稼ぐか、儲けるか

稼げる、稼げない。
これは社員(雇われる人)がよく使う言葉。
儲かる、儲からない。
これは社長(経営者)がよく使う言葉。
お金を手に入れる、という同じ行為において、
なぜ違う言葉を使うのだろうか。

稼げる、稼げない。
この言葉を使う時には、
労働や時間をお金に換えるというイメージがある。
すごくキツイ仕事だったのに、あまり稼げなかった。
2時間しか働かなかったのに、結構稼げた。
という具合。

一方、儲かる、儲からない、という言葉。
こちらを使う時には、お金や、商品や、組織を動かして、
お金を増やすというイメージがある。
100万円で株を買ったら、
70万円に値下がりして儲からなかった。
3万円で仕入れた商品が10万円で売れて、
とても儲かった。
という具合。

労働の対価としてのお金と、
元手を増やした事によるお金。
そういうイメージではないだろうか。
ちなみにお金を拾った場合はどうだろうか。
あるいは遠い親戚の遺産が転がり込んだ場合。
この場合は稼いだという表現は使わない。

だが人によっては、
儲かったという言葉を使うことはありそうだ。
道端で1万円拾って、儲かった。
遺産が転がり込んで、儲かった。
という具合に。
まともな経営者なら、
そんなものは「儲け」とは言わないだろう。

だが多くの人にとって「儲かる」とは、
楽をしてお金を得る、という事でもあるのだ。
何れにしても、重要なのは意味の変化である。
使う言葉によって、その人の中での
「お金を得る方法」は変化するということ。
言葉の選択は、人生を変えてしまう。

フリーランスは会社員ではない。
だが労働者ではある。
そして同時に経営者でもある。
彼らはその報酬を、稼いでいるのだろうか。
それとも、儲けているのだろうか。
実はこの定義がとても重要なのである。

多くのフリーランス、ほとんどの会社員、
そして一部の社長でさえも、
稼ぐという選択肢しか持っていない。
だが、どうやって稼ぐのかを考えている限り、
儲けを得ることは出来ないのである。
時間や労働の対価としてお金を稼ぐのではなく、
何かを動かして、出来るだけ楽をして、
儲かる方法を考える。

それは社長のみならず、
フリーランスでも会社員でも実行可能な、
もうひとつのお金を得る方法。
稼ぐのではなく、儲ける。
たまたま儲かるのではなく、
確実に儲かる仕組みを作り上げる。
その視点を持つことこそが、
儲かる人になるための第一歩なのである。

 


尚、メールマガジンでは、コラムと同じテーマで、
より安田の人柄がにじみ出たエッセイ「ところで話は変わりますが…」や、
ミニコラム「本日の境目」を配信しています。
毎週水曜日配信の安田佳生メールマガジンは、以下よりご登録ください。

メールマガジン読者登録

ブルー・オーシャン戦略は、未知の新大陸を探しだす作業ではありません。
新たなブルー・オーシャンは今いるレッド・オーシャンの中に無数に存在するのです。

感想・著者への質問はこちらから