Warning: in_array() expects parameter 2 to be array, string given in /export/sd207/www/jp/r/e/gmoserver/2/6/sd0364826/brand-farmers.jp/blog/wordpress-4.4.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/themes/new-standard-2/part/header-banner-sns.php on line 7

    Warning: in_array() expects parameter 2 to be array, string given in /export/sd207/www/jp/r/e/gmoserver/2/6/sd0364826/brand-farmers.jp/blog/wordpress-4.4.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/themes/new-standard-2/part/header-banner-sns.php on line 11

    Warning: in_array() expects parameter 2 to be array, string given in /export/sd207/www/jp/r/e/gmoserver/2/6/sd0364826/brand-farmers.jp/blog/wordpress-4.4.1-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/themes/new-standard-2/part/header-banner-sns.php on line 15

奪えない仕事

そもそも仕事とは、何なのか。
この定義から全ては始まる。
働いて、お金を稼ぐこと。
もしも、そう定義するとしたら、働くとは何なのだろうか。
誰かの役に立つことなのか。
上司の指示に従うことなのか。
それとも、お金になる活動をすることなのか。

「働いて、お金を稼ぐ」という言葉を使う時、
多く人にとっての主語は「働く」ではなく、
「お金を稼ぐ」の方にある。
つまり、お金を稼げない「働く」には意味がなく、
お金を稼げるのであれば、
それは立派な「働く」である、ということ。
だからこそ、多くの人は雇用にこだわるのである。
特に正社員として雇用されることに。

社員として雇用されれば、給料は保証される。
すなわち、お金を稼ぐという目的は、
雇用された時点で達成されるのである。
何をもって働くと定義するのか、そんなことはどうでもいい。
働くとは、会社や上司の指示に従い、
規定の報酬を得ることなのである。

だが、考えてみてほしい。
仕事は、いつ生まれたのか、ということを。
お金という物体、いや、その概念が登場するずっと前から、
仕事は存在したはずである。
食料を探す。家を建てる。衣服を縫う。
子育てをする。物事を決める。みんなをまとめる。
太古の仕事には、お金という報酬はなかった。
支え合い、助け合うことが、仕事の原点だったのである。

得意なことで他人を助け、苦手なことで他人に助けてもらう。
持っているものと、持っていないものとを交換する。
その助け合いや交換を潤滑に行うために、お金は誕生した。
主は仕事であり、お金はその手段に過ぎなかった。
だがその順番が、いつの間にか逆転してしまったのである。

何が得意か、何が苦手か、
誰の役に立つのか、どう役に立つのか。
メインテーマが後回しにされ、お金を稼ぐことが目的になった。
今や、我慢して金を得ることが仕事だ、
と思い込んでいる人さえいる。

働くは「はたを楽にする」が語源だとも言われる。
はたの役に立つという考えが、人と人とを繋ぎ合わせ、
社会を形成してきたのである。
つまり仕事とは、
人間と人間を繋ぐためのパイプのような存在なのだ。
パイプがあることによって、人と人とは繋がっていく。

逆に考えれば人間がいる限り、集団で生活している限り、
絶対に仕事は無くならないのでる。
ロボットや人工知能によって、
人間の仕事が奪われてしまうと恐れている人たちがいる。
だが奪われていくのは、仕事ではなく雇用なのだ。
人間に給料を払うよりも、
ロボットを導入した方が安上がりで儲かる。
そう判断したら、
企業は迷いなく人間を雇用することをやめるだろう。

だが雇用などなくなっても構わないのである。
いや、それは無くなるべき時期に来ているのかもしれない。
雇用され、指示に従い、
嫌なことも苦手なことも我慢し、所定の報酬を得る。
そんなものは仕事ではない。
好きなことや得意なことで人の役に立ち、
その結果として人からも支えてもらえる。
それが本来の仕事なのだ。
本物の仕事は決して、ロボットには奪えないものなのである。

メールマガジンのご案内<購読無料>

2016年9月から安田佳生コラムの全文をこちらで掲載することになりました。
より一層、お楽しみください。

尚、メールマガジンでは、コラムと同じテーマで、
より安田の人柄がにじみ出たエッセイ「ところで話は変わりますが…」や、
ミニコラム「本日の境目」を配信しています。
毎週水曜日配信の安田佳生メールマガジンは、以下よりご登録ください。

メールマガジン購読登録

その悩み、バリューの再定義(バリュースイッチング)が解決の糸口になるかもしれません。

現在の事業、今ある商材、ターゲット、販売方法。
それらを少しズラす事によって、新たな定義をつくり出し、
まったく新しい価値、新しい顧客、新しいマーケットを生み出す手法。
それがバリュースイッチングです。

バリューの再定義を一緒に考え抜きます。