小さなブルーオーシャンを追え
第5回『匿名という落とし穴』

株式会社ソルナが開発した究極の履歴書。それがネットの履歴書』これまでの履歴書や職務経歴書とは何が違うのか。なぜ究極と言えるのか。その秘密に迫ります。

小さなブルーオーシャンを追え
〜ネットの履歴書〜

第5回『匿名という落とし穴』

 

安田

くら寿司のバイトテロって、何やったんでしたっけ?

三澤

さばいた魚の切り身をゴミ箱にドスンと捨てて、そこからまた拾い上げて、何事もなかったかのように出そうとした。

安田

意味不明ですね(笑)。でもそういう人って、何目的でそういうことをするんですか?

三澤

くら寿司は、そもそも「厨房に撮影器具やスマホを持ち込んだらダメ」って規約になってるんですけど。

安田

守らなかった?

三澤

はい。しかも、撮影は別の人がやってたんですよ。

安田

じゃあ、二人組でやってたと?なんの為に?

三澤

友達どうしで「いかに認めてもらうか」みたいな目的ですね。

安田

あんなバカなことして、認められるんですか?

三澤

「あいつバカだな」と言ってもらえることで、居場所が確保できるわけです。

安田

バカなほうが、居場所ができるってことですか?

三澤

友達から注目してもらえるっていう。

安田

バカチームなんですか?

三澤

承認欲求の行きすぎた版というか。でも、それが、いまの若い子の間では普通なんだそうです。

安田

でも普通の子は、あそこまでやりませんよね?

三澤

まともな子はやらないし、ネットにあげたりしないです。

安田

たとえば今回のケースで「この子は採用したら危ない」ってことを、ネットの履歴書で見抜く事は可能だったんですか?

三澤

調べてみましたけど、やはり元々問題のある方でしたね。

安田

どんなことを、やらかしてたんですか?

三澤

卑猥な情報がいっぱいあがってたりとか。

安田

卑猥な情報ですか。

三澤

はい。他にもパウダールームで撮影したものを、ネット上にあげていたとか。

安田

それも問題画像だったんですか?

三澤

何が映ってたかが問題ではなく、要は、人が半裸状態で歩いてる場所なので。お店からも「削除してください」って注意を受けてました。

安田

なるほど。本来あげちゃいけないものを、あげる傾向が元からあったと。

三澤

そうですね。

安田

そういう傾向って、ちょっと調べればわかるんですかね?

三澤

ちょっと前に、高速道路で無理やり車を止められて、ご両親が轢かれた事件がありましたよね?

安田

はい、ありましたね。あおり運転でしたよね?

三澤

はい。あの犯人も、前々から問題行動がいっぱいあったんですよ。

安田

ああいう人も、ネットの履歴書で見抜けるってことですか?

三澤

ネットにそういう予兆みたいなものが、必ず出てくるんですよ。ロボットと人の違いって、やっぱ感情の振り幅なので。

安田

たとえば、どういうものが出てくるんですか?

三澤

すぐブチ切れる発言をするとか。

安田

ブチ切れる発言?

三澤

たとえば、マクドナルでちょっと待たされただけで「あの店員はどうこう」とか、子どもとぶつかったら、子どもを罵倒するようなことを書いてるとか。

安田

ネットでは暴力的なことを書いてるけど、実際会うと普通の、おとなしそうな、真面目そうな人って、いるじゃないですか?

三澤

大抵そんな感じですよ。いかにもって感じの人は少ないです。

安田

やっぱりそうですよね。そこを見抜かないといけないですね。

三澤

はい。

安田

ちなみに、逆もあるんですか?暴力的な人間なんだけど、ネットの中ではすごい紳士みたいな。

三澤

それは少ないですね。

安田

そうなんですか?

三澤

出会い系サイトみたいなところで、完全に偽って人物像をつくる人はいると思いますけど。

安田

なるほど。それ以外はあまりない?

三澤

ブチ切れキャラの人がおとなしく見せる、というケースはあまりないですね。

安田

どうしてなんですかね?

三澤

お酒を飲むと、人の本音って出やすいじゃないですか?

安田

出やすいですね。

三澤

ネットもそれに近いのかなって。匿名ですから、素の部分が出やすいです。

安田

なるほど。

三澤

安田さんも、いろんな人と飲んできて、突然変わる人もいたでしょ?

安田

酒癖の悪い人はいますね。

三澤

でも、その酒癖の悪い部分が、日頃しらふのときには閉じ込められてる。

安田

そういう人もいますね。飲み始めたら人格が変わってしまう、みたいな。

三澤

ネットって、ふたを開けた状態だと思うんです。

安田

フタを開けた状態?

三澤

たとえば結婚して半年ぐらいで、突然豹変する人っているじゃないですか?

安田

いきなり暴力的になったりとか?

三澤

はい。そういうのって、長期的には隠しきれないんですよ。お酒とか年月でフタが開いちゃう。

安田

なるほど。ネットはそのフタが開いた状態に近いと?

三澤

かなり近いですね。だからよりリアルな、素に近い顔が出てきます。

安田

じゃあ、結婚調査みたいなことも可能なんですか?

三澤

サービスとしてはやってないですけど、やることは可能ですね。

安田

結婚相談所とか、人を紹介するビジネスは、すごいいいですよね。

三澤

業界大手からご相談を受けていて、導入間近っていうところはあります。

安田

たとえば、人材紹介会社が「ネットの履歴調査済です」みたいな。

三澤

特にアッパー層は紹介手数料も大きくなるので。「ちゃんと調べてます」みたいなことは大事でしょうね。

安田

実際どうなんですかね?学歴とネット歴って、相関関係ありますか?

三澤

相関関係ですか?

安田

はい。だって、ちょっと頭いい人だったら、書かないでしょ?

三澤

いや、そんなことないですね。

安田

優秀な大学とか、有名企業の人とかが書いてるケースって、実際あるんですか?

三澤

それは、ぜんぜんあります。

安田

なんと!

三澤

なんせ匿名だと思っているので。

安田

そうか。なるほど。

三澤

実際は違うんですけどね。ちょっと調べれば分かりますので。

安田

でも本人は気づいてない?

三澤

はい。たとえばTwitterは匿名で、Facebookは実名でやってる人って、多いんですよ。

安田

実名か匿名かで、発信の内容がぜんぜん違う?

三澤

やっぱり出てくる情報は違いますね。Twitterのほうは結構口汚く罵ってるとか。

安田

TwitterとFacebookで、ぜんぜん別人格とか?

三澤

はい。一般的にはFacebookのほうが、知的レベルが高い人が多いとされています。

安田

でも実際は違う?

三澤

匿名かどうかだけで、書いてる人の知的レベルは関係ない。

安田

でもエリートの人って、Twitterやってるイメージ湧かないんですけど。結構匿名でやってるんですか?

三澤

やってる方も多いですし、ネットに昔からいる人たちって、元々IQが高いんですよ。

安田

じゃあ、IQの高さと人間性は関係がないと?

三澤

まったく関係ないですね。

・・・次回へ続く・・・

ネットをみれば人物もわかる

感想・著者への質問はこちらから