自由と制約と成長のループ

たとえば、ポンと1億円を渡されて、
何か事業をやれと言われる。
どこでやってもいいし、何をやってもいい。
それは、とても自由なことに見えて、
とてつもなく大変なことなのである。

駅から遠い、古びた一軒の喫茶店を任されて、
その店を何とか繁盛させろと指示される。
それは、とてつもなく大変なことに思えるが、
実はやるべき事は明白なのである。

制約がない状態と、制約がある状態。
その二つを比較した場合、
制約がある状態の方が、はるかに取り組みは簡単なのだ。
市場を分析し、顧客を想定し、
何が足りないのかを考えればいい。

目指すべきは居心地の良い静かな喫茶店なのか、
美味しい食べ物が売りの喫茶店なのか、
昼から飲んで騒げる喫茶店なのか。
想定した顧客を引きつけるために、目指すべき姿を明確にする。
あとは、その姿に向かって、
足りないものをひとつずつ補っていけばいいのである。

何をやってもいいという状態は、
言い換えれば、手がかりが全くない状態だとも言える。
どこでやるのか、何をやるのか、
誰が顧客なのか、商品は何なのか。
それらが何も決まっていない状態。
これでは、どこから手を付ければいいのかが、
まったく分からない。

例えて言うなら、それは、
社会人デビューしたての若者のような状態だ。
彼らには、養わねばならない家族もいない。
何かをやらなくてはならない、という決まりもない。
与えられた時間は、とてつもなく多い。
何にも縛られず、何をやってもいい、自由な状態。

それほど自由であるにも関わらず、
彼らのほとんどは、どこかに就職することを選ぶ。
就職とは、何時に、どこに行って、
何をやればいいのかを、会社に決められる状態。
確かに、決めてもらった方が、楽ではある。
だがそれは、短期的な楽と引き換えに、
自らの長期的な成長を放棄することを意味している。

本来私たちは、想像しているより、ずっと自由なのである。
だがその自由に、どう対処していいのか分からない。
分からないから不安になり、既存の制約に飛びついてしまう。
だが、その不安を乗り越えない限り、
成長のループは回り出さない。
不安を受け入れ、自分自身の手で、制約を作っていくのだ。

誰を顧客にするのか、何を商品にするのか、
何をやって、何をやらないのか。
決めたことによって、物事は動き始める。
そして動き始めると、制約は課題へと変化していく。
思ったような顧客が来ない。
思ったように商品が売れない。
結果が出ないのは、何かが違うからだ。
では、何が違うのか。
それを考え、修正する。

このステージは、なかなか苦しい。
なぜなら、なかなか結果が出ないから。
だが根気強くやり続けるうちに、少しずつ結果は出始める。
そして、結果が出始めると、また新たな課題が見つかる。
それは、成長したことによって現れる、新たな課題。
解決することによって成長し、
成長することによって課題が見える。
一見不条理に見える、終わりなきマラソン。
だがそれこそが、成長のループなのである。


尚、メールマガジンでは、コラムと同じテーマで、
より安田の人柄がにじみ出たエッセイ「ところで話は変わりますが…」や、
ミニコラム「本日の境目」を配信しています。
毎週水曜日配信の安田佳生メールマガジンは、以下よりご登録ください。

メールマガジン読者登録

あなたのバリューをスイッチングします。

その悩み、バリューの再定義が解決の糸口になるかもしれません。

現在の事業、今ある商材、ターゲット、販売方法。
それらを少しズラす事によって、新たな定義をつくり出し、
まったく新しい価値、新しい顧客、新しいマーケットを生み出す手法。
それがバリュースイッチングです。

バリューの再定義を一緒に考え抜きます。