コンテンツを持つ

 

医者や弁護士ですら、食えない人がいる時代。
資格に頼ることは、賢明な生き方とは言えないだろう。
無いよりは、あったほうがいい。
そう考える人たちが、安心を求めて、資格を取ろうとする。
だがそれは本当に、安心をもたらしてくれるのだろうか。

もはや多くの資格は、それを取得した人が食う手段ではなく、
資格を与える側が食うための手段になっている。
では、資格が通用しない時代に、私たちが持つべきものは何か。
それは、コンテンツである。
コンテンツとは、メディアに人を集める「ネタ」のようなもの。

たとえば、新聞における、四コマ漫画。
たとえば、経済誌における、人気のコラム。
たとえば、webにおける、人気のブログやメルマガ。
そこには、ある一定数のフォロワーがいて、
人が集まる集客装置となっている。
優良なコンテンツを提供することが出来れば、
メディアから安定した報酬が流れて来るのである。

では、優良なコンテンツは、どうやって作ればいいのか。
プロのアーティストであれば、
楽曲や、写真や、作品だけで、優良なコンテンツになる。
だがそんなコンテンツが作れるのは、
限られた一握りの人たちだけである。
では、飛び抜けた才能があるわけではない、
一般の人たちはどうすればいいのか。

アーティストでない人たちは、職人になればいいのである。
まず、とことんニッチな領域に、自分の居場所を決める。
それは、自分が好きな領域や、
興味のある領域でなくてはならない。
なぜなら、好きでなければ、続けられないからである。

好きなことや、興味のあることを、とことん深堀していく。
情報を集め、体験を重ね、自ら考える。
そこで得た気づきが、コンテンツのコアとなっていく。
そのコアに磨きをかけ、表現方法を工夫し、
コンテンツとしての価値を高めていく。
そこに必要なのは、才能ではなく、努力だ。

今、web上には、たくさんの無料ツールが並んでいる。
文章を書いて発表することも、写真や動画を投稿することも、
誰でも簡単に出来てしまう。
実際に多くの人達が、毎日様々な情報を発信している。
だが、そのほとんどは、コンテンツとしての価値を持たない。
つまり、人を集める力がない。
なぜなら、ただ単に情報を、
垂れ流してしまっているからである。

発信することは簡単だ。
だがそこに質が伴っていなければ、人は集まって来ない。
質とはすなわち、コンテンツの深さと、面白さである。
そして、コンテンツの深さと面白さは、
才能ではなく努力に比例するのである。
もし自分が凡人だと思うのであれば、
人一倍考え、工夫しなくてはならない。

面白いネタとは、どのようなものなのか。
読みやすい文章とは、どのような文章なのか。
人を惹きつける写真は、どうやって撮ればいいのか。
圧倒的に多くの人が、質を高めるための努力をしない。
それは、努力に見合う成果が、イメージ出来ないからである。
確かに、コンテンツは一日にしてならない。
だが、これほど堅実なレンガの家は、他には無いのである。


尚、メールマガジンでは、コラムと同じテーマで、
より安田の人柄がにじみ出たエッセイ「ところで話は変わりますが…」や、
ミニコラム「本日の境目」を配信しています。
毎週水曜日配信の安田佳生メールマガジンは、以下よりご登録ください。

メールマガジン読者登録

あなたのバリューをスイッチングします。

その悩み、バリューの再定義が解決の糸口になるかもしれません。

現在の事業、今ある商材、ターゲット、販売方法。
それらを少しズラす事によって、新たな定義をつくり出し、
まったく新しい価値、新しい顧客、新しいマーケットを生み出す手法。
それがバリュースイッチングです。

バリューの再定義を一緒に考え抜きます。