これからの採用が学べる小説『HR』:連載第6回(SCENE: 011〜012)

HR  第2話『ギンガムチェックの神様』執筆:ROU KODAMA

この小説について
広告業界のHR畑(求人事業)で勤務する若き営業マン村本。自分を「やり手」と信じて疑わない彼の葛藤と成長を描く連載小説です。突然言い渡される異動辞令、その行き先「HR特別室」で彼を迎えたのは、個性的過ぎるメンバーたちだった。彼はここで一体何に気付き、何を学ぶのか……。これまでの投稿はコチラをご覧ください。

 


 SCENE:011


 

 

160センチ位か、ぶかぶかのスウェットにスキニーパンツ、汚れたVANSのスニーカー。キャップを後ろ前に被り、そこから肩まで長い黒髪が垂れている。性別不詳と言うか、一瞬女かと思うような顔立ちなのに、その視線は冷たく、妙な圧力がある。

誰だ……こいつ。

俺は頭をフル回転させる。もしこいつが客だったとしたら、一応俺はAAの社員として迎えなければならない。だが、こんな格好でオフィスを訪ねてくる客がいるだろうか。どう反応すればいいのかわからぬまま口ごもっていると、男の方が口を開いた。

「あんた誰?」

誰って……そりゃ俺のセリフだと思いながらも応えられずにいると、その小柄な男は無言で俺の横を通り抜けた。思わずその背中を追う。

男はソファでイビキをかいている宇田川部長にも特に関心を示すことなく、壁際の椅子の一つに座り、慣れた手つきでPCの電源を入れた。

……まさか、室長の言ってた「メンバー」って、あいつか?

短い間にいろいろなことが起こりすぎて、頭がついていかない。

……そうだ、俺はここから出ていくつもりだったんだ。

今更のように思い出す。そうだ、とにかくここを出て、鬼頭部長に連絡を取る。恐ろしいなどと言っている場合じゃない。研修先の準備が全く整っていないと知れば、鬼頭部長も考えを改めるに違いない。

よし。

俺は小さく深呼吸し、再び扉に向き直った。そしてドアノブに手を伸ばしたとき、扉の向こう側、つまりエレベーターホールがにわかに騒がしくなった。エレベーターを降りてきた誰かが、携帯電話で話しているらしい。甲高い女の声が外から近づいてきて、やがて派手な音を立てて扉が開いた。

「だーかーらー、忙しいって言ってんだろこのエロオヤジ!」

入ってきたのは、異様に顔の整った女だった。若くはない。40代か50代か……ひと目で高級だとわかる灰色のスーツ。タイトなスカートから伸びる足には網タイツを履き、足元は真っ赤なピンヒールだ。まるでアナウンサーのような、いや、銀座のホステスのような存在感。

「用事があるときはこっちから電話するから、それまでおとなしく待ってなさい!」

年季の入ったガラケーにそのおばさんは叫び、相手の返事を聞く間もなく携帯を畳んでしまった。

「まったく、ちょっといい顔するとこれだからなー……あれ? 何かの業者さん?」

「……あ、いや、私は今日から研修に来た者で……」

まるで芸能人のような姿に、緊張が高まる。

「研修? なにそれ」

「いや、あの、それが……」

容姿も言動も派手だが、やっと話が通じそうな相手が見つかった。俺はこれまであったことを伝えようと話しだしたのだが、質問をしておいてそのおばさんは、話し始めた俺を置き去りに部屋の奥へとさっさと入っていってしまった。やはりソファでいびきをかく宇田川室長には目もくれず、先程のキャップの男の隣の席に腰を下ろす。

「いまの電話、斉田さんでしょ」

キャップの男がPCディスプレイを見ながらおばさんに言い、おばさんが頷く。

「あ、やっぱわかった? 上場企業の社長のくせに、言うことが相変わらずケチ臭くてダメね」

……上場企業?
……の社長の、斉田?

ちょっと待て、それってもしかして、あのT物産の……?

「なんて言われたの?」

「それが、10万円払うから飲みに行こうだって」

キャップの男がぶっと吹き出す。

「いいじゃん、もらえるものはもらっとけば。高橋さんの若さも有限なんだし」

「バカ、私が客から金を取るのは仕事の時だけよ。知ってんでしょ。適当なことばっか言ってんじゃないわよ」

「へいへい。うるさいオバハンだなあ」

「なんだとこのバカ保科、いい加減にーー」

俺を完全に置き去りに話す二人を見て、怒りがわいてきた。一体どういうつもりだ。別に俺は客ではないが、研修に来たAA営業一部の社員だ。こんな舐めた扱いを受ける謂れはない。だいたい、もしあの二人ーーキャップの男が保科、派手なおばさんが高橋というらしいーーがここのメンバーだったとして、あんな社会人としての振る舞いもできない人間から何を学べというのか。

もう我慢の限界だった。俺は無言で二人に近づいた。

「あの、すいませんけど」

「……ん、何よ、ていうかあんた誰よ」

おばさんが振り返り噛み付くように言う。だから研修に来たんだって言ってるじゃねえか。ここの奴らは誰も人の話を聞いていねえのか?

