小さなブルーオーシャンを追え
第47回『危険の境目は誰が決める?』

ソルナ株式会社が開発した究極の履歴書。それがネットの履歴書』これまでの履歴書や職務経歴書とは何が違うのか。なぜ究極と言えるのか。その秘密に迫ります。

小さなブルーオーシャンを追え
〜ネットの履歴書〜

第47回『危険の境目は誰が決める?』

 

安田

ちょっと前ですけど、韓国女優のハラさんが自殺したじゃないですか。

三澤

しましたね。ファンじゃないのであまり詳しくないですけど。

安田

韓国は自殺者が多いらしいです。アイドルで自殺する方もすごく多い。

三澤

韓国はネットでの叩きがかなり酷いらしいです。

安田

そうみたいですね。ネットで叩かれまくって「精神的に病んで自殺しちゃう」というパターンが多い。

三澤

日本もいい加減ひどいとは思いますけど。

安田

日本もひどいですよね。今いろんな有名人が「そこまでやっていいのか」ってツイッターで問題提起してます。

三澤

人が死んでますからね。

安田

はい。これって国民性みたいなのも影響してるんでしょうか。

三澤

韓国は日本どころじゃないみたいです。「死ね」「殺す」とか、そんなことばっかり。

安田

過激な国民性なのかもしれませんね。

三澤

大統領に対する責め方とかを見てても、そんな感じがします。

安田

確かに。過激ですよね。

三澤

ろくな終わり方をしないんですよ、韓国の大統領って。

安田

大統領の場合はネットだけじゃなく、表だってむちゃくちゃ叩かれますけど。

三澤

そうですね。

安田

どちらかというと日本のほうが「裏で叩きそう」なイメージですけど。

三澤

表は違う顔で。

安田

はい。日本はウラオモテのギャップがすごい感じ。

三澤

実際そうでしょうね。

安田

もうアイドルさんは、SNSなんて見なきゃいいのにと思います。

三澤

やっぱり見たくなっちゃうんでしょう。

安田

人気商売ですし。気になるんでしょうね。

三澤

韓国では「指殺人」と言われてまして。

安田

指殺人?

三澤

はい。新しい人の殺し方みたいな。指ひとつで人を殺せるんだっていう。

安田

確かに。悪口書いてボタン押すだけですからね。

三澤

こういう言葉が流行ると、面白おかしく「指で人を殺してやる」みたいな輩が出てくるんですよ。

安田

怖いですね。ちなみに中国はどうなんですか?

三澤

中国もあるとは思いますけど、あんまり聞かないです。

安田

へえ。意外ですね。

三澤

中国の場合は国が情報を管理してますから。あんまりひどいことをやったら捕まる。

安田

たしかにそうですね。マナーの悪い人とかも数値化されますし。

三澤

はい。中国に関しては国民の管理の仕方がまったく違う。スマホから何から、すべて管理されてますから。

安田

日本はどうなんでしょう。芸能人が「ネットの書き込みで自殺した」っていう話は聞かないですけど。

三澤

ネットが原因だと特定できていないだけです。

安田

じゃあ水面下ではたくさんあると。

三澤

ひどくなってきてる感じがします。ここ1年2年で。

安田

やっぱりひどくなってますか。

三澤

はい。武井壮さんも相当怒ってらっしゃいましたよね。

安田

怒ってましたね。ダルビッシュも怒ってました。

三澤

自分の仲間がネットで誹謗中傷されて、実際に人が死んでいくのを見て「遊びじゃないぞ」と。

安田

遊びで殺されたら、たまったもんじゃないですよ。

三澤

まさに遊び感覚で人が死んだり、人を殺したりできるっていう。

安田

恐ろしいことです。

三澤

だから、いろんな人がブレーキを踏み始めてます。もう止めようって。

安田

それで減速しますかね?

三澤

逆じゃないですか。加速していく。ブレーキをかければかけるほど踏みたがる人がいるので。

安田

それって路上喫煙みたいなもんですか?一部のマナーが悪い人がやってるだけ。

三澤

ネットの履歴書で調べると、じつは普通の人の書き込みが多いんですよ。

安田

そうなんですか。

三澤

「みんなが書いてるから、そこに乗っかろう」という心理が働くみたいです。

安田

赤信号みんなで渡れば・・・と同じですね。

三澤

はい。集団極性化というらしいです。目立った発言をする人にだんだん寄っていく現象。

安田

へえ。

三澤

どんどんエスカレートして「死ね」「死ね」となっていく。

安田

どうやったら自衛できるんでしょうか。

三澤

書くやつはなくならないので、書かれる側が強くなるしかない。

安田

法的に処罰されるみたいな動きはないんですか?

三澤

いずれ出てもおかしくないですけど。でも死刑制度があっても犯罪ってなくならないじゃないですか。

安田

まあ、なくなりはしないと思います。でも飲酒運転やあおり運転も刑罰が重くなれば減っていくじゃないですか。

三澤

減るのは減ると思います。ちゃんと法律の整備をすれば。

安田

そうですよね。

三澤

減るけどなくならない。

安田

リアルの社会では「え!そんなことでパワハラになるの!?」っていう時代ですよ。ネットの書き込みなんてパワハラとかいうレベルじゃない。

三澤

ネットに書いてることを部下に言ったら、えらいことになります。

安田

対面して言ったら訴えられて賠償になるのに、なんでネットだったらそれがOKになっちゃうんでしょう。

三澤

いや、OKではないんですよ。

安田

OKではないんですか?

三澤

はい。それこそ「死ね」とか言うのは犯罪なので。警察が動いて「死ね」と言った人を特定して捕まることもあります。

安田

捕まるんですね。よかった。

三澤

表現にもよるんですよ。「死ね」だと捕まるけど、「死ねばいいのに」だとダメだとか。

安田

リアルだったら「死ねばいいのに」でも結構なパワハラですよ。会社だったら大問題になります。

三澤

リアルの世界でも、口げんかで「死ね」とか「殺すぞ」とか言うでしょ。

安田

確かに言いますね。

三澤

でも言われただけでは警察も動いてくれない。

安田

確かに。そんなので捕まえてたらキリがないですもんね。

三澤

問題はその言葉で相手が恐怖を感じるかどうか。

安田

そこが境目になると。

三澤

はい。本当に危険だと警察が判断すれば動いてくれます。

安田

でもそんなの本人の感じ方次第ですよね。

三澤

だから手遅れになってしまうんですよ。

・・・次回へ続く・・・

\「ネットの履歴書」ネットCM公開中/ 劇画「絶句」に注目!?

ネットをみれば人物もわかる

感想・著者への質問はこちらから