【GlobalPicks/vol.029】 Wedding Ideasが選ぶ「2018年の結婚市場についておさえておくべき40のポイント」を紐解いてみる(第6回)

GlobalPicks 〜海外の情報を読み解いて、ビジネスに付加価値を投薬する方法〜
著者:小出 紘道

Wedding Ideasが選ぶ「2018年の結婚市場についておさえておくべき40のポイント」を紐解いてみる(第6回)

前回に引き続き、Wedding Ideas(ウェディングアイデア) からPick Upしています。

欧米でのウェディング業界のトレンド・流行りを見ながら色々と考察しています。

<記事タイトル>
★40 MUST-SEE REAL WEDDING TRENDS FOR 2018
→2018年の結婚市場についておさえておくべき40のポイント

40の「流行りのポイント」があるのですが、記事は結婚市場をいくつかにカテゴリー分けしています。

カテゴリ1 Bridal Fashion Trends
カテゴリ2 Wedding Decor & Styling Trends
カテゴリ3 Wedding Cake Trends
カテゴリ4 Wedding Flower Trends
カテゴリ5 Entertainment Wedding Trends
カテゴリ6 Wedding Food Trends

今回は「カテゴリ3 Wedding Cake Trends」を見ていきます。
2018年のウエディングでは、どんなケーキが流行っているのか?
3つの「流行りのケーキ」を紹介します。
というか、ケーキにも「流行り」があるんですね(笑)

★Wedding Cake Trends(ウエディングケーキのトレンド)

Ruffled Cakes(ラッフルケーキ)

—原文
Want to rock a rustic look for your wedding cake but not quite ready to relinquish tradition? Ruffled cakes offer the best blend of both, embracing classic flowers and ivory icing with a relaxed, ruffle effect.

→ウエディングの田舎臭い感じにインパクトを与えたいけども、これまでの伝統を捨て去るのはちょっと抵抗ありませんか?ラッフルケーキは、伝統的な花の飾りと、アイボリーホワイトの糖衣がちょうどいい感じにブレンドされています。

ちょっと形容が難しいのですが、ラッフルケーキ(ちなみに初耳)というのは、「ひだ飾りがついたケーキ」のことみたいです。「エアリーなフリルのケーキ」と表現されることもあるようです。業界ではちゃんと通じるようです(笑)
はい、まず1つ目はラッフルケーキが流行ってますよ、ということです。

 

Cheese Cakes(チーズケーキ)

—原文
Give your evening buffet a mouth-watering makeover by dishing up a tower of cheeses.

→ウエディングパーティの夜のbuffet(ビュッフェ)を、チーズのタワー盛りで、mouth-watering(よだれの出そうな)makeover(イメージチェンジ)しましょう。

これ、写真をよく見ると、「ホールのチーズの形」をした様々な種類のチーズケーキが、一段ずつ積み上がっているようですね。で、ゲストが自分の好きな「チーズ」のケーキを選べるようにするのが、トレンドということみたいです。

はい、2つ目はチーズケーキをタワーみたいに積み上げるケーキが流行ってますよ、ということです。

 

ブルー・オーシャン戦略は、未知の新大陸を探しだす作業ではありません。
新たなブルー・オーシャンは今いるレッド・オーシャンの中に無数に存在するのです。

感想・著者への質問はこちらから