変と不変の取説 第11回「お金に囚われているのは誰?」

「変化だ、変化だ、変化が大事だ」とみなさんおっしゃいますが、会社も商品も人生も、「変えなくてはならないもの」があるのと同様、「変わらないもの」「変えてはならないもの」もあるのです。ではその境目は一体どこにあるのか。境目研究家の安田が泉先生にあれやこれや聞いていきます。

 第11回 「お金に囚われているのは誰」

前回第10回「マストで生きないために」では、しなければならない、と思っていると自分の声に耳を傾けなくなる、という話から、考える教育について過去をさかのぼりました。

安田

前澤さんの「お年玉企画」って、話題になったんですけど。知ってます?

ゾゾの前澤さんですよね。知ってます、知ってます。

安田

100万円を100人に配って、合計1億円。メディアでの評判はかなり悪かったですけど。下品だとか。泉さんはどう思いますか?

ああいう選択もありかなと、私は思いましたけど。

安田

どういう意味で、ありなんですか?

SNSを使えば、ああいうふうにお金の循環ができて、それでみんながウィンウィンになっていく。

安田

でもネガティブなイメージを持ってた人も、たくさんいました。

何に対してネガティブなんですかね?

安田

ひとつは「金でフォロアーを買った」という行動に対して。あれでTwitterのフォロアーがすごく増えたんですよ。

10倍くらいになったんでしたっけ?

安田

50万人が600万人になったそうです。それと、金持ちがお金をばら撒いて「庶民ども拾え」みたいな態度が下品だと。

そう言われると確かに下品に感じますけど(笑)。私は基本的に「低俗なものと低俗じゃないものもが混濁してる状態」が理想だと思ってますから。

安田

どうやら前澤さんご本人は「お金を世の中からなくすこと」が目標らしいんですよね。

そうなんですか?

安田

彼曰く「お金が諸悪の根源で、お金をなくすためには大きな影響力が必要で、そのためにはまず金を稼がにゃいかん」っていう順番らしいです。

そういう観点から、手段としてああいうことをやってると?

安田

たぶん、そうなんじゃないですかね。

じゃあ、プロセスなんですね。前澤さんにとっては。

安田

世間では「金の亡者」みたいに言われてますけど。「お金にこだわりがない」からあんなことが出来るとも言えます。

なるほど。世間の評判と真逆に真理があると。

安田

あれを「いやらしい」と感じるのは、お金を特別視してる人だと思うんですよね。

そういう見方もできますね。

安田

だって、あれがお金じゃなくて餅とかだったら、何とも思わないわけじゃないですか。

ボンカレー1年分とか。

安田

そう。でも現金だと「いやらしい」と感じる。そう感じ取ってる側にバイアスがかかってる気がするんですよ。

お金至上主義だと、そうなるんでしょうね。お金に対するいろんな感情が入ってるから。

安田

やっぱ、そうですよね。

前澤さんの会社って、社員はみんな同じ給料でしたよね?

安田

はい。その通りです。

ちなみに共産主義は、「平等」という正義だけじゃなく、「金持ちに対するひがみ」もエネルギーになって生まれたんですよ。

安田

ひがみですか?

はい。ひがみのエネルギーを原動力にしちゃったので、うまくいかなかった。

安田

新しい理論ですね。

「ひがみ」は権利欲の裏返しなので、共産主義化してもヒエラルキーができて階級制ができちゃった。

安田

階級制が良くなかったということですか?

だって「言ってること」と「やってること」が違うじゃないですか。ぜんぜん平等じゃない。

安田

だから崩壊したと?

一番大きな理由は、ひがみ根性だと思います。

安田

共産主義は「やっても、やらなくても一緒だから、みんなやらなくなった」って言われてますけど。

いや、それはちょっと違うと思います。ベーシックインカムにして、市場原理をちゃんと残しておけば、みんな一生懸命やったと思います。

安田

やっぱり、競争も大事ってことですか?

競争したい人は、すればいいって話です。競争も選択肢のひとつにすぎない。

安田

競争しながら生きていく人がいてもいいし、競争が嫌いな人は競争せずに生きていってもいい。

そういう選択肢があることが大事。共産主義は、競争したい人もいるのに競争させない。

安田

ヒエラルキー内での「出世競争」は、あったんじゃないですか?

ありましたけど、それは意味がない。平等と言いながら平等じゃなかったから。

安田

じゃあ、どういう仕組みが良かったんですか?

正義感からくる理想論だけじゃなく、もっと人間の「低俗なる思い」みたいな感情を、大事にしたほうがよかったと思います。

安田

低俗なる思い。難しいですね。

楽がしたいとか。

安田

「ひがみ根性」は低俗なる思いじゃないんですか?

