスト」をいっぱい上げてました。

安田

じゃあ、ちょっとでも問題がある人は、採らない方がいい?

三澤

いや、就く仕事によっては「まあいいか」と許される場合もあります。逆に「この業界だけは絶対ダメ」っていうのもある。

安田

許される業界なんてあるんですか?

三澤

たとえばロリコン癖の人は、塾はまずいですけど、トラック業界だったら許容範囲。ひとりでトラックを運転して、まわりも男ばっかりだし。

安田

でも、分かってたら採りたくないですよね。きっと。

三澤

トラック会社の人がわいせつで捕まっても、会社はあまり痛まないんですよ。

安田

痛まない?

三澤

塾はダイレクトに来るんですよ。影響が。整体とか、ジムとか、フィットネスもそう。

安田

なるほど。評判が下がって売上を直撃すると。

三澤

はい。かなり下がる。

安田

採用担当者の責任は大きいですね。

三澤

紹介会社の責任も重いんですよ。

安田

そうでしょうね。

三澤

はい。紹介した人が何かやらかしたら大クレームになる。

安田

派遣の場合もそうですか?

三澤

いや、派遣の場合は「どうせ派遣さんだから」ってことで、そんなに責められない。

安田

そうなんですか。

三澤

「ウチの社員さんじゃないもんね」みたいな感じ。

安田

じゃあ、派遣元の責任になる?

三澤

もちろん派遣元の責任なんですけど、大きなクレームにはなりません。

安田

そうなんですか。

三澤

はい。むしろクレームになるのは、派遣が社員っぽく振る舞うこと。

安田

どういうことですか?

三澤

トヨタに派遣されてるスタッフが、悪意なくプロフィールの勤務先欄に「トヨタ」って書いてたそうなんですよ。

安田

まあ、間違ってはいないですよね。

三澤

トヨタの社員に怒られたそうです。「おまえは派遣じゃないか!」みたいな。

安田

そんなことで怒るんですか?

三澤

結構なクレームになって、大手の派遣会社だったんですが、役員が出てやっと収まったと。

安田

なんか懐小さいなって感じですけど。世界のトヨタが。

三澤

それぐらい、自社のブランドイメージには敏感なんですよ。

・・・次回へ続く・・・

ネットをみれば人物もわかる

感想・著者への質問はこちらから