変と不変の取説 第42回「今ある呪縛をリセットする」

「変化だ、変化だ、変化が大事だ」とみなさんおっしゃいますが、会社も商品も人生も、「変えなくてはならないもの」があるのと同様、「変わらないもの」「変えてはならないもの」もあるのです。ではその境目は一体どこにあるのか。境目研究家の安田が泉先生にあれやこれや聞いていきます。

 第42回「今ある呪縛をリセットする」

前回、第41回は「必要悪の終焉」

安田

最近、フリーランスの人の相談によくのるんですけど。みなさん「どうやったら稼げるんですか?」って聞いてきます。

稼げなくて悩んでると。

安田

はい。「時給仕事と下請けはやめたほうがいい」ってアドバイスするんですけど。「じゃあ、どうやって稼ぐんだ?」って。

それ以外で稼いだことがないんでしょうね。だからイメージできない。

安田

はい。まさにそんな感じです。

安田さんは時給を仕事したことあるんですか?

安田

学生時代に喫茶店でバイトしたり、酒屋でビール運びやったりしました。あとは会社員を2年間やりました。

その時から自分で稼げると思ってましたか?

安田

いや、思ってなかったです。あの環境にいたら、自分でお金を稼げるイメージなんて全く湧かないですね。

そうですよね。

安田

今から考えたら不思議ですけどね。「なんで10万や15万程度、自分で稼がなかったんだろう」って。泉さんも時給仕事は経験あるんでしょ?

ありますけど。やっぱり一貫してやってないからでしょうね。一部だけ切り取ってやってるから。

安田

だから自分で稼げるようにならないと?

自分で仕事のコンセプトをつくって、人脈もつくって、自分で仕事を取って、ということをやってない。

安田

まあそうですよね。言われたことをやってるだけですからね。

一部だけしかやらない。だから時給仕事や月給仕事をやり続けても、自分で稼げる力は高まらないと思います。

安田

「自分で商品つくって、自分で集客もやったら、簡単に稼げるのに」っていうのは、今でこそわかるんですけど。喫茶店でバイトしてるときには想像すらしなかったです。

それは私も同じですよ。

安田

「月収100万円になる」みたいな目標があれば、「どうやったら100万円稼げるんだろう」って考えるんでしょうけどね。

普通の学生はそんなこと考えないですもんね。

安田

最初から「そんなの無理だ」って思ってますよね。というか無理とすら考えない。

一種の洗脳ですよね。

安田

確かに。二十歳になる頃には「どこかでバイトしてお金稼ごう」っていう感覚しかなかったです。

私もまったく同じでしたよ。自分で会社つくるまではそんな感じでした。

安田

そうですよね。

はい。地道に「給料をちょっとずつ上げていくしか方法はない」と思ってました。

安田

20万の給料が、頑張って25万とかになるイメージは湧くんですよ。でも100万とかって天文学的な数字に思える。いまの自分だったら「10億円」みたいな感覚。

分かります。感覚的に繋がってないというか。

安田

「20〜30万なんて何やっても稼げるよ」って今は言うんですけど、繋がってない人からしたらものすごく遠いんでしょうね。

繋がるべき思考が、どこかに閉じ込められてるんでしょうね。

安田

どうやったら、そこから出してあげられるんですか。「集客がどうこう」とか教えても頭に入らない。

それは入らないでしょうね。学校のテストって100点以上は点数取れないじゃないですか。

安田

はい。満点が100ですから。

その枠の中でしか思考できないんですよ。70点を80点にするのはイメージ湧くけど、120点って言われた瞬間に「そんなの無理ですやん」ってなる。

安田

不可能だと。

というか思考停止するんでしょうね。

安田

何て言ってあげたら思考が動き出すんですか?

アドバイスではなく思考のトレーニングが必要だと思います。前提を一度、全部破壊するトレーニング。

安田

前提を破壊するトレーニング?

「100点満点」というのは先生がつくった前提なので。

安田

どうやって破壊するんですか?

「なんでこのテストがあると思う?」「そもそもテストって必要なの?」「なんで子どもたちは学校に行くの?」という大前提を全部疑う。

安田

まず前提となっていることに疑問を持つと。

「それ、そもそも何やねん」ということを1回解きほぐしてからじゃないと、そういう思考って始まらないような気がするんですよ。

安田

確かにそうかもしれないです。稼げないフリーランスって、会社を辞めても根本的な思考が変わってない人が多いですから。

どんな所が?

安田

「会社員だったら、どんなに給料が安くてもゼロはない。でもフリーランスになったら0円ということもある。会社員がいかにありがたかったか」みたいな。

なるほど。「何かをやったら必ずお金がもらえるはずだ」という感覚ですね。

安田

そうなんですよ。お金に縛られすぎてるというか。

「商売とはお金のやり取りだ」って、思ってしまってるんじゃないですか。

安田

会社員の場合は完全にそうですもんね。自分の時間と給料との交換。

フリーランスで苦しんでる人たちって、ホントお金に直結することしかやらないんですよ。

安田

分かります。

たとえば私が「この前こういうことやったんやけど」って言うと「それって泉さんいくらになったん?」って。

安田

(笑)

「いや、べつにお金なかったで」って言ったら、「何のためにやってるの?」ってめちゃ聞かれるんですよ。

安田

聞かれます、聞かれます(笑)

私にとっては「何のために」っていうのは、仕事が面白くなって広がっていくためにやっているだけであって、何の質問かがよくわからないんですよね。

安田

「お金にならないのに、よくやってるね」みたいな感覚だと思いますよ。

基本的に8割ぐらいは種まきじゃないですか。8割種まきやって、最後2割刈り取りみたいな感じ。

安田

その感覚よく分かります。

みんな、全部刈り取りしようと思ってるので、おかしくなるんじゃないですか。

安田

30万の仕事って、30万の木があって、種植えて育ててる間は1円にもならないですけど、木になって実がなったらいきなり0が30万になるわけですよ。

その感覚が分からないんでしょうね。学校の勉強の弊害だと思いますけど。

安田

学校教育に繋がってますか?

そこに組み込まれてる感覚と同じ。テストの点数が上がらないことに関しては「なんでそんな本読んでんの?おまえ」みたいな。

安田

確かにそうですね。昆虫図鑑見てたら「勉強しろ」って怒られますもんね。「いや、勉強してんねんけど」みたいな。

すぐ、みんな「マネタイズ」とかって言って、そういう短期的視点でものを考えすぎるんで。

安田

ですよね。

そういう思考パターンにはまってるんですよ。

安田

多くの人にとって「お金を稼ぐ」のは、テストで点取ることの延長なんですかね。

かなり近い感覚だと思います。

安田

「これやったら何円もらえる」「これ覚えたら何点取れる」みたいな。

はい。そのルールを1回捨てない限りは、いまの呪縛から逃れられないです。


場活師/泉一也と、境目研究家/安田佳生
変人同士の対談


| 第1回目の取説はこちら |
第1回:「変わるもの・変わらないもの」
長い間、時間をかけて構築された、感覚や価値観について問い直します。

ブルー・オーシャン戦略は、未知の新大陸を探しだす作業ではありません。
新たなブルー・オーシャンは今いるレッド・オーシャンの中に無数に存在するのです。

感想・著者への質問はこちらから