それは歪んだ思いですね。

安田

歪んだ思い?

貧乏でも爽やかな貧乏人もいるわけですよ。周りの人に対して、嫉妬したりひがんだりしない。

安田

共産主義は、ひがんでる人が多かったんですか?

革命を起こすエネルギーが必要だったので、「ひがみのスイッチ」をオンにしてしまった。

安田

その「ひがみ」って、金持ちに対するものでしょ?

そうです。

安田

だから革命によって、格差をなくそうとしたんですよね?

そうです。

安田

なのに、なぜまたヒエラルキーができちゃうんですか?矛盾してますけど。

劣等感をエネルギー源にしたからですよ。

安田

劣等感でやったから?

劣等感が原動力ということは、優越感がほしくてやってる。

安田

じゃあ、下にいた人が「下が悔しいから、自分が上に行ける新しいヒエラルキーをつくった」ってことですか?

そうです。ただ、それだけの話。

安田

じゃあ「みんなが平等に」っていう理想は?

それは味方を増やすためのスローガンですね。

安田

単なるスローガン?

みんなが平等っていう「理想論」は凄く耳当たりがいいし、大多数の人たちは貧乏なので味方にできる。

安田

なんと!目的は平等ではなく優越感だったと?

劣等感と優越感はコインの裏表なんですよ。だから劣等感をエネルギーにすると、必ずそうなります。

安田

ZOZOTOWNも共産主義的な発想なんですかね?

違うと思いますよ。人の健全なる低俗な思いを大事にしてるように感じますね。

安田

彼曰く「人を評価する」って行為が、そもそも無駄だと言うんです。

ほう。それは面白い。

安田

普通の経営者って、社員同士で競争させるのが好きなんですよ。

でしょうね。

安田

でも彼は「社内での競争」とか「人の評価」とかが無駄だと。その分働いたほうが生産性が上がるし、みんな早く帰れると。

評価制度をつくる大変さ、運用する大変さ、不平感や不満への対応。このエネルギーをゼロにしたら、ものすごい楽ですよ。

安田

それを実現してるみたいですね。

いいことじゃないですか。

安田

でも、どうなんですかね。評価が一定でも、人って頑張るものなんですか?

ビジョンに共感してて、一緒に働きたいという仲間がいて、普通に暮らしていける収入がある。「それだけですごく幸せ」って人が集まってるんじゃないですか。

安田

きっと、そうなんでしょうね。「競争嫌いで、人と比べられずに、好きなことをやりたい」という人にとってはいい会社。

めちゃくちゃいい会社じゃないですか。

安田

でも、競争して「ヒエラルキーのトップに行きたい」っていう人には向いてない会社。

そういう人は、競争できる会社に行けばいいんですよ。

安田

じゃあ、働き方とか生き方によって、選択肢が多いほうがいいってことですね。

自分で選べることが、いちばん大事。だから選択肢の多い社会に変わりつつある。

安田

じゃあ、お金も「すごく崇高な使い方」をする人もいれば、「すごいくだらない使い方」をする人もいていい。

それでいいんですよ。

安田

前澤さんも、お年玉を撒きたければ撒けばいい?

みんな自分がやりたいようにやったらいい。

安田

でも世の中の人って、ああだこうだ言うじゃないですか。下品だとか、気分が悪いとか。

言いたい人は、言うことが目的なんですよ。

安田

言うことが目的?

はい。

安田

でもそういう人って、増えてませんか?

昔は「ものを申す場」って公の場しかなかったので。今はインターネットという場所がありますから。

安田

昔は、ある程度「発言を許された人」しか、マスとかに向けて発信できなかったですもんね。

今は誰でもできちゃいますから。

安田

じゃあ、発信することの地位も下がっちゃった?

ほとんどの発言は趣味みたいなもんですよ。

安田

でも、ものすごく気にする人もいるみたいですよ。自分に対する書き込みとか。

他人の趣味は放っておけばいいんですよ。悪質な書き込みって「自分で自分の首を絞めてる」みたいなもんですから。

…次回へ続く…


場活師/泉一也と、境目研究家/安田佳生
変人同士の対談


| 第1回目の取説はこちら |
第1回:「変わるもの・変わらないもの」
長い間、時間をかけて構築された、感覚や価値観について問い直します。

ブルー・オーシャン戦略は、未知の新大陸を探しだす作業ではありません。
新たなブルー・オーシャンは今いるレッド・オーシャンの中に無数に存在するのです。

2件のコメントがあります

感想・著者への質問はこちらから