妄想力と天職

小説家をめざす人はたくさんいるが、
小説家として食べていけるのは、ほんの一握りである。
ほとんどの人は、
小説とは関係のないアルバイトで食い繋いでいたり、
本業の隙間時間で小説を書いていたりする。
実にもったいない話だ。

小説とは、妄想作品である。
現実には絶対に存在しないような不思議な人物が登場したり、
あり得ないような出来事が起こったりする。
たった30秒で終わる普通の会話を引き延ばし、
30分のドラマに仕立てあげたりもする。
道端で転けるだけのシーンや、
コンビニでおつりをもらうだけのシーンの描写に、
10ページくらい費やすことなど当たり前。

こんな妄想癖は、通常のビジネスでは何の役にも立たない。
だから彼らはそのエネルギーを小説に注ぎ込む。
彼らは妄想せずにはいられないのだ。
そして小説を書いていない時は妄想を遮断し、
本業やアルバイトを淡々とこなすのである。

現実は現実。小説は小説。
小説の中での妄想は許されるが、
ビジネスシーンに妄想を持ち込む事は許されない。
多くの人はそのように考えている。
だからこそ、小説家をめざすような人たちも、
その妄想癖を押さえながら通常業務に励んでいるのである。

だが本当にそうなのだろうか。
現実のビジネスには、妄想を持ち込んではならないのだろうか。
妄想とは、言い換えれば思考の飛躍である。
前提を無視した、現実的ではない、飛躍したアイデア。
もちろん、多くの仕事現場では、
そのようなものは必要とはされない。

そんな非現実的なアイデアは生かしようがないし、
目の前の仕事を効率よくこなす方が遥かに大切。
昨日と同じように、できれば昨日よりも手際よく、
仕事をこなしていくことが重要なのだ。
だがその結果はどうだろう。
効率を重視し過ぎたビジネスの限界が、
もう目の前まで来ているのではないのか。

今必要なのは、まさしく飛躍なのである。
これまでのビジネスの常識を超える、大きな飛躍。
だがそのようなアイデアは、ビジネスの常識や、
業界の常識に染まった脳みそからは、決して出てこない。
求められているのは、非常識な発想。
まさに妄想力なのである。

小説家としては食っていけないが、妄想では誰にも負けない。
そういう人たちは、
コンビニや建築現場でアルバイトをしている場合ではない。
今こそ、その妄想力を、ビジネスに生かすべきなのだ。
商品開発も、販売戦略も、採用も、お店づくりも、
新しいアプローチはすべて、妄想からスタートする。
無から有を生み出す妄想力は、
高値で取引されるべきスキルなのだ。

セミプロの小説家、セミプロのミュージシャン、
セミプロの漫画家。
彼らは確かに、本業で食べていくことは難しい。
だが彼らには、素人には到底及ばないスキルがある。
それを使わないのは、あまりにももったいない。
今持っているスキルを、ちょっとだけ場所をズラして、
本業ではないシーンで生かすのだ。
好きな事や、得意な事のすぐ側に、
意外な天職が待っているかもしれない。


尚、メールマガジンでは、コラムと同じテーマで、
より安田の人柄がにじみ出たエッセイ「ところで話は変わりますが…」や、
ミニコラム「本日の境目」を配信しています。
毎週水曜日配信の安田佳生メールマガジンは、以下よりご登録ください。

メールマガジン読者登録

あなたのバリューをスイッチングします。

その悩み、バリューの再定義が解決の糸口になるかもしれません。

現在の事業、今ある商材、ターゲット、販売方法。
それらを少しズラす事によって、新たな定義をつくり出し、
まったく新しい価値、新しい顧客、新しいマーケットを生み出す手法。
それがバリュースイッチングです。

バリューの再定義を一緒に考え抜きます。