家が売れない。車が売れない。家電製品が売れない。
それは日本が不景気だから、だろうか。
確かに、国民の所得は、もうずっと頭打ちの状態が続いている。
買いたくても買えないのだ、という言葉が返ってきそうだ。
だが本当に、原因はそれだけなのだろうか。

そもそも家は何の為にあるのか。
もちろん、住むためである。
だが今日本では、
住む人がいなくなった空き家が増えて問題になっている。
つまり、住むための家は、もう十分に供給されているのである。

車や家電製品も同様ではないだろうか。
もう既に大量の車、大量の家電製品が供給されており、
壊れない限り買い替える必要もない。
移動の手段としての車はもう十分に足りている。
都心に住んでいれば車そのものが必要ない。
部屋を借りればエアコンはついている。
パソコンやスマホがあればテレビを買う必要もない。
つまり、必要なものは、もう十分に足りているのである。

必要だから買う。必要でなければ買わない。
簡単な理屈である。
必要なものが不足していれば売れる。
必要以上に供給すれば余る。
これもまた、簡単な算数である。
つまり、日本という国は、
お金という観点から見れば不景気であるが、
生活という観点から見ればもう十分に豊かなのである。

物質的には豊かであるが、もうこれ以上収入は増えていかない。
それが日本というマーケットの特徴なのだ。
ものを売るという発想では、
もはやビジネスが成り立たなくなっていくのである。
モノからコトへ・・・

 

『[安田佳生メールマガジン] 2016.8.17 遊びの伝道師 』より冒頭引用

メールマガジンのご案内<購読無料>

安田佳生コラムの全文は、メールマガジンを登録するとお読みいただけます。
毎週水曜日配信の安田佳生メールマガジンは、以下よりご登録ください。

メールマガジン購読登録