人間交換日記 71通目「偶然なんてあり得ない」安田

人間交換日記

「すべての人は、すごい可能性を秘めている」と信じる大野と、「多くの人は目的などなくただ存在しているだけ」と断ずる安田。人間の本質とは何か。人は何のために生きているのか。300文字限定の交換日記による言論バトル。


71通目/安田からの返信
「偶然なんてあり得ない」

人間の体もそうです。よくもまあこんなに繊細に、そしてこんなに完璧にできてると感心します。眠っただけで回復し少しずつ老いてゆく体。70〜80年という絶妙な寿命。心を病むと胃に穴が空くという不思議な現象。どれを取っても不思議なことばかり。ガラクタが偶然ボーイング747にはならないように偶然人間ができたとは思えない。何らかの意図を持って誰かがつくった。そうとしか考えられないし、そう考えないほうがよほど非科学的だと思います。ただ私はそれを「神」という言葉で片付けたくはありません。何らかの意図もしくは意志がそこにはある。ではどんな意図・意志なのか。それを考えることが生きる目的なのかもしれません。

前回70通目/大野「この飛行機は竜巻によって偶然出来上がった」

安田さんへ

確かに!
諸説ありますが、宇宙は約137億年前に超爆発によって誕生し、現在の宇宙になる為の絶妙な膨張速度が偶然得られる確率が1,000兆分の1。けれど、フレッド・ホイルという博士はビッグバンを否定していて、生命は宇宙で進化し、胚種によって宇宙全体に広がったというパンスペルミア仮説を唱えました。そして、最も単純な単細胞生物がランダムな過程で発生する確率は「がらくた置き場の上を竜巻が通過し、その中の物質からボーイング747が組み立てられる」のと同じくらいだと喩えています。出張で飛行機に乗り込もうとした時、「知ってますか?この飛行機は竜巻によって偶然出来上がったんです。」と僕が言ったらどう思います?

ー大野より

 

前々回69通目/安田「そもそもの先にあるもの」

大野さんへ

そもそもは奥が深いです。なぜならそこにはゴールがないからです。そもそも宇宙とは何なのか。太陽系の外には銀河系があり、銀河系の外にはさらに大きな宇宙がある。宇宙をどんどん進んで行ってもゴールがありません。反対もまた同じです。そもそも物質とは何なのか。物質の中には分子があり、分子の中には原子核があり、原子核の中には陽子や電子があり、その中にも永遠に何かが連なっている。どんなに進んでもそこにはゴールがない。お金儲けも、仕事も、恋愛も、同じではないでしょうか。物事はすべて小さな宇宙です。そこには明確なゴールがありません。ではなぜゴールがないのか。考えるべき真理がそこにあるような気がします。

ー安田佳生より

 

これまでのやり取り

交換日記をする二人



火曜日
安田佳生(やすだ よしお)

1965年生まれ、大阪府出身。
2011年に40億円の負債を抱えて株式会社ワイキューブを民事再生。自己破産。1年間の放浪生活の後、境目研究家を名乗り社会復帰。

●金曜日
大野栄一(おおの えいいち)
株式会社一番大切なこと 代表取締役
https://ichibantaisetsunakoto. com
https://www.sugoikaigi.jp/coach/eiichiono/

ブルー・オーシャン戦略は、未知の新大陸を探しだす作業ではありません。
新たなブルー・オーシャンは今いるレッド・オーシャンの中に無数に存在するのです。

感想・著者への質問はこちらから