【GlobalPicks/vol.071】2020-2030年に有望なビジネスアイデア15個

GlobalPicks 〜海外の情報を読み解いて、ビジネスに付加価値を投薬する方法〜
著者:小出 紘道



先週までは、Small Business Trendsから現在世界各国で実際に運営されているユニークな 事業について紹介しました。今週からは、 Entrepreneur Journal Reviewという、 かなりマイナーな起業系サイトから2020- 30年に有望そうなビジネスアイデアを紹介します。

今回の記事はこれ

The Top 15 Future Business Ideas For 2020-2030 
https://www.webmarketing123.com/future-business-ideas/
2020-2030年に有望なビジネスアイデア15個

最初に15 個をリストにしておきます。

1 Marriage Counseling And Therapy
2 Marijuana Cigarette Manufacturing
3 Grow Meat In A Lab
4 Vertical Farming
5 Control The Water
6 Solar Power
7 Start A Food Truck
8 Car Sharing Business
9 Asteroid Mining
10 Car Charging Stations
11 Robotics
12 Box Subscription Services
13 Wind Energy
14 3D Printing
15 Veterinarian Businesses

では、早速みていきます。

2. Marijuana Cigarette Manufacturing
マリファナタバコの製造

—原文
This is perhaps one of the more popular notions – and its popularity in futuristic business ideas continues to grow every nearly daily.
In many states, Weed is now completely legal – even for recreational use.


今回のアイデアの中でも、 これはきっともっともポピュラーなアイデアでしょうし、 将来のビジネスアイデアという領域で日に日に存在感を増してます 。多くの州で、 マリファナは娯楽用も含めて完全に合法になってきています。

マリファナ関連商品のマーケットへの参入は、Too Late(遅すぎ)感がありますね。欧米では無数の企業が「 合法化」をきっかけに参入してますし、 今後も大企業の参入が予定されていたり、 予想されていたりします。

「医療用大麻の合法化→娯楽用大麻の合法化」 という方向に先進国全体(ただし日本を除く) が舵を切りつつある今日、個人が参入できる領域は「マリファナ関連商品の製造」ではなく、「マリファナ関連商品を取り扱う各種サロン」 などではないでしょうか?

もっとも、僕は「製造」も「サロンの展開」 も興味がないので大麻関連銘柄の「株式投資」しております(笑)
僕が持っている主な銘柄を公開しておきますねww

キャノピー・グロース (CGC)
オーロラ・カンナビス (ACB)
クロノス・グループ (CRON)
GWファーマシューティカルズ (GWPH)

ちなみに、「一生使えないかもしれない知識」かもしれませんが、 上記の社名の右側のアルファベットは「ティッカー」と言って、 日本でいうところの「株式銘柄番号」です。
日本ではトヨタ自動車(7203)や日立製作所(6501) のように、 銘柄そのものとは意味づけの関連がない番号が振られます。
アメリカのティッカーだと、例えば、アップル(AAPL) やアマゾン(AMZN) みたいにアルファベットの短縮表記なのでわかりやすいですね。

なおZOZOは、2020ではなく3092が振られてますw

大麻銘柄の話に戻りますが、そのうち「マリファナ・コーラ」 とか、「マリファナ健康飲料」がどんどん出てくるでしょうから、 投資するのはコカコーラとかDr.ペッパーとかのいわゆる「 超有名銘柄」でもいいかもしれません。純粋な大麻関連銘柄だと「 大コケ」するリスクありますけど、こうした「 普通の飲料メーカー」 が参入するケースだと本業がしっかりして入れば「紙くず」 にはならないですから。

次の「リセッション(景気後退)&米株式市場の下落( または暴落)」時に目一杯仕込んで10年保有しておけば、 マリファナ決めるよりHappyになれるんじゃないかと(笑)

ということで、マリファナ・タバコ製造のアイデア出しのはずが、 10年後にマリファナでHappy& Highになる代替的な方法のアイデア出しになってしまいました 。。。


「本コラムと、本業ビジネスとの関係」(著者・小出紘道より)

本業ビジネスでは「マーケティング&戦略コンサル」の仕事と、「高付加価値情報提供サービス」の仕事をしています。本コラムは後者の「高付加価値情報提供サービス」の初級編としての入り口となればいいな、と思ってます。世界の誰かが”既にかなり研究したり、結論を出している”にも関わらず”日本では流通していない数値情報や文字情報”がたくさんあります。それらの情報を、日本のマーケットにフィットするように編集・分析すれば「競合他社」や「競合他者」を出し抜ける可能性が高まります。法人向けのサービスとなっていますので、詳細はFace to Faceでお伝えしますね。

著者情報

小出紘道 (HIROMICHI KOIDE)

◆株式会社シタシオン ストラテジックパートナーズ
代表取締役社長
http://citation-sp.co.jp

◆株式会社シタシオンジャパン
取締役会長
http://www.citation.co.jp

◆株式会社 イー・ファルコン
取締役
http://www.e-falcon.co.jp

<いわゆる経歴>
・2000年 株式会社東京個別指導学院に新卒で入社して、11ヶ月だけ働いてみた(→早めに飽きた)
・2001年 イギリスに行って、University of Londonで経済と国際関係を学んだり、Heriot-Watt Universityで経営学(MBA)をやってみた(→めちゃくちゃ勉強した)。この間に、イギリス人の友人とロンドンで会社を作ってみた(→イマイチだった)
・2003年 シタシオンジャパン社でマーケティングをやり始めてみた(→ろくにエクセルも使えなかった)
・2007年 シタシオンジャパン社の代表取締役社長になって経営をやってみた(→やってみてよかった)
・2018年 シタシオンジャパン社の社長を仲間に託し、引き続き会長としてコミットしつつも、シタシオンストラテジックパートナーズ社を設立してみた(→今ここ)

 

著者ページへ

一緒に事業START

感想・著者への質問はこちらから