【GlobalPicks/vol.028】 Wedding Ideasが選ぶ「2018年の結婚市場についておさえておくべき40のポイント」を紐解いてみる(第5回)

GlobalPicks 〜海外の情報を読み解いて、ビジネスに付加価値を投薬する方法〜
著者:小出 紘道

Wedding Ideasが選ぶ「2018年の結婚市場についておさえておくべき40のポイント」を紐解いてみる(第5回)

前回に引き続き、Wedding Ideas(ウェディングアイデア) からPick Upしています。

欧米でのウェディング業界のトレンド・流行りを見ながら色々と考察しています。

<記事タイトル>
★40 MUST-SEE REAL WEDDING TRENDS FOR 2018
→2018年の結婚市場についておさえておくべき40のポイント

40の「流行りのポイント」があるのですが、記事は結婚市場をいくつかにカテゴリー分けしています。

カテゴリ1 Bridal Fashion Trends
カテゴリ2 Wedding Decor & Styling Trends
カテゴリ3 Wedding Cake Trends
カテゴリ4 Wedding Flower Trends
カテゴリ5 Entertainment Wedding Trends
カテゴリ6 Wedding Food Trends

今回は「カテゴリ2 Wedding Decor & Styling Trends」の後半を見ていきます。

★Wedding Decor & Styling Trends(ウエディングの装飾とスタイリングについてのトレンド)

Highlight Heritage(伝統を強調する)

—原文
Injecting elements of personality shows guests more about the couple’s cultural background. This couple, who have roots in Ukraine, purchased small Matryoshka dolls popular in the region and used these as name cards. 

→(パーティーで利用するモノに)個性が表現できるような要素を見せることで、パーティの出席者に新郎新婦のcultural background(文化的背景)を見てもらえる。この写真の例(下記)では、Ukraine(ウクライナ)にルーツをもつ新郎新婦が、小さなマトリョーシカをネームカードとして使っています。

diversity(ダイバーシティ:多様性)が絶対的な「正義」の座を掴み取ろうとしているこの世の中wで、自らの出自や、文化的なバックグラウンド(田舎生まれや、外国籍であることは、diversityの観点から望ましいプレゼンテーションになります)を進んで表現するようなパーティ演出が好まれています。
ウエディングパーティだけでなく、企業の中でのアイデアコンテストのようなコンペや、スタートアップ企業が資金調達をする、いわゆるpitch(提案プレゼン)の時も、必ず「勝負ポイント」になる観点ですね。

その悩み、バリューの再定義(バリュースイッチング)が解決の糸口になるかもしれません。

現在の事業、今ある商材、ターゲット、販売方法。
それらを少しズラす事によって、新たな定義をつくり出し、
まったく新しい価値、新しい顧客、新しいマーケットを生み出す手法。
それがバリュースイッチングです。

バリューの再定義を一緒に考え抜きます。

感想・著者への質問はこちらから