「ええと、ですから、研修に来たんです」

いい加減ムカついていた俺は、とっておきの名前を出してやった。

「……鬼頭部長の命令で」

「……」

「……」

どうだ、この野郎。「HR特別室」がいったいどんな部署なのか知らないが、あの鬼頭部長の名前を出されてビビらないはずがない。何しろ鬼頭部長はAAの統括部長で、取締役だ。それにあの存在感、誰も逆らうことなどできはしない。

だが、次の瞬間、俺は耳を疑った。

「ああ、あのバカの差し金か」

きれいなおばさんーー高橋があっさりとそう言ったからだ。

 

 


 SCENE:012


 

 

「ほんっとろくなことしないな、あいつ」

「な……」

「鬼頭さんって、高橋さんの後輩なんだっけ」

キャップの男が言う。こいつは確か、保科。

「後輩だなんてやめてよ、あんな勘違いバカは後輩とも思いたくないわ」

「……」

今度は俺が黙る版だった。高橋が鬼頭部長の先輩? ……いや、だからといって現役の役員にこの物言い、頭がおかしいとしか思えない。

「あ、俺、そろそろ行くわ」

呆然と立ち尽くす俺の前で、保科が荷物をまとめ始めた。そしてどう見てもビジネス用には見えないカジュアルなリュックを背負い、イヤホンを耳に入れながら扉の方に歩いて行く。

「あ、あの、ちょっと!」

なぜ声をかけたのか自分でもわからなかった。だが、このまま蚊帳の外なのには耐えられない。こいつらは多分、俺のことを知らないのだ。俺が20人以上いる同期の中で唯一の営業一部配属だったこと(島田は多分、何かの間違いで入っただけだ)、それからずっと、高い売上を保っていること。そういうことを知らないから、こんな態度に出ている。

立ち止まった保科が振り返り、言った。

「……なに?」

なに、と言われればよくわからない。だが、このまま終わるわけにはいかない。

「俺も連れてってください」

気付いた時にはそう言っていた。そうだ。さっき宇田川所長から、メンバーにアポに連れて行ってもらえと言われたのだ。それがここで俺が聞いた唯一理解できる「指示」だった。

「は? なんで?」

隠す気もないのか、はっきり眉間にしわを寄せて保科は言った。

「宇田川さん……室長にそう指示されました」

「はあ?」

その時、背後から高橋の声がした。

「いいじゃない、連れてってやんなよ。まあ、こいつの取材が参考になるとは思えないけど」

取材?

保科はこれから取材に行くというのか。

ということはこの人は、原稿を作る制作マンなのか?

そう考えると微かな納得感があった。

制作マン。つまり。求人広告のデザインやライティングを專門で請け負う職種。

AA本社にも原稿をつくる制作チームがあった。営業部とは違うフロアにあって、やりとりをするとしても電話かメールが多かったからあまり知らないが、クリエイティブ職だからというよくわからない理由で、彼らには確かにスーツ着用の義務はない。だがいくらスーツでなくていいとは言え、その格好で行くのか? いや、それ以前に、こんな社会性のない人間に取材などできるのだろうか。

「参考にならないんじゃなくて、できないの」

保科が俺越しに高橋に言い返し、「あら、それは失礼」と返ってくる。

保科はちっと舌打ちをして、俺の方を向いた。それからふと気付いたように、言った。

「あれ……あんた、営業マン?」

「え? ……ああ、そうですけど」

「そっか、じゃあ、行くか」

保科はいきなりそう言って、にやりと笑った。

なんなんだ、さっきまでは嫌がっていたくせに。

「先方、随分と怒ってるみたいだからさ」

「……は?」

「営業って、そういうの得意なんだろ。よろしく」

 

SCENE:013につづく)

 


 

著者情報

ROU KODAMAこと児玉達郎。愛知県出身。2004年、リクルート系の広告代理店に入社し、主に求人広告の制作マンとしてキャリアをスタート。デザイナーはデザイン専門、ライターはライティング専門、という「分業制」が当たり前の広告業界の中、取材・撮影・企画・デザイン・ライティングまですべて一人で行うという特殊な環境で10数年勤務。求人広告をメインに、Webサイト、パンフレット、名刺、ロゴデザインなど幅広いクリエイティブを担当する。2017年フリーランス『Rou’s』としての活動を開始(サイト)。企業サイトデザイン、採用コンサルティング、飲食店メニューデザイン、Webエントリ執筆などに節操なく首を突っ込み、「パンチのきいた新人」(安田佳生さん談)としてBFIにも参画。以降は事業ネーミングやブランディング、オウンドメディア構築などにも積極的に関わるように。酒好き、音楽好き、極真空手茶帯。サイケデリックトランスDJ KOTONOHA、インディーズ小説家 児玉郎/ROU KODAMAとしても活動中(2016年、『輪廻の月』で横溝正史ミステリ大賞最終審査ノミネート)。

お仕事のご相談、小説に関するご質問、ただちょっと話してみたい、という方は下記「未来の小説家にお酒をおごる」よりご連絡ください(この方式はもちろん、『安田佳生の「こだわり相談ツアー」』が元ネタです)。

未来の小説家にお酒をおごる
Rou’s Web(ブログ・制作事例など)
ROU KODAMA作品 Kindleで発売中

あなたのバリューをスイッチングします。

その悩み、バリューの再定義が解決の糸口になるかもしれません。

現在の事業、今ある商材、ターゲット、販売方法。
それらを少しズラす事によって、新たな定義をつくり出し、
まったく新しい価値、新しい顧客、新しいマーケットを生み出す手法。
それがバリュースイッチングです。

バリューの再定義を一緒に考え抜きます。