【GlobalPicks/vol.096】2020年版:外食産業における消費者トレンド

GlobalPicks 〜海外の情報を読み解いて、ビジネスに付加価値を投薬する方法〜
著者:小出 紘道



brand watchというサイトで見つけた「外食産業のトレンド」について紹介しています。

今回の記事はこれ
2020: Consumer Trends for the Restaurant Industry
2020年版:外食産業における消費者トレンド
https://www.brandwatch.com/blog/consumer-trends-restaurant-industry-2020/

6つのトレンドが予測されていまして、リストは下記のとおりです。
1. Politics is unavoidable
2. Staff behavior is incredibly important
3. Lone diners and shareable experiences
4. Vegan items continue to cause a stir
5. Quality, quality, quality
6. The continuing battle of online personalities

先週は、「3. Lone diners and shareable experiences」を見たので、今週は「4. Vegan items continue to cause a stir」を見ていきます。

4.Vegan items continue to cause a stir(ヴィーガン向け商品がマーケットをかき回し続ける)

We found that, especially in conversations around fast food, when vegan items were added to the menu there was a large spike in conversation on Twitter.

ファストフードについての会話の時に特に顕著ですが、 ヴィーガン用メニューが追加された時に、 その話題がTwitter上で盛り上がります。

・欧米では「ヴィーガンメニューの追加」を各レストランが随時発信している
・発信された「ヴィーガンメニュー追加のニュース」はTwitterで拡散される
・ファストフード業界では、ヴィーガン対応は特にホットトピックだ

ということらしいです。

前にも紹介した気がしますが、「植物肉で出来たハンバーガー」が徐々にマーケットで存在感を確立つありますが、これを牽引するのが「ビヨンドミート社」と「インポッシブルフーズ社」です。ビヨンドミート社は今年IPOして、IPO後は爆上がりしていましたが、その後株価が低迷しているので、小出は先日「仕込み」ました。

なお、両社の「植物肉バーガー」は、日本では見かけません。普通に「豆腐バーガー」があるからあまり需要ないのでしょうか?

でも、植物肉は「食感と味は完全に牛肉」ですから「豆腐バーガー」とは別物なんですけどね。。。

「代替肉」のビヨンド・ミート、日本進出計画を取りやめ=三井物産
https://jp.reuters.com/article/beyond-meat-japan-idJPL4N2554M3

このニュースを見ると、理由は不明ですが、一旦日本進出は「ペンディング」になっているようですね。

そして、このニュースと時を同じくして8月から、ビヨンドミート社の株価は急降下の一途で現在低迷中、なお小出はこの前買っちゃった、イマココです。


「本コラムと、本業ビジネスとの関係」(著者・小出紘道より)

本業ビジネスでは「マーケティング&戦略コンサル」の仕事と、「高付加価値情報提供サービス」の仕事をしています。本コラムは後者の「高付加価値情報提供サービス」の初級編としての入り口となればいいな、と思ってます。世界の誰かが”既にかなり研究したり、結論を出している”にも関わらず”日本では流通していない数値情報や文字情報”がたくさんあります。それらの情報を、日本のマーケットにフィットするように編集・分析すれば「競合他社」や「競合他者」を出し抜ける可能性が高まります。法人向けのサービスとなっていますので、詳細はFace to Faceでお伝えしますね。

著者情報

小出紘道 (HIROMICHI KOIDE)

◆株式会社シタシオン ストラテジックパートナーズ
代表取締役社長
http://citation-sp.co.jp

◆株式会社シタシオンジャパン
取締役会長
http://www.citation.co.jp

◆株式会社 イー・ファルコン
取締役
http://www.e-falcon.co.jp

<いわゆる経歴>
・2000年 株式会社東京個別指導学院に新卒で入社して、11ヶ月だけ働いてみた(→早めに飽きた)
・2001年 イギリスに行って、University of Londonで経済と国際関係を学んだり、Heriot-Watt Universityで経営学(MBA)をやってみた(→めちゃくちゃ勉強した)。この間に、イギリス人の友人とロンドンで会社を作ってみた(→イマイチだった)
・2003年 シタシオンジャパン社でマーケティングをやり始めてみた(→ろくにエクセルも使えなかった)
・2007年 シタシオンジャパン社の代表取締役社長になって経営をやってみた(→やってみてよかった)
・2018年 シタシオンジャパン社の社長を仲間に託し、引き続き会長としてコミットしつつも、シタシオンストラテジックパートナーズ社を設立してみた(→今ここ)

 

著者ページへ

一緒に事業START

感想・著者への質問はこちらから