日曜日には、ネーミングを掘る ♯120「セットアッパーズ」

今週は。

コロナ禍、
ようやくプロ野球が開幕した。
しばらくは無観客での試合となるが
ファンにとっては待望の季節到来である。

今回のブログでは、
日本の国民的スポーツともいえる
野球に関連するネーミングについて
ご紹介したい。

クライアントは、
株式会社トーセキ(本社:東京都足立区)様。

同社では、事業の1つとして
給湯器の修理交換を行っているが、
業務を担う専門職(給湯器職人)を対象に
住宅設備業界初のプロ契約制度を
スタートさせることになった。

この制度&専門職の名称として
ご提案したのが『セットアッパーズ』である。

野球の世界でセットアッパーといえば
先発と抑えの間をつなぐ中継ぎ投手のこと。
ちなみにセットアッパーというのは
和製英語で、野球の本場・米国では
セットアップマンと呼ぶ。
ちなみのちなみにであるが、
大量得点を奪われた試合で登板する
敗戦処理投手のことは、
後始末をする清掃員という意味合いで
モップアップマンと呼ばれるそうだ。

野球に関するネーミング話はさておき、
setupには「配置」「組立」という意味がある。

給湯器の修理交換は、
給湯器をsetupするとも言えるのではないか。
そう考えたのが、
このネーミングに至った背景のひとつ。

そして、もうひとつは、
セットアッパーがかつて置かれていた立場と、
いま給湯器職人が置かれている立場が
似ているのではないかと考えたことだ。

セットアッパーは、
いまでこそ野球というゲームに
欠かせない存在になり、
年俸1億円を超えるような
プレイヤーも誕生しているが、
以前は地味な存在で、
試合のなかで便利に使われる
役回りだったように思う。

一方、給湯器の世界でも、
職人(多くは個人事業主)さんたちは、
元請会社の下請けとして、
いいように使われている現状がある。

クライアントには、
こうした現状に一石を投じ、
給湯器職人がプロフェッショナルな
職業として目標とされ、
リスペクトされる存在となれるよう
その地位を上げたいという思いがあった。

実際、今回の制度では
年収も1,000万円オーバーが
可能な設定となっている。

ネーミングに、
こんなクライアントの思いも
込めることができたらと考えたのである。

最後に、であるが、
セットアッパーズ候補募集のために
立ち上げたLP内の動画に登場する
主人公の名前は、メジャーリーグで
セットアッパーとして大活躍した
日本人投手からいただいた。

Go!Go!セットアッパーズ

https://www.9-10ki.com/lp-setuppers/

ブルー・オーシャン戦略は、未知の新大陸を探しだす作業ではありません。
新たなブルー・オーシャンは今いるレッド・オーシャンの中に無数に存在するのです。

感想・著者への質問はこちらから