【GlobalPicks/vol.075】2020-2030年に有望なビジネスアイデア15個

GlobalPicks 〜海外の情報を読み解いて、ビジネスに付加価値を投薬する方法〜
著者:小出 紘道



web digital marketing 123という、かなりマイナーな起業系サイトを取り上げて、 2020- 30年に有望そうなビジネスアイデアを紹介しています

今回の記事はこれ

https://www.webmarketing123.com/future-business-ideas/

The Top 15 Future Business Ideas For 2020-2030
2020-2030年に有望なビジネスアイデア15個

1 Marriage Counseling And Therapy
2 Marijuana Cigarette Manufacturing
3 Grow Meat In A Lab
4 Vertical Farming
5 Control The Water
6 Solar Power
7 Start A Food Truck
8 Car Sharing Business
9 Asteroid Mining
10 Car Charging Stations
11 Robotics
12 Box Subscription Services
13 Wind Energy
14 3D Printing
15 Veterinarian Businesses

先週は、7と8を見たので、9以降を見ていきますね。

9. Asteroid Mining
宇宙でのマイニング

—原文
Everyone knows that diamonds, gold, platinum, etc. are extremely valuable because they’re not easy to find and there’s a short supply.
However, when we look beyond the atmosphere there is an abundance of all of them.


ダイアモンド、金、プラチナは、 供給量も少ないのでとても貴重だということは誰でも知ってます。
でも、大気圏外(宇宙) を見渡すとそうした希少な鉱物がabundance(豊富) です。

miningといえば、 ビットコインなどのCryptoCurrency(暗号通貨/ 仮想通貨)を想起しますが、 本件のminingは元祖マイニングたる「鉱物」 マイニングです。地球では希少資源だけど、 宇宙を見渡せばたくさんあるじゃん?という話ですね。

イーロン= マスクのスペースXも、 堀江さんたちのインターステラテクノロジズも、10年後には「 輸送としてのロケット」ではなく「宇宙でマイニング」 してるかもしれませんね。

8.Car Charging Stations
車のチャージ(充電)ステーション

—原文
Manufacturers are already tinkering and testing the market with electric cars (see Tesla, Nissan, Toyota).
The vehicles are becoming more popular but there is a lack of places for people to charge the cars.
It probably goes without saying but these are stations where people can stop to charge their vehicles much like gas stations.

Tesla, Nissan, Toyotaなどの製造業者は既に電気自動車でマーケット参入を しています。
電気自動車はどんどんポピュラーになっていくけど、 車をチャージ(充電)する場所がなかなかありません。
言うまでもなく、ガソリンスタンドと同じように、 チャージステーションがそこかしこに出来ることでしょう。

チャージといえば、 電気自動車とかデジタルガジェットを想起しますが、 電気自動車のチャージステーションは、 六本木ヒルズの駐車場に行ってみるとわかるように、 ほとんど誰も使ってません(笑)
あれを見てると森ビルの担当者は「やっちまったな、、、」 という感じでしょうね。森ビルが「早すぎた」のでしょう。 それとも巨額の助成金でもGETしたのでしょうか。 とにかく完全にやらかしてますね、アレは。

「早すぎた」のか「遅すぎた」のかわかりませんが、 僕も数年前にテスラの株をそこそこ買いまして、意気揚々と「 資産化」するつもりでいたのですが今ではいい感じの「漬物」 に仕上がりつつあります(笑)

一方で去年「遅ればせながら」買い始めてして「漬物」 になりかけていたビットコインは、 昨今の世界景気減速懸念からの資金逃避先としての代替投資ポジシ ョンを再び取り戻しつつありまして、晴れて「漬物」から「資産」 に復帰しつつあります。

このように「資産」と「漬物」は、 年によってぐるぐると回り変化するのです。
なお、今年→来年は「漬物」がたくさん出来上がる「 漬物豊作の年」、というのが僕の見立てですw
「2020年産の漬物」 として後世に語り継がれるとか継がれないとか。

というわけで、気づいたらビジネスアイデアから脱線しましたが、 もう寝る時間なのでこの辺りにしておきます。。。
最近は「酢のドリンク」を飲んでから寝るようにしています。
大変よく眠れる気がしますので、 大きなプラシーボ効果があるのでしょう(^ ^)


「本コラムと、本業ビジネスとの関係」(著者・小出紘道より)

本業ビジネスでは「マーケティング&戦略コンサル」の仕事と、「高付加価値情報提供サービス」の仕事をしています。本コラムは後者の「高付加価値情報提供サービス」の初級編としての入り口となればいいな、と思ってます。世界の誰かが”既にかなり研究したり、結論を出している”にも関わらず”日本では流通していない数値情報や文字情報”がたくさんあります。それらの情報を、日本のマーケットにフィットするように編集・分析すれば「競合他社」や「競合他者」を出し抜ける可能性が高まります。法人向けのサービスとなっていますので、詳細はFace to Faceでお伝えしますね。

著者情報

小出紘道 (HIROMICHI KOIDE)

◆株式会社シタシオン ストラテジックパートナーズ
代表取締役社長
http://citation-sp.co.jp

◆株式会社シタシオンジャパン
取締役会長
http://www.citation.co.jp

◆株式会社 イー・ファルコン
取締役
http://www.e-falcon.co.jp

<いわゆる経歴>
・2000年 株式会社東京個別指導学院に新卒で入社して、11ヶ月だけ働いてみた(→早めに飽きた)
・2001年 イギリスに行って、University of Londonで経済と国際関係を学んだり、Heriot-Watt Universityで経営学(MBA)をやってみた(→めちゃくちゃ勉強した)。この間に、イギリス人の友人とロンドンで会社を作ってみた(→イマイチだった)
・2003年 シタシオンジャパン社でマーケティングをやり始めてみた(→ろくにエクセルも使えなかった)
・2007年 シタシオンジャパン社の代表取締役社長になって経営をやってみた(→やってみてよかった)
・2018年 シタシオンジャパン社の社長を仲間に託し、引き続き会長としてコミットしつつも、シタシオンストラテジックパートナーズ社を設立してみた(→今ここ)

 

著者ページへ

一緒に事業START

感想・著者への質問はこちらから