人間交換日記 69通目「そもそもの先にあるもの」安田

人間交換日記

「すべての人は、すごい可能性を秘めている」と信じる大野と、「多くの人は目的などなくただ存在しているだけ」と断ずる安田。人間の本質とは何か。人は何のために生きているのか。300文字限定の交換日記による言論バトル。


69通目/安田からの返信
「そもそもの先にあるもの」

そもそもは奥が深いです。なぜならそこにはゴールがないからです。そもそも宇宙とは何なのか。太陽系の外には銀河系があり、銀河系の外にはさらに大きな宇宙がある。宇宙をどんどん進んで行ってもゴールがありません。反対もまた同じです。そもそも物質とは何なのか。物質の中には分子があり、分子の中には原子核があり、原子核の中には陽子や電子があり、その中にも永遠に何かが連なっている。どんなに進んでもそこにはゴールがない。お金儲けも、仕事も、恋愛も、同じではないでしょうか。物事はすべて小さな宇宙です。そこには明確なゴールがありません。ではなぜゴールがないのか。考えるべき真理がそこにあるような気がします。

前回68通目/大野「そもそも自分らくしできないのも自分」

安田さんへ

なるほど!死んでないだけというのに近い生きる姿から、「ちゃんと生きる」の違いはまさにそこにありますね。思考を軸として、感情と行動の反復運動、往復運動の中で、改善と飛躍、あるいは、挫折と行き止まりや登った梯子を途中で降りるなど、自分自身を生きるという感覚を思い出していく。それは自分探しとは全く違う。自分らしさを求めることとも違う。そもそも自分らくしできないのも自分。その自分から逃れるように他を探しても見つかりゃしない。しかし、うかうかしていることに麻痺してくると、容赦ない多忙という時の流れの中で、荒波に揉まれて、次第に「そもそも」ということを考えなくなってしまいますものね。

ー大野より

 

前々回67通目/安田「ちゃんと生きたい」

大野さんへ

考えるとは何か。それは人によって違うのではないでしょうか。目的によっても変わりますね。私の場合は「そもそも」を追求することです。「そもそも何のために勉強するのか」「そもそも何のために働くのか」「そもそも何のために考えるのか」それを突き詰めていくと、「自分は何のために生きているのか」という問いに行き着きます。究極的に私はちゃんと生きたいのです。ではちゃんと生きるとは何なのか。金持ちになることなのか、自由になることなのか、嫌なことをやらないことなのか。考え、それを実践し、「ちょっと違うようなあ」と思ったらまた考えて、また実践する。この繰り返しです。ちゃんと生きるって結構難しいんです。。

ー安田佳生より

 

これまでのやり取り

交換日記をする二人



火曜日
安田佳生(やすだ よしお)

1965年生まれ、大阪府出身。
2011年に40億円の負債を抱えて株式会社ワイキューブを民事再生。自己破産。1年間の放浪生活の後、境目研究家を名乗り社会復帰。

●金曜日
大野栄一(おおの えいいち)
株式会社一番大切なこと 代表取締役
https://ichibantaisetsunakoto. com
https://www.sugoikaigi.jp/coach/eiichiono/

ブルー・オーシャン戦略は、未知の新大陸を探しだす作業ではありません。
新たなブルー・オーシャンは今いるレッド・オーシャンの中に無数に存在するのです。

感想・著者への質問はこちらから