【GlobalPicks/vol.079】財務・経済系のsmall business idea

GlobalPicks 〜海外の情報を読み解いて、ビジネスに付加価値を投薬する方法〜
著者:小出 紘道



先週から、effective business ideasという「ナイジェリア人の起業家が立ち上げたblog」から、財務・経済系のsmall business ideaを紹介しています。

今回の記事はこれ

https://www.effectivebusinessideas.com/19-effective-business-ideas-finance-sector/

19 Effective Business Ideas In The Finance Sector
財務業界で効果的な19のビジネスアイデア
この記事で面白かったのが、19のビジネスアイデアに対して「ドルベースで年間想定収入」が推測されている点なのでそれも併せて紹介します。
とりあえず、19のリストは以下の通りです。
後ろに($○○)とついているのは「ドルベースでの年間想定収入」です。
1.Start an Auditing Firm( $31k – $78k) )
2.Develop and Sell Accounting and Banking Software($52k~$175k)
3.Retail Finance Related Books/E-books(varies)
4.Blog About Finance($19k~$79k)
5.Start Publishing a Finance Magazine(varies)
6.Online Finance Coaching($30k~$122k)
7.Start a Mortgage/Debt-Reduction Service($30k~$53k)
8.Finance Consulting Firm($24k~$175k)
9.Tax Consultant($39k~$79k)
10.Manage Investment Portfolios($52k~$188k)
11.Build Investment Tools(varies)
12.Budget Consultant($41k~$82k)
13.Risk Management Consultant($74k)
14.Credit Repair Business($33k~$70k)
15.Financial Planner($43k~$138k)
16.Credit and Thrift Business(varies)
17.Host Finance Talk Shows($24k~$193k)
18.Forex Trading($48k~$157k)
19.Finance Journalism($20k~$75k)

この中から、多少なりとも日本でsmall businessとしてworkしそうなものを3,4個取り上げてみたいと思います。

先週は、「6.Online Finance Coaching($30k~$122k)を」を取り上げました。今週はこれです。

12 .Budget Consultant($41k~$82k)
バジェット(予算)管理コンサルタント(410万円~820万円)

—原文
Preparing a budget for a certain project is often a big deal for many people and organizations. If you are good with fund allocation and can efficiently distribute available fund to effectively cover the required sectors of a project, becoming a budget consultant for firms/individuals is an excellent business option for you.


特定のプロジェクトのためのbudget(予算/バジェット) を準備することは、多くの人と組織にとって一大事です。 資金配分と資金の使い方を効率的に実行するのが得意であれば、 企業もしくは個人のためのバジェットコンサルタントになるのは良い方法です。

 

「プロジェクトの予算管理の達人」という感じでしょうか。当然「 ファイナンス」の記事ですから、「資金調達→資金管理」 の両面の達人が想定されていると思いきや、想定収入を見ると「資金調達」はカバーしてないのかもしれません。

「資金調達」をコンサルティングする、というのであれば、 ToB(企業向け)サービスで良いと思いますが、「資金管理= 予算管理」をコンサルティングするという意味合いでは、ToC( 個人向け)のサービス提供の方が面白みがありそうです。

「決められた予算」がある「個人」に対して、「知識・人脈・ ノウハウ」を活かして「品質または価格または納期、 またはその組み合わせ」が改善することが、 バジェットコンサルタントの「成果」となりますので、「基本給+ 成功報酬型」のマネタイズが良さそうですね。

「個人向け」のどんなプロジェクトが良さそうか?というと
・住宅の新規購入(物件・施工・ローンの選定に関与)予算5, 000万
・子供を海外の大学に入学させる(塾・入試・引越しに関与) 予算2,000万
みたいな感じで、1,000万単位の「個人プロジェクト」には、 全て「バジェットコンサルタント」が付いている、 という世界観ですね。

バジェットコンサルタントをオーガナイズする会社は、 各ジャンル毎にそのジャンルの専門家としてFP的な人を抱えてお く、ということになります。
ネットワークしておくだけで業務委託でもOKですね。

ということで、バジェットコンサルタント(バジェコン)、 バジェットマネジャー(バジェマネ) という言葉が数年後には流行ってるかもしれません。

ググってみてもいまはヒットしないので、 今の内に商標くらいチェックしておこうかなwww


「本コラムと、本業ビジネスとの関係」(著者・小出紘道より)

本業ビジネスでは「マーケティング&戦略コンサル」の仕事と、「高付加価値情報提供サービス」の仕事をしています。本コラムは後者の「高付加価値情報提供サービス」の初級編としての入り口となればいいな、と思ってます。世界の誰かが”既にかなり研究したり、結論を出している”にも関わらず”日本では流通していない数値情報や文字情報”がたくさんあります。それらの情報を、日本のマーケットにフィットするように編集・分析すれば「競合他社」や「競合他者」を出し抜ける可能性が高まります。法人向けのサービスとなっていますので、詳細はFace to Faceでお伝えしますね。

著者情報

小出紘道 (HIROMICHI KOIDE)

◆株式会社シタシオン ストラテジックパートナーズ
代表取締役社長
http://citation-sp.co.jp

◆株式会社シタシオンジャパン
取締役会長
http://www.citation.co.jp

◆株式会社 イー・ファルコン
取締役
http://www.e-falcon.co.jp

<いわゆる経歴>
・2000年 株式会社東京個別指導学院に新卒で入社して、11ヶ月だけ働いてみた(→早めに飽きた)
・2001年 イギリスに行って、University of Londonで経済と国際関係を学んだり、Heriot-Watt Universityで経営学(MBA)をやってみた(→めちゃくちゃ勉強した)。この間に、イギリス人の友人とロンドンで会社を作ってみた(→イマイチだった)
・2003年 シタシオンジャパン社でマーケティングをやり始めてみた(→ろくにエクセルも使えなかった)
・2007年 シタシオンジャパン社の代表取締役社長になって経営をやってみた(→やってみてよかった)
・2018年 シタシオンジャパン社の社長を仲間に託し、引き続き会長としてコミットしつつも、シタシオンストラテジックパートナーズ社を設立してみた(→今ここ)

 

著者ページへ

一緒に事業START

感想・著者への質問はこちらから