日曜日には、ネーミングを掘る #027 ブライソン・デシャンボー

プロゴルファーの松山英樹選手が好きで、
彼が米国を主戦場とする
PGAツアーに参戦してから、
以前にもまして熱心に
トーナメントを見るようになった。

近年のゴルフ界は、
「ヤングガン」と呼ばれる
20代の活躍が目立っているが、
そのなかでもいま最も
勢いのある選手の一人が、
ブライソン・デシャンボーである。

ゴルファーというより、
フランスの貴族のような
名前を持つデシャンボーであるが、
彼のゴルフは名前にも
まして変わっている。
例えば、現在開催中の
プレーオフシリーズで2連勝した後には、
こんな話をしている。

「呼吸法による
脳のトレーニングによって、
交感神経と副交感神経の
使い分けができるようになった」

まるで運動心理学や生理学を研究する
科学者のような発言であるが、
その点は彼自身も認めていて、
デビュー当時、
「僕はある意味でゴルフ科学者です。
あらゆる視点からコースと
自分のプレーを分析し
理解したいと思っている」
と語ったこともある。
ちなみに、大学での専攻は物理学である。

ゴルフを科学することによって
生まれたデシャンボー独自のやり方は、
彼のゴルフのさまざまなところに
現れているが、
なかでも最も知られているのは、
10本のアイアンの長さが
すべて37.5インチに
統一されていることだろう。
通常はボールが飛ばないとされている
超ハンドアップアドレスと
アームローテーションを
極力抑えたスイングも独創的である。

プレースタイルだけではない。
ボールの均一性を試すため、
硫酸マグネシウムを溶かした水に
浸けて浮かべるテストを
自ら行ったり(選ばれたのは、
ブリヂストンのボール)、

ホールロケーションを詳しく知るために、
コース上で測量技師のように
コンパスを使ったり(ルール違反に当たる
として禁止された)、
その常識に収まらない行動の数々で、
米国メディアから
「マッド・サイエンティスト」と
揶揄されることもある。
しかし、話題性に実力が伴ってきた今、
常識の方が疑われる番なのかも知れない。

私がデシャンボーに興味を持ったのは
こうした”偏差(変さ)”に
惹かれたこともあるが、
彼が決してロジカル一辺倒の人間では
ないというエピソードを知ったからだ。

デシャンボーのクラブには、
一本一本に名前が付けられている。

例えば、60度のウェッジは
「ザ・キング」ゴルフ界の帝王、
故アーノルドパーマーの愛称で、
彼が1960年にマスターズを
制していることから命名したそうだ。
6番アイアンに付けられた
「ジュニパ―」は、
マスターズが開催される
オーガスタ・ナショナルGCの
6番ホールの愛称。
3番アイアンには、
ギリシャ語のアルファベットで3番目、
数学でα、βに次ぐ、第3の定数である
「γ(ガンマ)」が刻まれている。

そこには、ゴルフと物理学への
愛ある遊びが溢れているのである

以前に、このブログで
ガリガリ君の話を書いた際に、
製造元である赤城乳業の人たちが
工場のマシーンに名前を付けている
というエピソードを紹介したが、
デシャンボーを1つのブランド
として見たとき、
そこには機能と情緒の、
物語をまとった調和がある。
デシャンボーは、今後間違いなく
ポストタイガー・ウッズ時代の
アイコンの一人となっていくだろう。

さて、今シーズンのPGAツアーも、
残すところ上位30人による最終戦
ツアーチャンピオンシップを残すばかり。
現在、ポイントランキング1位で、
最もチャンピオンに近い位置にいる
デシャンボーをはじめ、
今シーズンまだ未勝利の
我らが松山選手にも期待しながら、
テレビの前にかじりつくこととしよう。

感想・著者への質問はこちらから