変と不変の取説 第1回「変わるもの・変わらないもの」

「変化だ、変化だ、変化が大事だ」とみなさんおっしゃいますが、会社も商品も人生も、「変えなくてはならないもの」があるのと同様、「変わらないもの」「変えてはならないもの」もあるのです。ではその境目は一体どこにあるのか。境目研究家の私(安田)が泉先生にあれやこれや聞いていきます。

 第1回 「変わるもの・変わらないもの」 

安田

じつは最近、にわか易学にハマってまして。

お、そうですか。

安田

もらった本を1冊読んだだけ、なんですけど。泉さんは詳しそうですよね。

私もかじったぐらいです。易経とかは読みましたけど。

安田

易って、ひとことで言うと何だと思います?

宇宙と大自然の法則みたいなものですかね。東洋医学の元になっているものでもありますね。

安田

そうですよね。私は易って占いみたいなものだと思ってたんですよ。当たるも八卦みたいな。

諸葛亮孔明も卦を立てていたらしいです。ただ、占いというよりは、大自然の原理原則を元に「作戦を考えたり」「意思決定をしたり」していたのでしょうね。

安田

私が一番「なるほどな」と思ったのは、変わるものと変わらないものの話。

それは易の基本ですね。時間は常に変化しているけれども、朝昼夜という順番は絶対に変わらない、とか。季節も常に変化しているけど、春夏秋冬の順番は変わらない、とか。

安田

みたいですね。私は全く知りませんでした。でも言われてみれば、それって自然の摂理ですよね。「変わり続けるものの中に、絶対に変わらないものがある」という。

「変化に抗うこと」はできないけれども、経験の積み重ねによって「その流れを読むこと」はできる。それが易の教えるところです。

安田

いや〜深いですよね。ビジネスも人生も、まさに必要なのはそこだと思います。で、この対談の趣旨なんですけど。

はい。

安田

泉さんは日本のことや、日本人のことや、もっと言えば人間のことなんかにも詳しいですよね?

詳しいというか、興味があるんですよ。だから、とことん研究したくなる。

安田

そういう泉さんに、私が聞いてみたいのは「変化の取り扱い方」みたいな部分。

マニアックですね(笑)。

安田

たとえば春夏秋冬などは、受け入れるべき変化ですよね。

受け入れるしかない変化ですね。受け入れて、季節の先を読んで、しっかりと準備するべき変化。

安田

そうですよね。でも一方で「受け入れちゃいけない変化」みたいなものも、ありますよね?

受け入れちゃいけない、というか「変えてはいけない原理原則」みたいなものはありますね。

安田

その辺の境目を、泉さんと一緒にどんどん深掘りしていきたいんです。

わかりました。面白そうですね。

安田

そこでまず、泉さんの書かれているコラム「日本人の取扱説明書」について聞きたいんですけど。

はい、何でしょう。

安田

あのコラムは「日本人として、ここは変えないほうがいい」という示唆のように感じるのですが。

そうですね。ひとことで言えば「積みあがってきているものを大切にする」ということでしょうか。

安田

積みあがってきているもの?

たとえば朝昼晩とか春夏秋冬。全部積みあがってきているじゃないですか。

安田

え?季節って、積みあがっているんですか?

私はそう思います。過去の季節の上に、新たに冬がきて、春が来て、と、どんどん積みあがっていく。

安田

ということは、今年の春と去年の春は違うということですか?

違うということですね。

安田

なるほど。

積みあがってきた土台の上に今がある。だからその土台を大切にしようと言いたい。

安田

大切にしていないように見えますか?

今の我々は、積みあがっているものを「ほったらかし」にして生きているように見えます。

安田

たとえば、どういうものを「ほったらかし」にしてますか?

コラムにも書きましたけど、たとえば土壌とかですね。

安田

「どじょうの国」書いてましたね。

土壌の中には、いろんなものが埋まってるんですよ。

安田

有象無象が、いっぱい埋まってそうですね。

はい。その中から「価値のあるもの」を掘り起こすのが私の役目です。

安田

なるほど。でも日本の土壌ってかなり長い間、それこそ2000年とかかけて積みあがってますよね。

はい、そうですね。

安田

その中でも、たとえば鎌倉時代の土壌と江戸時代の土壌って、だいぶ違うと思うんですけど。

違いますね。明治と大正でも違うし、戦前戦後でもぜんぜん違います。

安田

だったらその中で、どの部分が「日本の土壌」と言えるんですか?

全部です。地層のように各時代の土壌が積み重なって、現在の土台ができているわけです。

安田

西洋的なものも途中で入ってきてますけど。

それも我々にとっては土壌の一部なんですよ。

安田

ということは、戦後に入ってきた思想や価値観も、いまでは我々の土壌だということですよね?

はい。

安田

だったら、我々現代人が「土壌を大切にしていない」とは言えないんじゃないですか?だって今の価値観を大切にしてますよね。

それは確かに土壌の一部なんですけど、すごく表面的な部分なんですよ。もう少し深いところをないがしろにしてしまっている。

安田

ないがしろにすると、どうなるんですか?

すごく非効率になると思います。

安田

非効率?

はい。土壌に十分肥料があるのに、わざわざ化学肥料を買ってきて、ぶちまけて、もともとある肥料をつぶしている。とても非効率なことをやっている。

安田

わざわざ買ってくる肥料は、例えばどんなものですか?

働く文化なんかも「西洋的働く文化」を入れてきてるじゃないですか。「会社」もそうだし。「金融経済」もそうだし。

安田

じゃあ、今の日本社会は肥料漬けですね。

はい。肥料漬けで、とても不自然ですね。

安田

不自然?

はい。我々にとって不自然に感じるものを、無理やり我慢している感じ。

安田

確かに我慢している感じはしますね。社会全体的に。

でしょ。

安田

でも資本主義や株式会社、金融とかまで否定してしまうと、成り立たなくないですか?

否定するのではなく、受け入れる時にもっと「和洋折衷」したらいいんですよ。

安田

和洋折衷ですか?

これまで積みあがってきた土壌とつなげるということです。今は和洋折衷できてないものがいっぱいある。

安田

会社とかそうなんですか?

そう思いますね。

安田

日本式になっていないと?

我々には「快か不快か」っていう感覚があるじゃないですか?

安田

はい。あります。

その感覚って、何千年前の人から積みあがってきた感覚だと思うんですよ。

安田

積みあがってきた感覚?

快・不快という動物的反応って、長い時間をかけて作り上げられたものだと思う。

安田

なるほど。

その感覚がとても大事だと思うんですよね。

安田

まあ、不快なことを我慢するのは嫌ですけど。

でも我慢しているうちに慣れてきちゃうんですよ。

安田

不快が不快ではなくなってくると?

なくなるというより、感覚が鈍くなってくる。化学調味料に違和感を覚えなくなる感じ。

安田

怖いですね。

怖いですよ。だからそうならない為にも、不快という感覚は大事なんです。

安田

不快なことは我慢してはいけないと。

はい。不快という感覚は、「ここは変えてはいけない」という警笛みたいなものだと思います。

…次回第2回へ続く…


場活師/泉一也と、境目研究家/安田佳生による
変人同士の対談

ブルー・オーシャン戦略は、未知の新大陸を探しだす作業ではありません。
新たなブルー・オーシャンは今いるレッド・オーシャンの中に無数に存在するのです。

感想・著者への質問はこちらから